« マジェスティS RECALL | トップページ | ZZR1100 フェンダーレスKIT »

2016年12月 8日 (木)

ZZR1100バルブクリアランス調整

20161208_01_2<セ○ワくん>「ZZR1100」15回目の車検でした。

今回の車検では1年前の12ヶ月点検の時にお勧めしておいた、バルブクリアランスの調整を行いました。

実は1年前の点検の時には既にシリンダーヘッドのプラグホールから少しオイルが滲み始めているのが確認されていました。
20161208_02_2
修理はヘッドカバー回りのガスケット類の交換になります。

この場合はヘッドカバーを外して行いますが、通常ヘッドカバーなど外す機会は中々ないので、このタイミングを利用してクリアランスの調整をやらせて頂きました。

あれから1年経ちオイル漏れは酷く悪化したようで、プラグホール内を覗いたところ、エンジン・オイルでビチャビチャでした。
20161208_03_2   20161208_04_2
漏れたオイルを洗浄してヘッドカバーを外し作業に掛かりました。
20161208_05_2
大体カム山の一箇所や二箇所が荒れているのも、このエンジンの宿命なのすが、<セ○ワくん>のバイクに限っては走行距離も短いからか?若干当たりのキツイところは有りましたが、然程荒れている感じでは有りませんでした。

ただし測定の結果は吸排気16ヵ所のクリアランス全てが狭く基準を逸れていました。
20161208_11
新車から16年で初めてのバルブクリアランス調整です。

このタイプのエンジンはカムシャフトを外さなくても、ロッカーアームを左右に動かしシムを交換出来るので作業は楽なのですが、それでも合計16ヵ所なので、クリアランスを測定しては基準値に納まるシムのサイズを選び出し、それを交換しては又測定を繰り返す作業に半日ほどの時間を費やしました。
20161208_06   20161208_07
バルブクリアランスの調整も終わりガスケット類も全て交換し、ヘッドカバーを組み付け、改めてエンジン圧縮を測って診たところ、全ての気筒で圧縮が上がっていました。
20161208_09_2   20161208_10
もともと全て基準値内に入っていたエンジン圧縮ですが、クリアランス調整した後では最大で3kg/cm2も上がっている気筒がありました。

この後エンジンにバキューム計を装着してキャブレターの調整を行いました。

計測器の文字盤の針を睨みながらパイロットスクリューやアイドリングスクリューを調整しつつ、各気筒間の同調をとりました。

キャブレターの同調もバッチリとれて完成です。

|

« マジェスティS RECALL | トップページ | ZZR1100 フェンダーレスKIT »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(外車・逆輸入車)」カテゴリの記事

修理(車検・点検)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マジェスティS RECALL | トップページ | ZZR1100 フェンダーレスKIT »