« TZR125マスターシリンダー交換 | トップページ | ZZR1100 LEDヘッドライト »

2016年10月22日 (土)

自転車リヤ芯棒ポッキリ!

20161023_01走行中に何かの部品が飛散したようで、異音と共に後輪がロックして走行不能となったようです。

調べると後輪側の「芯棒」(アクスルシャフト)が、ボスフリー側のベアリング付近でポッキリ折れてました。

ぶっ飛んだ部品は右側のハブナットやオイルシールのようで、これらの部品が無くなっておりました。

よく見れば「ボスフリースプロケット」の損耗も激しかったので、今回はこの部品と折れた「芯棒」一式を交換する事になりました。
20161023_02   20161023_03
14-28Tの6速用「ボスフリースプロケット」と、198mmの変速機用「芯棒」を調達して作業にかかりました。
20161023_04   20161023_05
チャリンコ用特殊工具の「フリーホイールリムーバー」で、「ボスフリースプロケット」を抜いてから、ハブ周辺を綺麗に洗浄して下準備完了です。
20161023_0620161023_0720161023_08
グリスを満遍なく充填してベアリングをセットし、新品の「芯棒」をセットしました。
20161023_1020161023_1120161023_12
これはバイクで云うステムベアリングの組み付けと同じで、一番スムーズに動き且つガタが出ないところで調整します。
20161023_13   20161023_14
最後に「ボスフリースプロケット」を組付け完了の筈でしたが、「シフトワイヤー」が固着して20161023_15動かずシフトチェンジが出来ない状態でした。

たまたま「シフトワイヤー」の在庫があったので、これも新品に交換してからディレーラーやバンドブレーキの調整を行い、今回の修理を全て終えました。

|

« TZR125マスターシリンダー交換 | トップページ | ZZR1100 LEDヘッドライト »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

自転車(新車販売・修理)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TZR125マスターシリンダー交換 | トップページ | ZZR1100 LEDヘッドライト »