« スーパーカブ50プロ 改善対策 | トップページ | NC750X 初回点検 »

2016年9月17日 (土)

アドレスV125 フォークオイル漏れ!

メーターが動かないと云う事で、「AddressV125」の修理を頼まれました。

20160917_01_2当初はご自分で何とかしようと、社外の部品を取寄せ交換を試みたようですが、旨く交換出来なかったようです。

もともと適合しない物を間違って注文してしまったのか?組み付けが旨く行かずに、無理矢理にハンドルスイッチをぶった切ったりして付けたようです。

その結果は惨憺たるもので、速度計が動かないどころか、今度は燃料計も動かなくなり、挙句の果てはハンドル周りのスイッチも使えなくなって、手に負えなくなり当店に頼みに来たようです。

当店で調べたところ、メーターはケーブルのメーター側の取り付け部分で壊れていて、それでケーブルが正常に固定されずに動かなくなっていただけでした。
20160917_02_2   20160917_03
単にメーターケーブルを交換すれば治った筈の修理でしたが、お客様の診断ミスと取寄せたパチモノ部品が災いして、残念な結果になっておりました。
20160917_04   20160917_05
純正部品は全て捨ててしまったらしく、このパチモノじゃ当店でも修理は出来ないので、壊れていたメーターケーブル以外にメーター一式とハンドルカバー、それにハンドルスイッチ一式も全て純正の新品部品に交換して修理を行いました。

20160917_06この後ブレーキから異音もするという事で、序に診て欲しいと頼まれました。

診てみたところブレーキパッドの残量も有りませんでしたが、それ以前にフロントフォークからオイルがジャバジャバに漏れて、ブレーキやタイヤが油塗れになっておりました。

当然このままじゃ危ないので、フロントフォークの修理とブレーキパッドの交換に、この際ブレーキ液も一緒に交換させて頂く事となりました。

このバイクのフロントフォークは、フォークのトップボルトを外さないとフォークが抜けないのですが、外装が邪魔してトップボルトを緩めるスペースが無く外すのに何時も苦労します。

なんとか今回もトップボルトを外してフォークを抜取り分解してオーバーホールを行いました。
20160917_07 20160917_08 20160917_09
古いオイルを抜いてから油塗れの部品を全て洗浄して、それから新しいシール類に交換しオイルを注入して終わりです。

ブレーキの方も酷い状態で油でベタベタでした。

パッドの交換より部品の洗浄に時間を費やしましたが、こちらも新しいパッドに交換して終了です。
20160917_10   20160917_11
最後にブレーキ液を交換しましたが、こちらは恐らく新車から一度もやってなかったようで、物凄く汚れて真っ黒でした。
20160917_1220160917_13_2
ブレーキ液も新品に交換して、全ての作業を終えました。

|

« スーパーカブ50プロ 改善対策 | トップページ | NC750X 初回点検 »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181287/67630133

この記事へのトラックバック一覧です: アドレスV125 フォークオイル漏れ!:

« スーパーカブ50プロ 改善対策 | トップページ | NC750X 初回点検 »