« フュージョン ベルト切れ! | トップページ | 自転車サドル交換 »

2017年1月29日 (日)

パンク??

パンク修理の依頼が2件続きました。

2件とも当店には初めてのお客様で、後輪タイヤのパンクを訴えて来店されましたが、とも20170129_01に修理は不可能な凄い状態のタイヤが付いておりました。

1台目のバイクは「LEAD110」で、確かに何か刺さってパンクはしているようでしたが、タイヤは殆どツルツルで溝が薄っすら見えているだけでした。

当然スリップ・サイン(磨耗限度表示)も消えて無くなり、古いタイヤでもありましたので、危険と判断し新品タイヤに交換させて頂きました。

スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは、法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、タイヤ・トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的に使用不可となります。(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)

20170129_022件目のバイクは「X’pro100」でしたが、こちらは更に凄い状態で、パンクと云うよりはタイヤが磨り減り過ぎて無くなってしまい、タイヤの一番奥の部分にあるコード層(カーカス)まで露出して、表と裏が貫通して空気が抜けてしまった感じでした。

こちらも当然パンク修理は無理なので新品のタイヤに交換してもらいました。

20170129_03厚みの薄く成ったタイヤは異物を貫通し易くなる為パンクする確立が上がり、実際にパンクの多発するタイヤは減ったタイヤに多いです。

パンク修理代の何回か分でタイヤ交換出来ちゃいますので、タイヤ交換を節約して先送りしても結果的に損している事の方が多いと思います。

こう言った意味でも危ないしタイヤ交換は早めにやるのが得策ですネ。

只今!タイヤ交換特価セール中です。(足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

|

« フュージョン ベルト切れ! | トップページ | 自転車サドル交換 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フュージョン ベルト切れ! | トップページ | 自転車サドル交換 »