« アドレスV100 ホイールベアリング打替 | トップページ | 2016第3回サーキット走行会! »

2016年11月 6日 (日)

Z125PROカスタム

20161106_019月に納車した<親方様>の「Z125PRO」です。

当初の目論見通り早くもカスタムの開始です。

既に納車と同時に「フェンダーレスKIT」への換装や、「タンクパッド」に「スライダー」の装着までは済んでおりますが、今回は少し大掛かりでフロント周りをごっそりフルカスタムです。

ハンドル、ブレーキ、サスペンションと、最後にメーター、インジケーター類も増設です。
20161106_02 20161106_03_2 20161106_04
20161106_05先ず初めに「スプリングアジャスター」の取付から始めました。

これはフロントフォークにイニシャル調整機能を持たせるパーツで、アウターチューブからノーマルのトッププラグを外して交換するだけなのですが、このトッププラグはダンパーのプッシュロッドに連結されているため、一旦車体からフロントフォークごと取り外してトッププラグを緩めてからアウターチューブをボトムさせてプッシュロッドを引き出し、そこに連結されているトッププラグを外して「スプリングアジャスター」に交換という具合でした。
20161106_0620161106_07
「スプリングアジャスター」の取付を完了したフロントフォークを車体に戻し、ここでフロントホイールを付ける前に「ブレーキローター」の交換を行いました。
20161106_08
これはノーマルのソリッドタイプからフローティングタイプへ交換するもので、このあと「ブレーキキャリパー」もノーマルの片押2Pから対向4P(BREMBO)へ交換するため、ブレーキの強化に伴いローターの熱膨張による歪みを吸収するフローティングタイプへの交換となりました。
 
「ブレーキローター」の固定ボルトにはネジロック剤がたっぷり付いているので、そのボルトを緩めるのも大変ですが、メねじ側にもネジロック剤が残っているので、それもしっかり除去して念の為タップでねじ山も軽くさらって修正してから取付を行いました。
20161106_09_2   20161106_10_2
「ブレーキローター」の取付が完了したので、フロントフォークにフロントホイールを取付け、ここで先ほどの「ブレーキキャリパー」もキャリパーサポートを介して取付けました。
20161106_11   20161106_12
ところが「ブレーキキャリパー」が「ブレーキローター」に僅かですが干渉してしまう事が判り、急遽やり直しでもう一度フロントホイールを外し「ブレーキローター」も外して、ホイール20161106_13とローターの間に挟んでいるガスケットを抜いて取付けてみたら、なんとか干渉を逃がす事が出来たので、一先ずここはこれで完了といたしました。

次に「ハンドル」を交換しました。

「ハンドル」は形状の変更だけでなく、<親方様>好みのポジションに合わせ、ホルダーの所にスペーサーを咬ませ高い位置にセットしました。

そして「ブレーキマスター」の交換です。

これも先ほどの「ブレーキキャリパー」に合わせ、ラジアルタイプの「BREMBO」製「ブレーキマスター」へ交換しました。
20161106_14   20161106_15
「ブレーキマスター」から「オイルホース」を伸ばし「オイルタンク」を取付け、「タンクステー」を介して固定しました。
20161106_16_2   20161106_17
この「ブレーキマスター」はノーマルと違い、「ブレーキスイッチ」が付いてないので、これも後付けの機械式「ブレーキスイッチ」を取付けブレーキランプも灯火するようにしました。
20161106_18   20161106_19
このあと「BREMBO」のフィッティングやハンドル高さに合せ特注した、ステンレスメッシュタイプの「ブレーキホース」に交換し、ブレーキ液の注入とエア抜きを行いブレーキ周りは全て完了いたしました。

「クラッチレバー」も何時もの可倒式ピボットレバーを採用し、このあと「ハンドル」の仕上で「グリップ」と「バーエンド」を取付けました。
20161106_20_2 20161106_21 20161106_22_2
「グリップ」はスロットル側で最近のバイクの殆どに回り止めの爪が立っているので、今回もこれをリューターで念入りに削り取ってから専用ボンドで取付けました。
20161106_2420161106_25
「ミラー」にも拘って角度の調整に幅広く対応する多機能タイプを選びました。
20161106_23
木曜日(11/3)に預かった<親方様>の「Z125PRO」ですが、ここまでの作業に丸二日かかりました。

<親方様>へ納車予定の本日(最終日)メーター周りに着手して行きました。

先ずは「デジタルモニター」の取り付けです。

これはエンジン回転計に油温、外気温、電圧、時計の表示が可能な、デジタルマルチモニターです。

電源をシート下のヒューズボックスから引き出し、回転計の信号はイグニッションコイルから導き、油温センサーはエンジンオイルのドレンボルトと入替で取付け、外気温センサーはシートカウル後方に設置いたしました。
20161106_29 20161106_30 20161106_26
モニター本体はハンドルの中央にステーを介して取付け、モニターで油温、外気温の表示切替ができるように、左のハンドルスイッチ付近にステーを立ち上げ切替スイッチも取り付けました。
20161106_27   20161106_28
最後にシフトインジケーターを取付けました。

これも点火信号をイグニッションコイルから導き、インジケーターもデジタルマルチモニターと同じところに取付け、今回の「Z125PRO」カスタム第一弾を終えました。

既にカスタム第ニ弾(リヤ周り)が始まっているようです。

<親方>も近々サーキットデビュー決定のようなので、一緒に走れる日が待ち遠しいです。

毎度有り難う御座いました。

|

« アドレスV100 ホイールベアリング打替 | トップページ | 2016第3回サーキット走行会! »

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(ハンドル・シート・ステップ)」カテゴリの記事

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アドレスV100 ホイールベアリング打替 | トップページ | 2016第3回サーキット走行会! »