« Cook's Bonneville Shootout | トップページ | タイヤ劣化ひび割れ! »

2016年10月 5日 (水)

セロー250ブレーキパッド交換

20161005_01_22ヶ月ほど前にタイヤを交換した「SEROW」のお客様が、今回はエンジンオイルの交換で来店してくれました。

確か前回のタイヤ交換時にブレーキ・パッドも交換時期が近かったので、改めて調べて診たところ摩擦材が殆ど無くなっていました。

2ヶ月前のタイヤ交換から1,064キロ走っておりましたが、お客様にもあと千キロくらいが限界だと伝えてあったので、直ぐにご理解頂いたようで、追加でブレーキ・パッドも交換する事になりました。
20161005_02   20161005_03
確かにお客様には千キロで限界とは云いましたが、本当に限界まで使っちゃったようで、パッドの摩擦材は全く無くなっておりました。

ブレーキ・パッドの使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

毎度!有難う御座いました。

|

« Cook's Bonneville Shootout | トップページ | タイヤ劣化ひび割れ! »

オフロード(モトクロス・モタード)」カテゴリの記事

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cook's Bonneville Shootout | トップページ | タイヤ劣化ひび割れ! »