« PCX125 5万キロ! | トップページ | [The Power of Dreams Theater] »

2016年12月 1日 (木)

ジャイロX 加速不良!

エンジンは辛うじて動いてますが、ノロノロと全く加速しませんでした。
20161130_01
駆動系も然る事ながら、何方かと云うとマフラーの詰まりのような・・
それ以前にエンジンから異音も出ています。

先ずは簡単なところで駆動系から調べてみました。

やはりウエイトローラーはダメで角張っちゃってましたが、ドリブンフェイスに至ってはトルクカムが磨耗して大きく広がっておりました。
20161130_0320161130_04
酷い状態でしたが主原因はこれだけでは無さそうでしたので、エンジン本体の方も調べて行きました。

マフラーの詰まりは無いようでしたが、ここでエンジンの圧縮圧力が異常に高い事が判ったので、マフラーの外れているエンジン側の排気出口を覗いてみたら、カーボンがテンコ盛りに堆積し排気ポートが半分くらい塞がっている事が判りました。
20161130_0620161130_07
加速不良の主原因はこれのようです。

その上クランク・ベアリングも逝っちゃってるようなので、今回はエンジン総バラシのオーバーホールを行う事になりました。

3輪なのでクランクケースの分割までが大変でしたが、あとは普通の原チャリと同じです。

クランクケースからシリンダーを外して、コンロッドからピストンを外しクランクケースを割りました。
20161130_11   20161130_09
問題のシリンダーと同様に、シリンダー・ヘッドやピストン周りにもカーボンが酷くこびり付いていたので、分割したクランクケースやクランクシャフトと共に時間を掛けて清掃しました。
20161130_08   20161130_10
クランクケースに圧入されてるクランク・ベアリングを新品に打ち替えて、洗浄を終えたエンジンを組み上げました。
20161130_12   20161130_13

20161130_02   20161130_05
最後に損耗していたウエイトローラーやドリブンフェイスと共に、劣化して切れ掛かっていたドライブベルトも新品に交換して、全ての修理作業を終えました。

|

« PCX125 5万キロ! | トップページ | [The Power of Dreams Theater] »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCX125 5万キロ! | トップページ | [The Power of Dreams Theater] »