« TODAYタイヤ亀裂! | トップページ | 仕事納め! »

2016年12月29日 (木)

ブレーキ液交換

皆さん大変良い心がけで、今年も最後に愛車のメンテナンスをして新年を迎えようと、常連のお客様方が次々と来店されました。

皆さん夫々エンジン・オイルの交換をご用命でしたが、その中で2年前に販売したお客様の車両に関しては、丁度ブレーキ・フルード(液)の交換時期にもなっていたので、一緒に交換させて頂く事になりました。

1台目は2年と4ヶ月前に新車で納車した「GRAND MAJESTY(400)」で、2台目が丁度2年前に新車で納車した「PCX125」です。
20161227_01   20161227_02
共に新車から初めて行うブレーキ・フルード(液)の交換だったので、ご覧の通り茶褐色に汚れておりました。
20161227_0320161227_04
MAJESTY フロント 走行1万キロ
20161227_05
20161227_06
MAJESTY リヤ
20161227_07
20161227_09
PCX125 フロント 走行1万7千キロ
20161227_08
20161227_10
PCX125 CBS

ブレーキ液は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

|

« TODAYタイヤ亀裂! | トップページ | 仕事納め! »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TODAYタイヤ亀裂! | トップページ | 仕事納め! »