« FORZAリヤシート交換 | トップページ | スペイシー100 12ヶ月点検 »

2016年11月 9日 (水)

アドレスV125ブレーキディスク交換!

20161109_01「Addressv125」にお乗りの方が来店され、リヤ・タイヤの交換を頼まれました。

当店には初めてのお客様で、2009年式の「Addressv125」でした。

年式の割には走行距離は短く、ちょうど1万キロを超えたくらいでしたが、減り方からすると新車から初めてのタイヤ交換のようで、タイヤは溝が完全に無くなりツルツルになって20161109_02いました。

ついでにエンジン・オイルの交換も頼まれましたので、オイルを抜いてる間に少しバイクの周りを診て差し上げたところ、フロント・ブレーキのディスクがガリガリに減っている事が判り、ブレーキ・パッドに至っては全く無くなっている事が判りました。

フロント・タイヤも同様に新車から一度も交換した事がない20161109_03ようで、ツルツルまででは有りませんでしたが、とっくにスリップサイン(磨耗限度表示)は無くなって、新車から7年のタイヤは固く硬化しヒビ割れだらけになっていました。

追加でロント・タイヤとブレーキ・ディスクにパッドも交換する事になりました。

改めてブレーキ・キャリパーからパッドを外して診たところ、20161109_04摩擦材は完全に無くなり、それどころか台座の地金まで出ちゃってました。

お客様はこの状態を知らずに摩擦材の無くなった鉄板で長い間だブレーキしてたようで、その結果は相手のブレーキ・ディスクの方も痛めてしまい、使用限度を遥かに越えて深く磨耗し、表面はギザギザになっちゃってました。

もう少し早めにパッドを交換するようにしてたら、ブレーキ・20161109_05ディスクまで交換になる高額な修理代は掛からなかったのですが・・・・
次からは、もう少し早めに交換してくださいネ!

ブレーキ・パッドの使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

|

« FORZAリヤシート交換 | トップページ | スペイシー100 12ヶ月点検 »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FORZAリヤシート交換 | トップページ | スペイシー100 12ヶ月点検 »