« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

VTR250ブレーキパッド交換

去年の2月頃から来るようになった方で、その後も頻繁にお越し頂いている「VTR250」のお客様です。
20160930_01
先日もオイル交換で来店頂きましたが、今回はその時にお勧めしておいた、後輪側ブレーキパッドの交換でお越し頂きました。

後輪側のブレーキパッドは、去年の7月にも交換しておりますが、それから1年と2ヶ月くらいで7千キロ近く走り、パッドの摩擦材が無くなってしまいました。

20160930_02少しパッドの減りが早いようですが、走行距離も3万キロを超え、ディスクローターも荒れているようなので仕方ないのかな?

何れにしてもパッドの摩擦材が無くなり、その台座の地金でブレーキし続けちゃうとディスクローターはガリガリに荒れちゃいます。

そうすると異音が出たり効きも悪くなり、パッドの減りも早くなります。

20160930_03ブレーキ・パッドの使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

毎度!有難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月29日 (木)

ガエルネ GP-1

<マル2さん>から頼まれていたブーツが入荷してきました。

20160929_01<マル2さん>は先月末に「日光サーキット」で行われた耐久レースに参戦しましたが、その時に履いていたブーツのソールが、また剥がれてしまいました。

2年前にも1度剥がれて修理をしてますが、このブーツ「DIADORA」もその前の「STYLMARTIN」から履き替えて、早や5年以上経過して損耗も激しくなってきた事から、今回は修理はせずに新しくブーツを買い替える事となりました。

あれから約1ヶ月の間<マル2さん>には、ブーツを店頭20160929_02展示している量販店などへ出向いてもらい、ブーツ選びに走り回って頂きました。

サイズ合わせも兼ねて試着してみた結果、やはり一番良かったのは、あの「GAERNE」だったようです。

一番の決め手は履き心地だったようで、この手のブーツの殆どは海外製なのですが、唯一「GAERNE」だけは、甲高・幅広と言われる日本人の足に合わせ、専用木型を使用して作られているので、フィット感に関しては他と比較になら20160929_03なかったようです。

グレードも「GAERNE」最上級モデルの「GP-1」を選びました。

レーシング(ライディング)・ブーツを履く最大の目的は、万が一の時に足を保護する事ですが、プロテクション性能だけ高くても操作性が犠牲になってしまったら困ります。

そんな矛盾を究極のかたちでバランスしたのが「GP-1」で、操作性とプロテクション性能を両立した、高剛性かつ柔軟でありながら非常に軽いブーツでした。

http://www.japex.net/gaerne/gp1.html

毎度!毎度!有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月28日 (水)

カゼ50 マフラー交換!

2ヶ月ほど前に納車した「X'pro風50」のお客様から、マフラーの交換を頼まれました。

受注生産品のため入荷に10日ほど掛かりましたが、選んで頂いたオールステンレス製「ハイパフォーマンスマフラー」は、見た目だけでなく軽量でサウンドもバッチリでした。
20160928_01   20160928_02
たかが原チャリ・スクーターですが、こんだけカッコイイと所有満足感も増しますし、毎日の通勤も楽しくなります。

ご依頼いただいたオーナー様も大変満足されたようで、喜んでお帰りになりました。

ありがとうございました。


20151226_02この「X'pro風50」は当店でも何十台と販売していますが非常に丈夫なバイクです。

既に5~6万キロ以上走行している車両も珍しくないのですが、今まで整備不良以外で故障した車両は皆無でトラブル知らずのタフなバイクです。

「X'Pro風50」は、エンジンに高性能4サイクル・セラミックコート・エンジンを採用し、速度リミッターなしで、スピードメーターは90キロまで表示されてます。

20151226_03以前テストコースで試乗した事がありますが、一般的な国内モデルの原付スクーターが50キロそこそこしか出ないのに対して、この「X'Pro風50」は70キロ以上も出たのが凄く印象に残っていて、時間を掛ければもう少し最高速度は伸びるんじぁないかと思ったくらいです。(あくまで公道での法廷速度は30キロですので、交通ルールは守りましょう!)

20151226_04外観も、その走りを伺わせるリヤ・ウイング付きのスポーツタイプで、見た目にもカッコいい仕様となってます。

この他、国産メーカーにはないSYM独自のユニークな装備も満載で、ガソリン・スタンドでシートに座ったままでも手を汚すことなく給油が可能な、ワンタッチ・オープン式給油口をテールカウル上部へ設置し、メインキーを左に回すとガソリン・タンク・キャップが自動開蓋します。

20151226_05また、ハンドル左側のスイッチを押すだけでシートを自動で開けられる、ワンタッチ・シート・オープナーやシート内部にはスイッチをオンにすると点火がカットされ、盗難やイタズラを抑止する盗難抑止点火カットスイッチが採用されています。
もちろん盗難抑止シャッター・キーもついてます。

国産メーカーではオプション設定のサイド・スタンドも標準装備で、上級車モデルでは当たりまえのフロントインナーボックスにハンドル左下には小物入れまで装備。
シート下のメットインスペースは25Lもの大容量です。

これだけの豪華装備が満載で価格も安い!
売れてる最大の理由は、このコストパフォーマンス高さですかネ!?

SYM《 X'Pro50風 》
「走行距離無制限2年保証付き、迅速なパーツ供給で安心です。」

●標準色(ホワイト、ブラック、レッド、シルバー)
通常価格:¥139,000
→¥119,000
(別途、登録料・整備料・保険料・消費税などの諸費用が掛かります。)

期間・台数限定!急げ!早い者勝ち!

SYM製品のご用命は、取扱ディーラーの当店「ファンホールズ」で!
ご注文お待ち申し上げます。

詳しい商品情報は→こちら「X'Pro50風

Autumn_2
 ★ウォータムセール開催中!

| | コメント (0)

2016年9月27日 (火)

シグナスX 高効率ハイパーハロゲンバルブ

ヘッドライトの球切れで、「CYGNUS X」にお乗りのお客様が来店されました。

20160927_01どうせ交換になるのなら、もう少し白っぽく光るようにならないか相談がありました。

そこで価格も安価に抑えたいと云う事から、今回も「高効率ハイパーハロゲン」への交換を提案してみました。

こう云うリクエストの時に何時もお勧めしているハイワッテージのもので、特殊ハロゲンガスの超高圧封入と高効率フィラメントの採用により、消費電力は60/55Wのままで、極限の100/90Wまで明るさを高めた、信頼できる日20160927_02本製です。

明るさも然ることながら、見た目もカッコよくしたいとの当初の希望通り、バルブカラーは蒼白く輝くホワイトブルーを選んで頂きました。

このバルブカラーは路面をスッキリとした見やすい白色光で照らし、透明感バツグンの冷たい蒼白色が視認性とドレスアップを兼ね備えてます。

20160927_03JIS基準の白色度範囲なので車検のあるバイクにも対応で、HIDの設定がなかったり、安価でライトを明るくしたい方にお勧めのヘッドライトチューンです。

今回のハイパーハロゲンバルブは、「CYGNUS X」以外にも多くの機種に対応しますので、気になった方はご相談ください。

ヘッドライト球の交換も終わったので、5月のオイル交換の20160927_04時にもご案内していた通り、ついでに今回は点火プラグとエアフィルターの交換もさせて頂きました。

当店で新車でおろして2年7ヶ月、走行距離は1万3千キロ近く乗っているので、プラグも減ってエアフィルターも真っ黒になっていました。

ミッションオイルやブレーキ液などの油脂類も交換時期となっておりますので、次回の来店時には交換をお勧めします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

ZZR1100ハザードスイッチ取付

20160925_01高輪の<お蕎麦屋さん>から今度は左のハンドルスイッチをハザード付のものへ交換して欲しいと頼まれました。

恐らく同じ「ZZR1100」の北米仕様か何かのものと思いますが、中古のハザード付ハンドルスイッチを持ち込まれました。

一週間前にも色々やった「ZZR1100」ですが、このバイクはスイッチの配線がタンク下で接続されているので、また今回20160925_02も同じように大きなタンクを外す事になりました。

この「ZZR1100」には標準でハザードが付いてないので、昔はこんな事を良くやりました。

Dタイプの場合は加工無しでスイッチを交換するだけなのですが、ちょっと今回はそんな簡単には行きませんでした。

20160925_03_2持ち込まれた中古のハンドルスイッチですが、ホーンのボタンが根元で割れて欠損しておりました。

なので元々付いていたハンドルスイッチから、そのボタンだけを移植して付け替える事になりました。

ところがボタンだけ簡単に取り外しができる事を願って、スイッチボックスを開けて診たところ、ボタンスイッチごと根元の奥の方でハンダで止っていました。
20160925_04  20160925_05
20160925_06  20160925_07
通常こう云う場合は手間暇かけて修理をするよりも、後々の事も考えてスイッチボックスのアッセンブリー交換をお勧めしますが、今回はお得意様からの依頼だったので、何とかハンダを溶かしてボタンスイッチの付け替えを行いました。
20160925_08
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月24日 (土)

ズーマーX 改善対策

今日も雨でした。

20160924_01先月も後半からずっと雨でしたが、今月もこの2週間ずっと雨です。

お蔭で忙しかった修理も殆ど捌けてきましたが、これだけ毎日降ると、流石にバイク屋も死にます。

辛うじて今日は雨で先延ばしになっていたお客さんが、小振りのうちに何人か来てくれましたので、仕事に有り付く事ができました。

20160924_03小雨の降る中、律儀に来店頂いたのが「ZOOMER-X」のお客様で、「 燃料ポンプユニット 」の交換でお越し頂きました。

これは1週間ほど前にも行った「SuperCUB50PRO」と同じ<改善対策>で、「リコール」のように保安基準に不適合な状態ではありませんが、安全上または公害防止上も放置できなくなる恐れがあると云うものです。

内容は「燃料ポンプ内の樹脂製インレットカバーの材質が不適切なため、製造時に使用した試験油に長時間浸漬されるとインレットカバーが膨張し、インペラと干渉することがあり、そのため干渉部の抵抗が大きくなり、干渉部から生じた磨耗粉がインレットカバーとインペラ間に噛み込むと、最悪の場合は燃料ポンプが停止してエンストし再始動できなくなる恐れがある。」らしいです。
20160924_02_3   20160924_04_2
この「ZOOMER-X」は2年ほど前に当店で販売したものですが、なんと!今回で3回目の「市場措置」でした。

作業は1時間くらいで完了し、バイクをお返しする事ができました。

この度もご迷惑をお掛け致しました。

また宜しくお願いいたします。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月23日 (金)

Honda Moto 2017

ホンダが2017年に発売を予定している大型モデルのグローバルコミュニケーションサイト「Honda Moto 2017」を開設しました。

「Honda Moto 2017」

「Total Control」

| | コメント (0)

2016年9月22日 (木)

リード100エンジン始動不能!

エンジンが掛からないので診て欲しいと、「LEAD100」の修理が入りました。

20160922_01当店には始めてのお客様かと思ったら、直ぐ近所にお住まいの方で、7年も前ですが1度お越し頂いた事の有る方でした。

その7年間でも3千キロくらいしか走ってないようでしたが、この半年間では全くバイクに乗らずに放置していたようで、ついにエンジン始動不能となったらしいです。

先ずはバッテリーが完全に死んでいたので、新品に交換して始動を試みましたが、掛かる兆候がありませんでした。

20160922_02次に点火プラグを診てみたところ、べっとり濡れて火が飛んでないようなので、こちらも新品に交換したところエンジン始動しましたが、今度はアイドリングが打ちませんでした。

やはりスロージェット(キャブレター)は詰まっていそうなので、キャブレターの分解清掃は必要のようでしたが、一旦その前にキャブレター底のドレンを開けて、古いガソリンや底に長年堆積してきたようなゴミ(沈殿物)を抜いて診る事にしました。

20160922_03抜いたところ少量のゴミ粒と水が出て来ましたので、若しかしたら、これで行けるかも?と願いを込めて、もう一度エンジン始動を試みたところ、今度はアイドリングもちゃんと打つようになりました。

エンジンは無事に掛かるようになりましたが、ちょっと見たところフロント・タイヤがツルツルでしたので、こいつも追加で交換させて頂き、満期の近づいていた自賠責保険にも加入して完了といたしました。

有り難う御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

モトクロッサー洗車&整備

今日も雨でした。

普通は天気の良い日にする洗車でしょうが、今日も雨で、あまりにも暇だったので、朝からモトクロッサーの洗車と整備を行いました。

何時も走り終わりにモトクロス場で洗車して来るのですが、細かい汚れまでは落しきれないので、こうして定期的に整備を兼ねて洗車しています。

20160921_01先月の走行会では、途中「CRF250X」のセルが回らなくなったり、転倒してブレーキレバーを折ったりと、たった2回しか行ってないモトクロスでしたが、1回の走りがハードなので今回も修理を要する箇所が幾つかありました。

「CRF250X」のブレーキレバーは、転倒しても折れ難い社外の可倒式レバーに換装してあったにも関わらず、あの深く長いフープスでぶっ飛び折れてしまいました。

応急で「KX85-Ⅱ」のものを流用しておりましたが、一先ず今回もノーマルレバーよか良いだろうと、同じ可倒式レバーに換装しました。

セルの方は今回もゼッケンプレートの内側で配線が切れていました。

今回で同じところが2回目だったので、次は切れないように配線を少し延長して余裕を持たせ結線いたしました。

この後「KX85-Ⅱ」の2台もメンテナンスして、暇な一日を過ごしました。

| | コメント (0)

2016年9月20日 (火)

ムルティストラーダ12ヶ月点検

早いもので<親方様>の「Multistrada1200S」も、去年新車でおろしてから1年が経ちまし20160920_01たので、この度1年目の12ヶ月点検を行いました。

本当は1週間前にやる予定でいましたが、先週は急遽「Z125PRO」の納車になったので、1週間先送りして昨日(9/18)の入庫となりました。

悪天候にも関わらず<親方様>にも予定通り来店頂き、お蔭さまで仕事がずれ込まずに助かりました。

納車して半年の時点で走行距離も3百キロ程度でしたが、20160920_03今回は先月の「北海道ツーリング」で2千キロくらい走って来たようで、トータル距離は2千4百キロくらいになっておりました。

「北海道ツーリング」の前にもやりましたが、今回もオイル交換を行い、そして今回は新車から初のオイルフィルターの交換も行いました。

オイルフィルターは事前に準備しておいたカートリッジタイプで、特別な事は無く一般国産車同様に交換して作業を終えました。

20160920_02<親方様>にとって今回の「北海道ツーリング」が、この「Multistrada1200S」の初飛行のようなものでした。

その「北海道ツーリング」では、ついついスピード感がマヒして速度を出し過ぎてしまうほどの高速性能と、雨天やダートでも安心して身を任せられる走破性に驚かされ、多岐多様の最先端技術に目から鱗で大変満足されたようです。

いいバイク買って良かったですネ!

「Z125PRO」でもツーリングに行きましょう!

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

NC750X 初回点検

秋の長雨で暇になって来ましたが、予約を頂いてるお客様も雨が降るとキャンセルになっちゃうので、天気の良い日にばかり仕事が集中して、それはそれなりに忙しかったりしま20160918_01_2す。

それでも今日は予約を頂いていた<M尾くん>と<親方様>が、悪天候にも関わらず予定通りに来店して頂いたので、仕事がずれ込まずに済み大変助かりました。

2週間前に納車したばかりの<M尾くん>の「NC750X」は、納車に間に合わなかった残りのパーツの取付と、初回の1ヶ月点検でお越し頂きました。

当初の予定より1週間早く入荷したパーツは、ロングツーリングにも対応するサイドケースやトップケースです。
20160918_02   20160918_03
今回<M尾くん>に選んで頂いたのは「GIVI」製のフルキットで、ケースを装着するためのキャリアやサポートの取り付けを行い、ケースは収容も増やしたいけど横幅が広がるのも嫌なので、左右サイドとトップの夫々に22Lのものを選んで頂き装着いたしました。
20160918_04   20160918_05
まだ納車してから15日で1ヶ月点検には少し早かったのですが、来週に予定をしているロングツーリングに合わせて、<M尾くん>は日々少しずつ慣らし運転に勤め距離を稼ぎ、既に6百キロ以上も走っておりました。

20160918_06きっちり初回点検とオイル交換も済ませ、ロングツーリングに旅立ちたいとのご要望でしたので、パーツの取り付け後エンジンオイルの交換と1ヶ月点検を実施しました。

もう何回かのツーリングに出かけているらしく、さっそくお土産も頂いちゃいました。

来週のツーリングは楽しんで来てください。
毎度いろいろ有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月17日 (土)

アドレスV125 フォークオイル漏れ!

メーターが動かないと云う事で、「AddressV125」の修理を頼まれました。

20160917_01_2当初はご自分で何とかしようと、社外の部品を取寄せ交換を試みたようですが、旨く交換出来なかったようです。

もともと適合しない物を間違って注文してしまったのか?組み付けが旨く行かずに、無理矢理にハンドルスイッチをぶった切ったりして付けたようです。

その結果は惨憺たるもので、速度計が動かないどころか、今度は燃料計も動かなくなり、挙句の果てはハンドル周りのスイッチも使えなくなって、手に負えなくなり当店に頼みに来たようです。

当店で調べたところ、メーターはケーブルのメーター側の取り付け部分で壊れていて、それでケーブルが正常に固定されずに動かなくなっていただけでした。
20160917_02_2   20160917_03
単にメーターケーブルを交換すれば治った筈の修理でしたが、お客様の診断ミスと取寄せたパチモノ部品が災いして、残念な結果になっておりました。
20160917_04   20160917_05
純正部品は全て捨ててしまったらしく、このパチモノじゃ当店でも修理は出来ないので、壊れていたメーターケーブル以外にメーター一式とハンドルカバー、それにハンドルスイッチ一式も全て純正の新品部品に交換して修理を行いました。

20160917_06この後ブレーキから異音もするという事で、序に診て欲しいと頼まれました。

診てみたところブレーキパッドの残量も有りませんでしたが、それ以前にフロントフォークからオイルがジャバジャバに漏れて、ブレーキやタイヤが油塗れになっておりました。

当然このままじゃ危ないので、フロントフォークの修理とブレーキパッドの交換に、この際ブレーキ液も一緒に交換させて頂く事となりました。

このバイクのフロントフォークは、フォークのトップボルトを外さないとフォークが抜けないのですが、外装が邪魔してトップボルトを緩めるスペースが無く外すのに何時も苦労します。

なんとか今回もトップボルトを外してフォークを抜取り分解してオーバーホールを行いました。
20160917_07 20160917_08 20160917_09
古いオイルを抜いてから油塗れの部品を全て洗浄して、それから新しいシール類に交換しオイルを注入して終わりです。

ブレーキの方も酷い状態で油でベタベタでした。

パッドの交換より部品の洗浄に時間を費やしましたが、こちらも新しいパッドに交換して終了です。
20160917_10   20160917_11
最後にブレーキ液を交換しましたが、こちらは恐らく新車から一度もやってなかったようで、物凄く汚れて真っ黒でした。
20160917_1220160917_13_2
ブレーキ液も新品に交換して、全ての作業を終えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

スーパーカブ50プロ 改善対策

20160916_01先週の木曜日(9/8)に「市場措置」の速報が届きました。

当店で販売した車両の何台かが該当しておりました。

お客様に迷惑は掛けられないので至急連絡を取り、パーツ(対策品)の調達を行いました。
20160916_02
先ずは「SuperCUB50PRO」のお客様と連絡が取れたので、さっそく来店をお願いして昨日ご足労を頂きました。

<改善対策>は「リコール」のように保安基準不適合状態ではないが、安全上または公害防止上放置できなくなる恐れがあるものです。
20160916_03
今回の内容は「燃料ポンプ内の樹脂製インレットカバーの材質が不適切なため、製造時に使用した試験油に長時間浸漬されるとインレットカバーが膨張し、インペラと干渉することがあり、そのため干渉部の抵抗が大きくなり、干渉部から生じた磨耗粉がインレットカバーとインペラ間に噛み込むと、最悪の場合は燃料ポンプが停止してエンストし再始動できなくなる恐れがある。」と云うもので、今回は「 燃料ポンプユニット 」を対策品と20160916_04_2交換する作業となりました。

約1時間くらいの作業で完了し、即日バイクをお返しする事ができました。

ご迷惑をお掛け致しました。

また宜しくお願いいたします。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月15日 (木)

ファイター150 ピーピー音?

20160915_01<キタさん>の「NewFighter150ZR」ですが、1ヶ月ほど前に別件で来店された際に、試乗する機会がありました。

既に前オーナーの<マル2さん>が乗っていた頃から発生していたのですが、相変わらずスロットルを戻した瞬間に「ピーピー」と笛のような音がしてました。
20160915_02
実際の運転には影響は無いようなので、前オーナーの<マル2さん>も<キタさん>も然程は気にして無かったようですが、私はちょっと気になったのでメーカーに問い合わせてみたところ、1か所だけ該当する症例がありました。

このバイクには「S.T.C.S(可変バルブ)」を云う機構がありますが、そのバルブを開閉させる「アクチュエーター」がダメだ20160915_03と、そんな音がするらしいと云う事でした。

100%の確証はありませんでしたが、<キタさん>に提案したところ、そこまで高い部品でもなかったので、試しに「アクチュエーター」を新品に交換してみる事になりました。

「アクチュエーター」はエンジン吸気側マニホールドに付いてるので、それを取り外すには一旦スロットルボディ本体を取り外して、マニホールドから「S.T.C.S(可変バルブ)」も取り外し、そこに連結しているサーキリップを抜いて「アクチュエーター」を取り外します。
20160915_04_2   20160915_05
概ね1時間くらいの作業で完了し、改めて試乗テストをしたところ、見事「ピーピー音」は治っておりました。

めでたし!めでたし!

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月14日 (水)

ZZR1100オーバーヒート!

高輪の<お蕎麦屋さん>から1年振りに連絡が有りました。

バイクの修理と点検の依頼でした。

20160914_01バイクはD5の「ZZR1100」でした。

暫く走って来て家に着いたら冷却液が噴き出したらしいです。

それの修理と12ヶ月点検に、エンジンオイル&フィルターの交換を頼まれました。

この時期も超忙しかったので、<お蕎麦屋さん>にも2週間もお待ちを頂いてから、高輪まで車両を引き取りに行ってきました。

ラジエターの方は本体もプレッシャーキャップの方も、加圧テストの結果は正常に圧力保持しておりました。

ですが、暫くエンジン掛けっ放しにしておいたら、やはり冷却ファンが回らずオーバーヒートで冷却液が噴き出しました。
20160914_0220160914_03
検査したところ冷却ファンのスイッチ(温度センサー)がダメだったので、ファンスイッチを新品に交換して、序に冷却液(LLC)も交換して、これの修理は難なく完了いたしました。

次にホーン(警笛)が鳴らないので調べたら、二つあるホーンのうち右側のホーンで配線がショートしてヒューズが飛んでおりました。
20160914_0420160914_05
こちらも配線を治して難なく修理を完了いたしました。

追加で幾つかのカスタムも頼まれました。

先ずはヘッドライトのLED化ですが、ほぼボルトオンで装着できると思っておりましたが、こいつは少し粗悪品で座金のバリが残ったままで引っ掛かっちゃって、ヘッドライト側にすんなり収まりませんでした。
20160914_0620160914_0720160914_08
仕方が無いのでヤスリで少々で削ってあげて、ちょっと手古摺りましたがなんとか交換を完了いたしました。
20160914_09_220160914_1020160914_11
それからUSBから電源を取れるようにも頼まれたので、「ZZR1100」の場合はタンク下にヒューズボックがあるので、そこから電源を引っ張り右ハンドル周辺でUSBが使えるように配線を通しました。
20160914_1220160914_13
最後に今回の序もあるので、燃料系統のゴム製ホース類を全部交換するよう頼まれました。
20160914_1420160914_15
「ZZR1100」の場合は、この辺のホース類一式がキット販売されているので、それを使ってフィルター含む全てのホース類を交換いたしました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月13日 (火)

R1200GS ADVENTURE 車検

20160913_01<監督様>の「R1200GS」が、今年4回目の車検でした。

車検の満期が迫っていたので連絡したところ、一先ず仕事帰りにクルマで来店を頂きました。

何度か連絡していて、やっとお越し頂いたのですが、車検を忘れていた訳じゃなく仕事が忙しかったようで、毎晩遅い帰宅で休日も無く働いていたようです。

20160913_02また明日からは遠く「島根」の方まで出張らしく、早朝から出発て暫く帰って来れないらしいので、今回は当店でバイクのキーをお預かりして、後日<監督様>宅へ車両を引取りにあがり、車検をやっておく事になりました。

さすがに忙しかったらしく、この「R1200GS」にも乗ってなかったようで、この2年でも走行距離は千5百キロ程度しか走っておりませんでした。

なので特に不具合とかは無かったのですが、一応エンジンオイルとフィルターの交換を行い、前後のブレーキ液も交換しました。

車検の切れる1週間前ギリギリでしたが、昨日(9/12)無事に車検も通しました。

9/17無事に「島根」から帰って来たようで、「出雲大社」土産を頂きました。
20160913_03
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月11日 (日)

Z125PRO納車!

今年も<親方様>にバイク買ってもらいました。

20160911_01ちょうど1年前にも「DUCATI」を買ってもらったばかりでしたが、去年その「MULTISTRADA」を納車したと同じ日の本日(9月の第二日曜日)、今年は「KAWASAKI」の納車でした。

常に複数台バイクを所有されていた<親方様>でしたが、去年この「MULTISTRADA」を納車するに当たり他を全て処分してしまったので、この1年は「MULTISTRADA」一台のみの所有でした。

なので今回は乗り換えではなく1台増えの増車となりました。

20160911_02先月には無事に「北海道ツーリング」も終え、たっぷり「MULTISTRADA」の凄さを堪能され、ロングクルーズを楽しんだ<親方様>でしたが、ここで一息、もう少し実用的なバイクが欲しくなったようです。

主に毎日の通勤でも使えて、いざとなればトランポ「STEPWGN」に載せて、サーキットにも持ってけそうなワンツーファイブのMT車です。

そんな話が7月の終わり頃からジワジワ出始め、当初は「GROM」とかも候補に挙がっておりましたが、いつの間にかに<親方様>自らが、候補の挙がってるメーカーを扱う大型量販店に出向き品定めして頂いてたようで、その結果、最終的に「Z125PRO」に絞り込まれました。

20160911_04このクラスこのカテゴリーはカスタムベースに最適で、お腹一杯いじり倒してもパーツ単価が安いので、大型車では実現不可能と思えるような理想も完結出来そうで夢が有ります。

今回<親方様>が「Z125PRO」を増車した本当の理由もこの辺にあるようで、要するに実用と云うよりは、やっぱしオモチャですネ!

我々の年代そろろろ折り返し地点で、少し時間が気になる年頃です。

そう云う意味でも残す人生楽しみたいと・・・
<親方様>だけでなく、私も本当にそう思いました。

守りだけなら、朽ちていくだけですからね・・・

| | コメント (0)

2016年9月10日 (土)

ジョルノ 後輪ロック!

先日の事ですが、まだまだ残暑厳しいある日の事です。
20160910_01
汗だくになってバイクを押して来られた方がいらっしゃいました。

バイクが動かなくなったという事で、修理の依頼でお越し頂いたようです。

どうも走行中に異音と共に衝撃が起きたと思ったら、急に後輪が急ブレーキを掛けたようにロックしたそうです。

20160910_02その後ジタバタしているうちに後輪ロックは解消して、エンジンも掛かるようになったそうですが、エンジンを回しても後輪は駆動しなくなったそうです。

このお客様は当店には初めてお越し頂く方で、伺うと新車から5年以上経っている2万5千キロ近く走る車両「GIORNO」のようで、駆動系の点検・整備などは過去に一度も行った事が無いと云う事でしたので、症状から推測してもドライブベルト切れに間違いなさそうでした。

早速エンジンカバーを開けてみましたが、開けて20160910_03ビックリ!当たり前にベルトは切れるべくして切れていたのですが、その切れたベルトがプーリーに巻き付き噛み込んでおりました。

普通にベルトだけ交換する作業とは違い、噛み込んだベルトをプーリーから抜き取ったり、粉砕したベルトの破片やダストがエンジンケース内に飛び散っちゃっていましたので、それを取り除いたり掃除するのが大変でした。

こうなると料金も普通にベルトだけ交換するより当然高くなりますので、そう云う意味でもドライブベル20160910_04トは切れる前の予防整備が必要です。

この「GIORNO」は、「TODAY」なんかと同じ空冷の一つ前のモデル「AF70」だったので、当店にも部品の在庫がありました。

修理は切れたベルトと同時に摩耗したウエイトローラーやスライドピースも一緒に交換して、その日のうちに出来上がり、お客様へお渡しする事が出来ました。

やはりドライブ・ベルトはゴム部品の性質上、距離や時間の経過で劣化が進み、今回のように最後には必ず切れてしまうと云う事を改めて痛感いたしました。

ドライブ・ベルトはタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、今回のように出先でベルトが切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

今回のお客様は夏日に数キロバイクを押して当店まで辿り付いたそうで、大変な思いをしたそうですが、もっと遠くで止まってJAFなどのロードサービスを呼んだ場合は、更に高い料金が掛かります。

また今回は危うく転倒寸前のところで踏み止まったようですが、大事故に繋がる事もあり大変危険です。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)なベルトの交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2016年9月 9日 (金)

Dトラッカー ブレーキ交換!

今年の4月にもリヤ側を中心にブレーキやタイヤを交換した「D-TRACKER」です。

20160909_01今回はフロント側の方で、ブレーキの効きなのでしょうか?フィーリングが今一のようで、ディスク・ローターなどの交換を頼まれました。

ディスク・ローターを新品交換するに当たり、ちょうどブレーキ・パッドも交換時期だったので、こちらも一緒に新品交換いたしました。

20160909_02距離は2万キロを超したくらいの車体でしたが、年式は古く’03の「D-TRACKER」でした。

古い上に、もともと中古で購入したバイクなので、過去の整備歴も判らず心配と云う事もあって、今回はブレーキ・キャリパーの方もオーバーホールを頼まれました。

キャリパーは、経年劣化が想定されるシール類などのゴム製20160909_03部品を全て交換し、腐食の始まっていたピストンなども交換しました。

ディスク・ローターの交換にはホイールの脱着が必要なので、この際にフロント・タイヤも交換するよう頼まれました。

これは即交換が必要なほど減っていた訳ではありませんでしたが、交換時期は近かったので一緒に交換して今回の全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月 8日 (木)

ドラッグスター タイヤ交換!

20160908_01「DRAGSTAR(XVS250)」のタイヤ交換でした。

この「DRAGSTAR」は当店で2014年に中古で販売したバイクです。

あれから2年で1万8千キロ近く走って頂き、この度はフロント・タイヤの交換となりました。

リヤ・タイヤは既に1年ほど前に交換しておりますが、フロント側は少し長く使い過ぎちゃったようで、随分ツルツルになっちゃっておりました。
20160908_02_2   20160908_03
2週間ほど前に別件で来店頂いた際には判っていたので、早めの交換をお伝えしておりましたが、このところの雨続きで通勤中に滑って転んでしまったそうです。

これで安心して走れますね!安全運転で宜しくお願いします。

毎度有り難う御座いました。

タイヤの残溝が少なかったり、古くなり固くなったタイヤは、台風、秋雨の時期は特にタイヤがスリップするようになり危険な季節になります。

心当たりの方は早めにタイヤ交換して頂きたいと思います。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年9月 7日 (水)

ディオ 異音!

当店で2010年に販売した「DIO」です。

20160907_01去年の6月にも遠く小田原の方から自走でお越し頂き、タイヤ交換など諸々の整備をさせて頂きましたが、今回は故障修理だったので、自走じゃなく態々クルマに積んでバイクを持って来てもらいました。

後輪に負荷が掛かっているように重く、一時的には加速も悪かったようで、異音もしている様なので診て欲しいと云う事でした。

新車から6年半経ってる車両ですが、走行距離は1万3千キロ程度ですので、そんなに大した事は起きてないだろうと試乗して診たところ、後輪の負荷や加速不良の症状は認められませんでしたが、やはりカチャカチャ異音はしていました。

一先ず駆動系を疑ってエンジンカバーを外して診ましたが、特に異常は認められませんでした。

若しかしたらミッションでも逝ってんじゃないかと思いましたが、良く診るとエンジンカバーの一部に亀裂が入っておりました。
20160907_02   20160907_03
キックシャフトの軸受部に亀裂が入り、シャフト位置定まらず周辺ギヤと干渉しているよう20160907_04です。

外的な損傷も見受けられなかったので、何故?亀裂が入ったのかは今一不明でしたが、亀裂の入ったエンジンカバーを新品に交換して、一先ず修理を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月 6日 (火)

ズーマー メーター作動不能!

20160906_01_2「ZOOMER」のお客様からスピードメーターが動かなくなったとの訴えです。

こう云う場合は概ねケーブル切れなので、先ずは前輪ホイールのブレーキパネル側から一旦アウターケーブルを外して、次に外したアウターからインナーケーブルを抜いて調べて診たところ、予想に20160906_02反してケーブルは切れておりませんでした。

ならば単純にメーター側でケーブルが外れてるだけじゃないかと、今度はメーター側のケーブル取付状態を調べて診てみたら、案の定ケーブルが外れておりましたが、単にネジが緩んで外れたのではなく、アウターケーブルの連結部分が壊れておりました。

20160906_03何れにしてもケーブルがダメなので、メーター・ケーブルを新品に交換して、これで修理も完了と思いきや、何故か?これでもメーターの針が動きませんでした。

ならばと今度は前輪ホイールを外してからブレーキパネルも外して、パネル裏側からスピードメーターギヤを外して診たところ、パネル側のウォームギヤが減って噛み合わなくなっておりました。

これじゃメーターが動く訳がありません。

20160906_04この「ZOOMER」は当店で2012年に販売して、まだ新車から5年弱しか経っておりませんが、普段から仕事で走り倒して走行距離も4万8キロ越えなので、一般の原付スクーターと比較すれば損耗も激しいようです。

もともとウォームギヤだけを交換できる構造ではないのですが、「ZOOMER」のようなスクータータイプは、ブレーキパネルとギヤボックスが一体なので、ブレーキパネルごとの交換となりました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月 4日 (日)

NC750X 納車!

この「NC750X」は<M尾くん>が教習所でも乗っていたバイクで、当初から有力候補に挙20160904_01がっていたようでしたが、初めは他メーカーのバイクも幾つか候補に挙がっていたようです。

もちろん当店のような小さなバイク店には、他メーカーも含め「NC750X」の展示なんかありませんでしたので、今回も<M尾くん>にはモーターサイクルショーや候補のバイク・メーカーを扱う大型量販店に行って頂き、試乗したりの品定めをして頂いた結果、最終的に「NC750X」に絞り込んで頂きました。

木曜(9/1)に入荷した車両は、その日に登録を終わらせ、翌日には「ETC」の取付を行いセットアップも完了いたしました。

今回も最初から幾つかのアクセサリーパーツの取り付けを頼まれました。

「ETC」は今まで所有されていた「CBR250R」からの移設で、他に電装系としては「バッテリー充電ケーブル」の移設や、今回は新規で「ドライブレコーダー」の取り付けも頼まれました。
20160904_12   20160904_13

20160904_02   20160904_03
なのでアクセサリー電源を増やすために「サブハーネス」を追加し、「ETC」と「ドライブレコーダー」を接続いたしました。
20160904_04   20160904_05
あとは純正オプションの「メインスタンド」を取り付けしたり、社外品の「エンジンガード」も取り付けました。
20160904_06   20160904_07
それから「CBR250R」の時にも同じものに交換していましたが、ブレーキとクラッチのレバーを社外の「可倒式タイプ」へ交換いたしました。
20160904_08   20160904_09
これも「CBR250R」からの移設ですが、最後に「スロットルアシスト」を付けて一先ず完了です。
20160904_10   20160904_11
まだ頼まれている「パニアケース」など大物が残っておりますが、入荷は3週間ほど先となっております。

予定のツーリングまでには間に合わせたいと思っておりますので、もう暫くお待ちください。

本当は今日の納車予定でしたが、予定通りに全ての作業が昨日で終わり、天気も微妙でしたので、一日早く昨日(9/3)納車の運びとなりました。
20160904_14   20160904_15
毎度!有難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月 3日 (土)

2016 NC750X 入荷!

<M尾くん>から頼まれていた「NC750X」が入荷しました。

20160903_01実は<M尾くん>から乗り換えの打診があったのが約5ヶ月前の3月の終わり頃で、当初は7月上旬の納車を希望されておりました。

その時点では在庫も有り生産も安定しているようだったので、慌てる事もなく日が近づいたら発注しようと考えておりました。

「熊本地震」が発生したのは、その直後でした。

ご存知の通りHondaの「熊本製作所」も被害が大きく、二輪生産ラインも稼働停止となってしまいまし20160903_03た。

あれから約5ヶ月ほど掛かりましたが、大型モデルの生産ラインも通常稼働に戻り、大変長らくお待たせいたしましたが、やっと先日(9/1)車両が入荷してまいりました。

<M尾くん>とも12年以上のお付き合いになりますが、この間に今回で実に4台ものバイクをお買上げ頂きました。

12年前に原付免許しか持ってなかった<M尾くん20160903_02>が、当店で初めて買ったバイクが「Dio」でした。

その後「普通二輪免許」→「大型二輪免許」と着実にステップアップされ、バイクも「X'pro100」→「CBR250R」と乗り継いで頂き、そして今回の「NC750X TypeLD ABS」にお乗り換え頂きました。

大の御得意様ですので、今後も超VIP待遇で対応させて頂きたいと思います。

こうして古くからのお客様にバイクを買って頂き、今回も本当に嬉しく思いました。

毎度!有難う御座いました。

今年の初めにフルモデルチェンジした2016「NC750X」は、スタイリングを一新させるとともに、快適な走行が体感できる装備とライダーの感性に訴える官能性能を向上させました。
20160903_04   20160903_05
大型ウインドスクリーン            LEDヘッドライト
20160903_06   20160903_07
LEDテールランプ               表示色可変新メーター
20160903_08   20160903_09
フロントサスペンションに、デュアルベンディングバルブを採用
リアサスペンションに、プリロード調整機構を新たに追加
20160903_10
ラゲッジボックスの容量を拡大

詳しい商品情報は→こちら「NC750X

Autumn_2 ★ウォータムセール開催中!

| | コメント (0)

2016年9月 2日 (金)

シグナス ブレーキパッド交換

20160902_01CYGNUS」のオイル交換を頼まれました。

当店からは少し離れた所にお住まいの方で、始めてのお客様でした。

せっかく遠くからお越し頂いたので、オイル交換を行いながら軽くバイクの周りを診て差し上げたところ、ブレーキ・パッドの摩擦材が異常に減っている事が判りました。

20160902_02お勧めしてブレーキ・パッドも交換する事になりましたが、この状態で暫く乗り続けていたようで、パッドは台座の地金まで削れている状態でした。

また、長くパッドの地金でブレーキしていたため、ディスク板の方もガリガリになっちゃっておりました。

ブレーキ・パッドは新品に交換しましたが、このままでは多少は異音も残るでしょうし効きも良くないと思います。

パッドの減り方も早いと思いますので、早目にディスク板の方も交換するようお勧めいたします。

ブレーキ・パッドの使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

| | コメント (0)

2016年9月 1日 (木)

リード125納車

当店に初めて来店を頂いた今回のお客様は、近所に停めてあった「LEAD125」を見て興味をもったようですが、どうもその「LEAD125」は以前に当店で販売した車両のようで、その車体に貼ってあった当店のステッカーを見て、住所を調べてお越しを頂いたようです。
20160901_01
当店のHPとかも見て頂いたようですが、あの掲載の仕方だと「LEAD125」の展示車両が当然あるだろうと思ってお越し頂いたようですが、申し訳ございません!・・・・在庫はありませんでした。
20160901_02
もともと当店は小さなバイク店なので、在庫は極めて少なく特に新車の店頭在庫は数台です。

また当店でバイクを購入頂くお客様の殆どが、古い方で30年近くお付き合いを頂いてる常連様ばかりなので、欲しいバイクは何処かで見たり試乗したりして来てくれますので、それに甘えて最近は新車の在庫を殆どしていなかったのです。
20160901_03
なので今回のお客様も実車を見てみたいと云うご希望でしたので、「LEAD125」を店頭展示している直近のメーカー直営店を紹介させて頂き、一旦そちらまでご足労を頂いて実車をご覧頂いてから、当店に戻って来て頂きご契約を頂きました。
20160901_04
今回の「リード125」もそうでしたが、今年になって注文頂いた新車の実に6割以上が店頭に無い商品で、殆どが今回のようにメーカー取寄せでしたが、こうして皆様には注文を頂きいつも感謝しております。

その分、当店でバイクをお買い上げ頂いたお客様には、愛車のアフターサービスとバイクライフのサポートに尽くしてまいりますので、どうか宜しくお願いいたします。

ありがとうございました。

商品情報は、こちら → 「LEAD125 

Autumn_2 ★ウォータムセール開催中!

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »