« エストレヤ タイヤ交換 | トップページ | YZF-R3リコール! »

2016年7月 9日 (土)

フュージョン タイヤ交換

過去に1年前と1年半前に各1回ずつオイル交換でお越し頂いた事のあるお客様で、お乗りのバイクは2005年式の「FUSION SE」です。

20160709_01この度もオイル交換でお越し頂きましたが、今回は1年前の来店の際に手続させて頂いた自賠責保険が満期になるので、それの継続手続と今回は前後のタイヤ交換も申し受けました。

1年振りの来店でしたので記録を見たところ、なんと!前回の交換から7千キロ以上オイル交換してなかったようで、エンジンの中にはオイルが全然入って無い状態でした。

それからタイヤですが、前後とも溝が殆ど無くなりツルツルで、ヒビ割れだらけのタイヤが装着されておりました。

あまりにも固く硬化しヒビ割れが酷かったので、何気に製造年を診てみたら、リヤが2007年製造の9年前のタイヤで、フロントに至っては車体の製造年と同じ2005年製造の11年前のタイヤが付いておりました。
20160709_02   20160709_03
タイヤは材質であるゴムの性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き徐々に固く硬化して行きます。

そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したり、内部からも劣化が進みますので、タイヤは溝が残っていても通常は3年毎の交換が推奨されています。

溝の無くなったツルツルのタイヤでは、特に雨の多い梅雨時期はタイヤが滑って危険です。

また梅雨が開けて真夏の炎天下なら気温30度でアスファルト路面温度は50度以上になり、磨り減って薄くなったタイヤはバースト(破裂)も怖いので、こんなタイヤで乗り続けている方は早めにタイヤ交換して頂きたいと思います。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

|

« エストレヤ タイヤ交換 | トップページ | YZF-R3リコール! »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エストレヤ タイヤ交換 | トップページ | YZF-R3リコール! »