« リード125納車 | トップページ | 2016 NC750X 入荷! »

2016年9月 2日 (金)

シグナス ブレーキパッド交換

20160902_01CYGNUS」のオイル交換を頼まれました。

当店からは少し離れた所にお住まいの方で、始めてのお客様でした。

せっかく遠くからお越し頂いたので、オイル交換を行いながら軽くバイクの周りを診て差し上げたところ、ブレーキ・パッドの摩擦材が異常に減っている事が判りました。

20160902_02お勧めしてブレーキ・パッドも交換する事になりましたが、この状態で暫く乗り続けていたようで、パッドは台座の地金まで削れている状態でした。

また、長くパッドの地金でブレーキしていたため、ディスク板の方もガリガリになっちゃっておりました。

ブレーキ・パッドは新品に交換しましたが、このままでは多少は異音も残るでしょうし効きも良くないと思います。

パッドの減り方も早いと思いますので、早目にディスク板の方も交換するようお勧めいたします。

ブレーキ・パッドの使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

|

« リード125納車 | トップページ | 2016 NC750X 入荷! »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リード125納車 | トップページ | 2016 NC750X 入荷! »