« ドラッグスター バッテリー上がり! | トップページ | CBR250RR ブレーキ固着! »

2016年8月26日 (金)

CBR250RR エンジン始動不能!

暫く放置してエンジン始動が出来なくなったと云う「CBR250RR」の修理が入りました。

20160826_01’90の昔の奴でした。

このお客様が以前から所有していたバイクじゃないようで、個人売買か何かで最近入手した車両のようです。

当初はキャブのOH(清掃)程度でいけるかな?と軽く考えておりました。

ところが・・車両をお預かりしてみると、どうもそんな生易しい感じじゃなさそうな・・・・

ご本人もエンジンのかかった状態は一度も見てないようで、バイクを診れば診るほど過去にも多分まともに動いていた車両では無さそうな、何か致命的な欠陥の潜んでそうな、嫌な感じを醸し出しておりました。

躊躇しながらも・・・・一先ずキャブレターのOHから初めました。
20160826_02   20160826_03
キャブレター周りは明らかに何度も人の手が入った形跡があり、しかもプロの仕事ではなく素人丸出しのいい加減な有様でした。
20160826_04_2   20160826_07
長期放置でキャブレターが詰まったくらいの話しではなく、確かにパイロットジェットなんかも強固に詰まっておりましたが、2種類あるメインジェットの番手が所定の位置になく、トンチンカンな所に付いていたり、エアークリーナーも超!真っ黒に汚れ、おまけにそのベースを固定するところのタングが折れて無くなっていたりと・・・
20160826_05_2   20160826_06_2
恐らく複数の持ち主の間を渡り歩いてきたんでしょうけど、どんな乗り方をされてきたのか?過去の整備状態や保管状態も不明で、触れば触るほど変な事が発覚し始めました。

パイロットスクリューの所のワッシャーとOリングが全く入って無かったり、同調をとる時に使うシリンダーヘッドのブーストの所にガスケットが入って無く、キャップも変な代替品が付いていたりと次々と変な事が発覚しました。
20160826_08   20160826_09
またエンジンオイルが殆ど入ってなかったり、スロットルケーブルが切れていたりで、なかなか先に進めず二転三転しましたが、なんとかキャブレターを組み付けエンジンが始動出来るまで漕ぎ付けましたが、今一調子が出ないので更に調べたところ、なんと!エンジン圧縮が9キロ台しか有りませんでした。

20160826_10もしかしたら?もともと前オーナーも調子が悪くて手に負えなくなり、嫌気がさして手放したバイクなんじゃないのかな?

根本的にエンジン本体に問題を抱えているバイクのようですが、ここまで来たら引き返せないので、エンジンの状態にキャブの方で最大限合せる形で調整を図り、結果的に始動性、アイドリング状態、回転の上がり下がりなど、ベストな状態に持ってゆくことが出来ました。

今回は非常に綱渡り的なやっつけで帳尻を合わせましたが、エンジン本体やキャブレター本体にも問題を抱えている事には違いないので、完璧を求めるなら時間や費用的にも覚悟が必要と思います。

気長に時間を掛けてレストア(修復)していってください。

|

« ドラッグスター バッテリー上がり! | トップページ | CBR250RR ブレーキ固着! »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラッグスター バッテリー上がり! | トップページ | CBR250RR ブレーキ固着! »