« セロー250タイヤ交換! | トップページ | おみやげ-60 »

2016年8月20日 (土)

フュージョン前タイヤ交換!

20160820_01_2「FUSION」のタイヤ交換が入りました。

お客様は直ぐ近くにお住まいのようでしたが、当店には初めて方でした。

3万5千キロほど走る’06式の「FUSION TypeX」で、頼まれたのは20160820_02フロントのタイヤだけでした。

交換するタイヤを見たところ、恐ろしいくらいツルツルに減っておりました。

スリップサイン(磨耗限度表示)どころか、溝も完全に無くなりヒビ割れだれけのタイヤでした。

あまりにも激しく減っているので、タイヤの製造年月日を見20160820_03_2たところ、なんと2009年製造のもので、7年6ヶ月も前のタイヤが装着されておりました。

タイヤは材質であるゴムの性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き徐々に固く硬化して行きます。

そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したり、内部からも劣化が進みますので、タイヤは溝が残っていても通常は3年毎の交換が推奨されています。

溝の無くなったツルツルタイヤは、特に雨の日などに滑って危険です。

また真夏の炎天下なら気温30度でアスファルト路面温度は50度以上になり、磨り減って薄くなったタイヤはバースト(破裂)も怖いので、こんなタイヤで乗り続けている方は早めにタイヤ交換して頂きたいと思います。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします

|

« セロー250タイヤ交換! | トップページ | おみやげ-60 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セロー250タイヤ交換! | トップページ | おみやげ-60 »