« ファイター150 高効率ハイパーハロゲンバルブ | トップページ | TZR125タイヤ交換 »

2016年11月17日 (木)

ZRX1100エンジン始動不能!再び!

20161117_01これで何回目でしょうか?またエンジンが始動不能のようです。

<被害者の改さん>の’00年式「ZRX1100」で、走行5万2千キロ超えの車両です。

治しても治しても次から次へと壊れますが、今回も場所が違うだけで前回と同じハンドル周りの電線が切れてました。

前回はメイン電源が入らずIGスイッチの配線がダメでしたが、今回はメイン電源は入るもののスタータースイッチの方に流れてないようなので調べて診たところ、右のハンドルスイッチの配線が内部で短絡している事が判りました。
20161117_02   20161117_03
結果的にハンドルスイッチごと交換する事になりました。

20161117_04こう云う所が次々と壊れて行くのは古いバイクなので仕方ないのですが、特に<被害者の改さん>の場合は一般と違って、ジムカーナ(スラローム競技)的な走りを長年続けているので、劣化に拍車を掛けたんだと思います。

もう一つの原因としてはハンドルがノーマルより高い(長い)社外のものへ交換されていて、その分ハンドルスイッチの配線の長さに余裕がなく常に引っ張られていたようで、これも配線に損傷を与えた一因とも考えられたので、今回はこのハンドルもノーマルに交換して全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

|

« ファイター150 高効率ハイパーハロゲンバルブ | トップページ | TZR125タイヤ交換 »

修理(ハンドル・シート・ステップ)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファイター150 高効率ハイパーハロゲンバルブ | トップページ | TZR125タイヤ交換 »