« レッツ4ホイールベアリング破損! | トップページ | 2017 CB1100 発売 »

2017年1月26日 (木)

GYRO Canopyエンジン始動不能

半年近く乗らずに放置していたらしく、久し振りに乗ろうとしたところダメだったようです。

バッテリーなのか?セルフスタートもダメで、キックも動かないとの事でした。

3輪のデカい車両で軽トラに載せるにも大変なので、仕方なく10キロほどの道程をバイク20170126_01を押して引き取って来ました。

この方の「ジャイロ」は2005年頃から当店で診させて頂いておりますが、その後の11年でも2千キロくらいしか乗っておらず、元々が殆ど乗らずに放置の方が長いようなバイクです。

そんなバイクなので数年に一度のペースで来店され、バッテリーを幾度も交換しているバイクなので、当初は今回も単純にバッテリー上がりくらいと思っておりました。

ところが今回に限ってはバッテリーではなく、エンジンが何処かでロックしてクランキングしないようで、その結果スターターモーター自体が焼けちゃっておりました。
20170126_03_2   20170126_02
1993年式の2ストの「ジャイロ」です。

キックスターターが動かないので駆動系も隅々まで調べましたが特に異常はなく、直接クランクを手で直に回してもスムーズに回りますが、何故か?キックが固く数回振り下ろすと全く動かなくなってしまいます。
20170126_05   20170126_07
マフラーの詰まりもないようですし・・・何処でロックしているのか?
試しに点火プラグを抜いてキックをしたところ!!スムーズに動く事が判りました。

どうもエンジンのクランク室が詰まっているようなので洗浄して診たところ、エンジンロックもなくなりスムーズにクランキングするようになりました。
20170126_04   20170126_06
修理はエンジン内部の洗浄とスターターモーターの交換で完了しましたが、この機会を利用して今まで一度も交換した事のない消耗部品などを一式交換させて頂く事になりました。

エンジン回りでは点火プラグとエアフィルター類に、駆動系ではドライブベルトとウエイトローラーにスライドピース、そして前後のタイヤを交換いたしました。
20170126_08   20170126_09
新車から24年目にして初となる交換だったので、どれも劣化が酷く特にゴム部品のドライブベルトやタイヤはクラック(ヒビ割れ)だらけでした。
20170126_10   20170126_11
毎度有り難うございました。

|

« レッツ4ホイールベアリング破損! | トップページ | 2017 CB1100 発売 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レッツ4ホイールベアリング破損! | トップページ | 2017 CB1100 発売 »