« CRF250RALLY近日発売・・・ | トップページ | VTR250前タイヤ交換 »

2017年1月19日 (木)

V-MAXレリーズシリンダー交換

20170119_01年始から頼まれていた「V-MAX」の修理です。

エンジン始動は出来るもののクラッチの作動(断続)が不良のようで、ギヤを入れた途端にエンストしてしまうとの訴えでした。

今年は初日から修理の依頼が殺到しましたが、年末やり残しの修理も山積だったので、このお客様にも10日ほど入庫を待って頂き、先日バイクを引き取りに行って来ました。

当店には初めてのお客様で最近近所に越されて来たのか?「札幌ナンバー」のバイクで、1987年式の30年も前の古い「V-MAX」でした。

暫く乗らずに放置していたバイクらしく、久し振りに乗ろうとしたところダメだったようなので、当初はクラッチ板が張り付いているか、若しくは油圧ラインにエアが噛んでいる程度と考えておりました。

予想通りクラッチ・レバーの入力に全く手応えが無くフニャフニャだったので、フルード(液)の入れ替えをしながらエア抜きを行いました。
20170119_0220170119_03
ここから1時間ほど掛かり、やっとの事で入力も固くなりエアも抜けたかと思いきや!ここまで来て急にまた手応えが無くなってしまい、フニャフニャになってしまいました。
20170119_04   20170119_05
何処かで抜けてるみたいなので各部を点検して診たところ、レリーズシリンダーから液漏れしているようでした。
20170119_06   20170119_07
早速レリーズシリンダーを外して調べたところ、ピストン周りのゴム製シールの劣化が酷く、固く硬化しヒビ割れが多発しておりました。

20170119_08驚いた事にシリンダー側もアルミ地の内壁が減ってしまい段付磨耗を起こしていたので、今回はレリーズシリンダーごとコンプリートで交換する事になりました。

いつ頃から乗ってるバイクなのかは定かでは在りませんが、ブレーキ側も含めて今まで一度もフルード(液)交換をした事が無いらしいので、今回の序に前後のブレーキ・フルード(液)も交換して全ての作業を終えました。

有り難う御座いました。

|

« CRF250RALLY近日発売・・・ | トップページ | VTR250前タイヤ交換 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CRF250RALLY近日発売・・・ | トップページ | VTR250前タイヤ交換 »