« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

J-FORCEⅣ入荷!

<NUPPYさん>からもヘルメットの注文が入りました。

<NUPPYさん>もキッカリ3年毎にヘルメットを買い替える方で、この「J-FORCE」がお気に入りで、ずっと被っておられる「SHOEI」派です。

20150531_02今までの「J-FORCEⅢ(3)」は2010年から2回被り続けておりますが、このモデルも去年モデルチェンジして、今回の買い替えで「J-FORCEⅣ(4)」となりました。

去年モデルチェンジした「J-FORCEⅣ(4)」は、空力性能やベンチレーションシステムの性能が向上し、小型化と軽量化もされているようです。

また、このモデルから「CJ-2シールド」が採用され、より一層自然でクリアな視界と下端からの巻き込み風の低減などが図られているようです。

<NUPPYさん>毎度有り難う御座いました。

20150531_01そんな感じで、当店の常連様方は平均3~4年毎にヘルメットを買い換えていますが、それは何故かと言えば、ヘルメットにも当然寿命が有るからなのです。

内装パッド類に使われるウレタンフォームは劣化しても交換できるものが多くなってきましたが、帽体のFRP(繊維強化樹脂)に使われている樹脂には吸湿性があり、水を含むと内部の強化繊維が剥離を起こし、最長5年くらいで強度的に寿命となり衝撃でバラバラになります。(古いヘルメットって重くなりますよね!・・・)

衝撃吸収材の発泡スチロールはもっと早く経年劣化し、表面から徐々に酸化して強度低下が進み約2~3年で寿命といわれています。

その他、顎ヒモなども時間とともに磨耗、劣化していくため、SGマークに付いている対人賠償責任保険の有効期間(製品の耐久性を考慮して設定)も購入後3年を設定しています。

ヘルメットは決して安いものではありませんが、定期的に買い替えが必要な消耗品です。

被っていれば交通違反には成りませんが、事故を起こした時にはヘルメットの役目をしません。(死にます。)

当店では、「SHOEI」以外にも「ARAI」、「OGK」、「LEAD」などのヘルメットも取り扱います。


古くなって買い替えを考えている方!ご注文お待ちしております。
店頭在庫は有りませんので、色やサイズを確かめてご注文ください。
宜しくお願いいたします。(カタログ注文後の取寄せとなります。)

| | コメント (0)

2016年5月29日 (日)

FORESIGHTヘッドライト灯火不良!

1週間前にブレーキパッドなどを交換した「フォーサイト」です。

20150529_01その日のお帰りの際に、お客様から「そう云えばヘッドライトの調子が悪いんだよね~」と云われたので診てみたところ、なるほどライトが点いたり消えたり安定しません。

ライトはディマースイッチを「HI」の位置にすると一時的に点くんですが、そもそもこのディマースイッチ自体が壊れているようで、「HI」に切り替えようとしても直ぐに「LO」の位置に戻ってしまいます。

20150529_02今回も原因はディマースイッチの故障と思われましたが、念のために他の部分も診ていたところ、スタータースイッチを押したタイミングで時々ライトが点く事が判りました。

スイッチをカチャカチャやってると何回かに1度くらい点く時もありますが、点いたと思ったらまた直ぐに消えてしまうの繰り返しです。

スタータースイッチを押している間は、スターターモーターを回す際の電力消費を抑えるために、その間はヘッドライトが消えるようになっておりますが、20150529_03どうもそのスイッチの回路が故障しているようです。

スイッチを分解して潤滑や接点復活などの処置も考えましたが、この「フォーサイト」は17年前の7万4千キロも走るバイクで、2年前にもキルスイッチの故障でエンスト多発の故障を起こした事があるので、今回は無駄な事はやらずに、ディマースイッチとスタータースイッチを新品に交換する事にして、無事に修理を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年5月28日 (土)

PCX 1万キロ整備!

このお客様も今まで何台もバイクを買って頂いてる方で、もう8年以上お付き合いを頂いてる大のお得意様です。
20150528_01
この「PCX125」も2014年に、それまで乗って頂いてた「LEAD110」から乗り換えを頂いたものです。

今日はエンジンオイルの交換でお越し頂きましたが、新車から1年と4ヶ月が経ち走行距離も1万キロを超えたので、今回はエンジン・オイルの交換に加えミッション・オイルの交換と、点20150528_04火プラグとエアフィルターも交換する事になりました。

エンジン・オイルは新車から6回目の交換になりますが、ミッション・オイルに関しては初めてでしたので、抜いたオイルの中にはキラキラした鉄粉が混ざっておりました。

点火プラグとエアフィルターに関しても新車から初めての交換で、1万キロ以上使っておりましたので、プラグは減ってフィルターは大変汚れておりました。
20150528_0220150528_03
これで次の2万キロまではノートラブルで乗れると思います。
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年5月27日 (金)

SPACYサイドスタンド取付!

<シゲちゃん>の「スペイシー100」に、サイドスタンドの取付を頼まれました。

ツーリング用でもう一台所有の「グラデウス650」とは違い、こちらは専ら近所の買物用に使うため2008年に買って頂きましたが、今までは使う頻度は高いものの新車から8年以上経っても未だ9千キロ程度と距離が伸びておりませんでした。

ところが最近になって勤務先が変わったようで、バイク通勤が可能になった事から、やっと20160527_01この「スペイシー100」も活躍出来るようになったようです。

そこで今回は<シゲちゃん>から通勤用にもう少し使い勝手を良くしたいとの要望で、この度のサイドスタンド取付となりました。

今度の勤務先はうちの店の直ぐ近くになったので、ちょいちょい遊びに来れますね!

仕事帰りに茶でもしに来てください。
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年5月26日 (木)

DioCestaエンスト再始動不能!

このお客様も今まで当店で何台もバイクをお乗り継ぎ頂き、もう12年以上もお付き合いを頂いてる大のお得意様です。

20150526_01この「DioCesta」は2015年に、それまで乗って頂いてた同じ「DioCesta」から乗り換えを頂いたものです。

前回お乗り頂いていたキャブ仕様(AF67E)の「DioCesta」の時にも同様の不具合が発生しましたが、今回のEFI仕様(AF70E)になった「DioCesta」に関しても、新車から乗り始めて3千キロ手前で前回同様の症状が出てしまいました。

急にエンストしたと思ったら全く再始動もできなくなるという不具合で、この場合は測定してエンジンの圧縮圧力が低くバルブクリアランスも狭ければ、概ねエンジンのバルブシート部にカーボンが噛み込む事による圧縮圧力不足と判断されます。
20150526_0920150526_02
エンジンの暖気運転をしない方やスピードを出す方に多い症状で、エンジンは冷間始動直後に法定速度を超えるような全開走行をした場合に、エンジンのエキゾーストバルブのステム部が急速に熱せられ、熱膨張により一時的にバルブクリアランスが狭くなり正常な燃焼が行われない場合があります。
20150526_0320150526_04
カーボン生成のメカニズムとしては、このような走行条件を繰り返し行うとエンジン燃焼室内に硬いカーボンが堆積し、偶発的に剥がれ落ちたカーボンがバルブシート部に噛み込み圧縮圧力不足となります。

暫く放っておいてから始動を試みると、噛み込んだカーボンが取れてまた普通にエンジンが掛かる事も多く、それでもダメな場合はエンジン燃焼室内にエンジンコンデショナーなどを注入して、簡易の清掃を試みることで復活する事が殆どなのですが、実はこの「DioCesta」は去年の暮にも一度この不具合が出た事がありました。
20150526_0520150526_06_2
今回で二回目の不具合ですし、この「DioCesta」は保証期間内でしたので、今回はちゃんとエンジンを分解して燃焼室内(ピストン・シリンダーヘッド)を清掃してから、指定の値にバルブクリアランスを調整する作業を行いました。
20150526_0720150526_08
この症状は「DioCesta」以外にも4ストエンジン搭載のスクーターでは、ヤマハやスズキのスクーターでも同様で、いくらお客様に乗り方や使用法の注意点を説明しても難しいようです。
ホンダでは新型の「TACT」や「DUNK」のエンジンで、この問題は完全に克服しているようですのでご期待ください。

エンジン燃焼室内には徐々にカーボンが堆積してゆきますので、当店では定期的に燃料添加剤「フューエルワン」を入れる事をお勧めしてます。
20160207_05
WAKO'Sの「フューエルワン」は、「清浄・防錆・水抜」の3大効能のある優れもので、ガソリンタンクに入れるだけで、タンク内やキャブレターなどの燃料中の水を除去します。

また揮発防錆剤がタンク内壁、キャブレター、FIなどの金属部品を錆から守ります。

更に燃料系統に溜まった汚れを強力に除去します。

特にタンク内やキャブレター、FI(インジェクター、スロットルボディ)、エンジン燃焼室、給排気バルブなどに付着するカーボンやワニス、ガム質を取除く効果に優れています。

原付スクーターから大型バイクまで、特にデリケートなFI装着車には欠かせない、日頃から定期使用して頂きたいケミカルです。

定期的な継続使用で、愛車のトラブルを未然に防ぎます。

是非お試しください。
WAKO'S「FUEL1+ANTIRUST」
¥1,600(税別)

| | コメント (0)

2016年5月25日 (水)

リード110冷却液交換

「LEAD110」にお乗りお客様がエンジンオイルの交換で来店しました。

このバイクは当店が2009年に販売したもので、こうして年に2~3回はオイル交換でお越し頂くお客様のものですが、それ以外の点検や整備は今まで殆ど行って来ておりませんでした。

20150525_01気が付けば新車から7年と3ヵ月が経ち走行距離は4万キロを超えておりました。

なので当店で行った過去の整備歴を調べてみると、とっくに交換してなければならない消耗部品や油脂類がたくさんあったので、今回の来店ついでに全て交換する事になりました。

順番に新車から3回目となるエアフィルターの交換を行い、油脂類としては同じく3回目のブレーキ液を交換し、最後に新車から7年で初めて行う冷却液の交換を行いました。
20150525_0220150525_03
冷却液は本来は鮮やかな緑色なのですが、ラジエターから7年振りに抜いた冷却液は黒20150525_04ずんだ深緑色でした。

また既に内部で腐食が始まっているようで、少し茶色味がかっているようにも見えました。

そして液量も減ってリザーブタンクの方には殆ど入っておりませんでした。

冷却液について
冷却液には不凍液(エチレングリコール)と防錆剤(リン酸塩系物質)の入った、LLC(ロングライフクーラント)と云うものを使用しています。

エンジンは真水で冷やしている訳では有りませんヨ!

真水は摂氏0度以下になると凍結し始め氷となり、真水が固体化すると体積が膨張してしまうため、ラジエーターやエンジンなどの破裂に繋がります。

このため不凍液を使用して凍結を防止しています。

また、この冷却液の循環する冷却通路には鉄やアルミの金属製品が使われています。

このため防錆剤使用して腐食を防止しています。

更には冷却効率を高める消泡剤(泡立ち防止剤)などが使用されいます。

このLLCも3~5年で劣化して、その効能は失われます。

また、ラジエター含む冷却通路には、錆や溜まった不純物が堆積して行き、ラジエターそのものの冷却効果を奪って行きますので、大事な愛車のエンジンを守る為にも定期的な冷却液の交換が必要になります。


新車で買って今まで一度も交換した事が無い!
中古で買ったバイクだから過去の整備暦が判らない!
など、思い当たる方は早めに交換お願いします。

| | コメント (0)

2016年5月24日 (火)

NEOTEC入荷!

<M尾くん>からヘルメットの注文が入りました。

今までのヘルメット「OGK」も3年くらい被ってますが、乗ってるバイクに関しても丁度3年を過ぎましたので、そろそろバイクも新車にお乗り換え頂く事となりました。

そのタイミングでヘルメットも新調する事になりましたが、肝心のバイクの納期が数ヵ月先になってしまいました。

20150524_011年前に大型免許を取った<M尾くん>が、この間に絞り込み選んだバイクは「Honda」でした。

その「Honda」は地震による熊本製作所の被害が大きく、生産復旧予定が8月中旬で出荷は9月以降になってしまいました。

うちの店も書き入れ時の大事な時期に、約半年は商売が出来ない状態となり、他に注文を頂いていたお客様からもキャンセルが続出でしたが、そんな事情を察して頂き<M尾くん>に限っては、9月以降まで待って頂ける事になりました。

20150524_02こんな時に何時も助けられるのが、長くお付き合いを頂いている古いお得意様方で、今回も<M尾くん>には大変感謝しております。

バイクの入荷は数ヵ月先になってしまいましたが、発注したヘルメットに関しては在庫があり、頼んだ翌日には入荷してまいりました。

<M尾くん>が今回選んだヘルメットは「SHOEI」の「NEOTEC」で、ご注文のバイクと同じ赤色系の「ワインレッド」でした。

納車までにお時間を頂く事になりますが、お詫びにヘルメットは少しお安くしておきました。
「Honda」からもお詫びに3万円分の洋用品クーポン券が出ますので、今暫くお待ち頂けますようお願い申し上げます。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年5月23日 (月)

AMAモトクロス開幕 & MotoGP Round6

AMAモトクロスはサクラメントで開幕しました。

「250MX」では、うちの次男と同じ1994年生まれの22才、
「ジョーイ・セバチ」がピンピンで両ヒート優勝でした。



MotoGPは「バレンティーノ・ロッシ」の地元でした。

予選では誰もがPole To Winでロッシが優勝と予想した事でしょう。

| | コメント (0)

2016年5月22日 (日)

CRF250Lタイヤ&チェーン交換

先日<S原さん>が自賠責保険の継続手続きに来店されました。

20150522_01久し振りの来店でしたので、何かバイクの方は診ておくところはないかお聞きしたところ、何もかもダメなようでしたので、本日あらためて来店頂き「CRF250L」の整備を行う事になりました。

<S原さん>とも古く15年以上はお付き合いを頂く大のお得意様で、この「CRF250L」は発売直後の2012年に、それまで乗って頂いてた「DR-Z400S」から乗り換えを頂いたものです。

今月で新車から早や4年が経ち、走行距離は2万5千キロを超えておりました。

2年前の1万3千キロの時点でも一度大がかりな整備を行っておりますが、それから1万キロ以上乗っておりますので、今回も足回りの消耗部品の交換などを中心に整備を進めて行きました。

先ずはタイヤからですが、この4年間は<S原さん>も100%通勤使用なので、もう少しロード寄りのタイヤも有りなのかなと思うのですが、やはり何れダートに走りに行きたいと思ったときのためにと、今回も今までと同じブロックタイヤのIRC(GP21/22)で交換いたしました。
20150522_02   20150522_03
次にドライブ・チェーンの交換を行いました。
20150522_04   20150522_05
タイヤは今回で2回目の交換でしたが、チェーンに関しては新車から2万5千キロを超えて初めての交換となりました。
20150522_06
こちらもスタンダード品で純正の前後スプロケットと対で交換いたしました。

20150522_07それからエアフィルターと点火プラグを交換しました。

エアフィルターは今回で2回目の交換でしたが、点火プラグに関しては新車から2万5千キロを超えて初めての交換となりました。

「CRF250L」に採用されている点火プラグは、一般プラグの約4倍という長寿命のイリジウムプラグが指定されているので、当店では2万キロを超えたくらいで交換をお勧めしております。
20150522_0820150522_09
20150522_1020150522_11
最後にブレーキ液も前後交換して今回の整備を全て終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年5月21日 (土)

FORESIGHTブレーキパッド交換!

20150521_011999年式「FORESIGHT EX」にお乗りのお客様から、整備の依頼が入りました。

この車両は当店で販売したものではありませんが、8年ほど前の走行距離1万8千キロくらの頃から当店で診させて頂いております。

20150521_02今回は3ヶ月ほど前にオイル交換でお越し頂いた際にお勧めした、点火プラグとエアフィルターの交換依頼と、ブレーキの効きも悪いようなので、ついでに診て欲しいと云う事でした。

点火プラグとエアフィルターは、前回の交換から1万2千キロ走っているので交換となりました。

ブレーキに関してはパッドが交換時期となっておりました。

新車から17年で走行距離7万4千キロ走るバイクですが、当店で交換したブレーキ・パッドは、フロントが6回目、リヤが3回目となりました。
20150521_03   20150521_04
今回もお客様が違和感を感じて直ぐに交換させて頂いたので、前後とも交換タイミングとしては絶妙な、丁度スリットの消えかかる手前の2.5mm残しくらいの交換となりました。

ブレーキ・パッドの使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい

| | コメント (0)

2016年5月20日 (金)

ファイター150タイヤ交換!

初期型「X’proFighter150」にお乗りのお客様から、タイヤの交換依頼がありました。

20150520_01この車両は当店で販売したものではありませんが、6年ほど前の走行距離を3千キロくらい走った頃から当店で診させて頂いております。

今回のタイヤ交換は、三ヶ月ほど前にエンジンオイルの交換で来店された際に、そろそろ交換時期に達するのでお勧めしていたものです。

20150520_02フロント側に関しては2万1千キロを超えた頃に一度交換しておりますが、随分持たせたようで4万3千キロを超えて今回の交換が2回目でした。

溝だけ見れば丁度スリップサイン(磨耗限度表示)が現れ始めた頃でしたが、やはりフロント側は段減りしますし、前回の交換から4年も経っているので、そうとう硬化してヒビ割れだらけになっておりました。

スリップ・サイン《磨耗限度表示》とは
20150520_03法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、タイヤ・トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的に使用不可となります。
(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)


リヤ側は今回で3回目の交換となりますが、こちら側も少し交換を伸ばし過ぎてしまったようでツルツルに減ってました。

タイヤは材質であるゴムの性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き徐々に固く硬化して行きます。

そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したり、内部からも劣化が進みますので、タイヤ溝が残っていても通常は3年毎の交換が推奨されています。

またゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低い時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願いします。


只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年5月19日 (木)

SuperCUBインナーラック取付!

2002年式「SuperCUB90Deluxe」にお乗りのお客様から、点検の依頼が入りました。

このお客様も年2~3回ペースで頻繁に起こし頂く方で、車両は当店で販売したものではありませんが、かれこれ6年以上のお付き合いを頂いております。

点検にも概ね1年毎には来て頂いておりますが、今回も1年ぶりに12ヶ月点検のご用命でお越し頂きました。

20150519_02定期的に点検を受けて頂いておりますし距離も乗ってないので、今回もエンジンオイルの交換を行ったくらいで、特に大きな不具合はありませんでした。

不具合はありませんでしたが、新車から14年ほど経つバイクなので、外装の樹脂製パーツが経年劣化で色褪せてきたので、今回はレッグシールドを新品に交換する事になりました。

レッグシールドを交換するついでに、オプションのインナーラック(小物入れ)も同時装着し、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年5月18日 (水)

RECALL!

ホンダとスズキのリコールでした。

ホンダは「TACT」の<改善対策>で、スズキは「レッツ4」の<サービスキャンペーン>でした。

<改善対策>は「リコール」のように保安基準不適合状態ではないが、安全上または公害防止上放置できなくなる恐れがあるものです。

<サービスキャンペーン>は、<リコール>や<改善対策>に該当しない商品性向上や品質改善を行なう場合に、バイク製造メーカーが国土交通省に通知をして対策を実施する制度です。
20150518_01   20150518_02
「TACT」は「燃料タンク」周りの不具合で、フューエルトレイの形状修正と、ステップフロアを対策品に交換する改善を行いました。
20150518_03   20150518_04_2
20150518_06「レッツ4」に関しては、エンジン燃焼室に発生するカーボンの堆積を抑える改善として、ファンカウリングにカバーを追加し、エンジン清浄剤を燃料タンクに注入する作業行いました。
またドライブベルトを耐熱性向上品に交換しました。

| | コメント (0)

2016年5月17日 (火)

DD50ドライブベルト切れ!

走行中にバイクが動かなくなったとの訴えで修理を頼まれました。

伺うとエンジンは掛かるようですが、やはり後輪が駆動してないようです。

バイクは「DD50」です。

20150517_01今回も状況からしてドライブ・ベルト切れに間違い無さそうでしたので、早速エンジン・カバーを外してみたところ、案の定ベルトが切れていました。

今回のお客様は当店には初めての方でしたので過去の整備歴は判りませんが、走行距離としては1万2千キロ弱の車両でした。

距離は少ないようでしたが2007年式の車両のようでしたので、少なくとも新車から6年以上経っている車両のようです。

20150517_02やはりドライブ・ベルトはゴム部品の性質上、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進み、
今回のように最後には必ず切れてしまうと云う事を改めて痛感いたしました。

ドライブ・ベルトはタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、今回のように出先でベルトが切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

今回のお客様は5月の夏日に十数キロバイクを押して当店まで辿り付いたそうで、大変な思いをしたそうですが、もっと遠くで止まってJAFなどのロードサービスを呼んだ場合は、それなりに高い料金が掛かりますし、切れたベルトがプーリーに巻き付き、ロックして急ブレーキが掛かり転倒などの事故に繋がる事もあり大変危険です。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)なベルトの交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2016年5月16日 (月)

F1#5 & WSB#6

昨日のモータースポーツも熱かった!

F1では第5戦スペインGPで歴史的記録が生まれた!

自動車免許を持たない史上最年少(18才)F1ドライバー「マックス・フェルスタッペン」が、「セバスチャン・ベッテル」が持っていた21才のF1最年少優勝記録を塗り替え初優勝しました。

WSB(World Superbike)では、今季MotoGPからWSBにスイッチした「ニッキー・ヘイデン」が、第6戦マレーシア大会の第2レースでウエットコンディションの中、初優勝を飾りました。

| | コメント (0)

2016年5月15日 (日)

PressCUBバスケットカバー

この法人様も今まで何台もバイクを納めさせて頂いてる大得意様で、当店ではこの法人様支店の「プレスカブ」を常時10台前後管理させて頂いております。

20150515_01今回お預かりした「プレスカブ」は当店で2009年に販売した車両で、納車してからちょうど7年が経ち今回で7回目の1年点検だったので、この度は新車から3回目の24ヶ月点検を実施させて頂きました。

新車から7年で走行距離は5万2千キロ近く走っておりますが、今までも年に2~3回は来店頂きメンテナンスをして頂いておりますので、今回も特に大きな不具合は発見されませんでしたが、いくつかの消耗部品が交換時期に達しておりましたので交換させて頂きました。

先ずはフロントのタイヤの交換からですが、ちょうどブレーキ・シューも交換時期でしたので、ホイールを脱着するこの際に一緒に交換する事になりました。
20150515_02   20150515_03
タイヤの交換は今回で新車から5回目になり、ブレーキ・シューは今回で2回目の交換とま20150515_04りました。

このあと点火プラグとエアフィルターを交換して、全ての点検・整備は完了となりましたが、最後に今回は新車から7年経ってボロボロになってしまった、フロントバスケットのカゴカバーも交換する事になりました。

当時(7年前)装着したものと同様のカバーは既に廃盤となっていたので、今回はインナータイプのカゴカバーになりましたが、作りも強度が上がっているようで、開閉も従来品のマジックテープ式からマグネット式になり、使い勝手も良くなっているようでした。
20150515_0520150515_06
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年5月14日 (土)

TZR250駆動系&ブレーキ整備!

エンジン慣らし中の「TZR250」は、あれから丁度半月経って270キロ走ってました。

ここまでは三個いちのエンジンも無事に問題なさそうでしたので、いよいよ駆動系&ブレーキの整備に着手いたしました。

先ずは駆動系からですが、ドライブチェーンとスプロケットを交換しました。

スプロケットはドリブン(後)側が販売終了で純正では手に入らなかったため、前後とも社外の「SUNSTAR」製のものを使い、後だけアルミ(超々ジュラルミン)スプロケットになりました。
20150514_01
丁数はスタンダードで、チェーンも「RK」のスタンダードで合せました。
20150514_03
この際にへたってガタの出ていたリヤ・ホイールのハブ・ダンパーも一緒に交換して、駆動系の整備は終了です。
20150514_02
次にリヤのブレーキ・キャリパーをOH(オーバーホール)をしました。

これはキャリパーのピストンにシールが噛み込んで固着し、制動時に異音とともに制動不良を起こしていたためで、キャリパーの分解清掃と共にピストン・シールとダスト・シールの交換を行いました。
20150514_04
シール類の劣化も酷かったですが、ピストン自体の汚れやサビも酷く、本来はピストン自体の交換もしたいところでしたが、今回は極力サビを落とし磨き込んで再使用する事になりました。
20150514_0520150514_06
いつの頃からかブリーダー・キャップが無くなっていたようで、長らくブレーキ液も交換してなかった事もあり、腐食と汚れでブリーダーの穴が塞がっておりましたが、これも何とか穴を通して無事にブレーキ液の注入とエア抜きも完了して、今回の整備は全て完了いたしました。

7万キロ以上走る30年以上前のバイクですが、ここまで来たらとことん乗り続けて欲しいと思います。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年5月13日 (金)

TODAY駆動ベルト粉砕!

「トゥディ」にお乗りのお客様からTELが有り、たぶんベルトが切れてしまった?ようなので・・・・と一報が入り、翌日バイクを持ってきてもらいました。

20150513_01お客様は近所にお住まいの方で、この「トゥディ」は2008年に当店で販売したものです。

新車から8年近く経ち走行距離も2万キロを超えていたので、2月にエンジンオイルの交換で来店された際にも早めのベルト交換を促しておりましたが、ついに今回2万2千キロを超えたところで切れてしまったようです。

なのでお客様も判っていたようで、走行中に異音が発した途端にバイクが止まり、エンジンは動いてはいるものの前に進まない状況に、直ぐにベルトが切れたと思ったそうです。

バイクをお預かりして早速エンジン・カバーを外してみたところ、案の定ベルトが切れていましたが、ベルトは切れてると云うよりバラバラに粉砕しておりました。
20150513_0220150513_03
修理は切れたベルトと同時に摩耗したウエイトローラーやスライドピースも一緒に交換して、その日の夕方にはお客様へお渡しする事が出来ました。

ドライブ・ベルトはゴム部品の性質上、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進み、今回のように最後には必ず切れてしまいます。

20150513_04またドライブ・ベルトはタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、今回のように出先でベルトが切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

今回のお客様は5月の真夏日に十数キロバイクを押して家まで辿り付いたそうで、大変な思いをしたそうですが、もっと遠くで止まってJAFなどのロードサービスを呼んだ場合には、それなりに高い料金が掛かりますし、切れたベルトがプーリーに巻き付き、ロックして急ブレーキが掛かり転倒などの事故に繋がる事もあり大変危険です。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)なベルトの交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2016年5月12日 (木)

IMPULSEタイヤ交換&ブレーキOH

当店には初めての方で、「IMPULSE」をご所有と云うお客様からタイヤ交換を頼まれました。

かなり長期に放置していた車両のようですが、車検が2007年に切れていたので、恐らく9年近くは乗ってなかったバイクのようです。

お客様は数キロ離れたところにお住まいでしたが、バイクは検切れで然も不動でしたので当然自走は無理と云う事で、当店で車両を引き取りに行ってきました。

伺うとお客様ご自身の手で何とか復活させて、また車検を取って乗ろうと思っているらしく、いろいろ手を付けていってるようですが、タイヤだけはご自身で交換できないと云う事で、この度当店に依頼されたそうです。

交換するタイヤは極力安価なものを希望されていたので、お客様と打ち合わせの上、PIRELLIの「SPORT DRAGON」を選んで差し上げ、無事に前後のタイヤ交換を終えました。
20150512_01   20150512_02
依頼された仕事はこれで終わりましたが、リヤのブレーキが効きっ放しで固着しちゃっていたので、この事だけはお伝えして出来上がりの連絡を入れました。

車両を引き取って来るときには既に判っていた事なのですが、その時はブレーキ・キャリパーを外して、何とか軽トラに積み込み引き取って来ましたが、このままでは少なくとも車検には受からない旨ご説明をしたところ、やはり追加でリヤ・ブレーキの修理も頼まれたので、引き続きブレーキのオーバーホール作業も行う事になりました。
20150512_03   20150512_04
ブレーキはゴム製パーツの劣化も酷かったのですが、金属製パーツの腐食も酷かったの20150512_05で、キャリパーとマスターの両方のインナーパーツを交換する作業となりました。

変形したシール類や汚れやサビの酷かったピストンも交換し、最後に新しいブレーキ液の注入とエア抜きを行い、今回の整備は全て完了いたしました。

車検までの間また何かありましたらご相談ください。
有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年5月11日 (水)

SPACY125エアバルブ亀裂!

「スペイシー125」にお乗りのお客様から、フロント・タイヤの交換を頼まれました。
20150511_01
さっそく交換作業に入りましたが、ホイールからタイヤを外す前に一旦タイヤから空気を抜こうとしたところ、空気を出し入れする所の「エア・バルブ」のゴム部分にパックリ亀裂が入っておりました。

間一髪エア漏れはしてないようでしたが、このままでは時間の問題なので、タイヤとエアバルブの両方を新品に交換させて頂きまし20150511_02た。

タイヤ同様にゴムで出来ている「エア・バルブ」もオゾンや紫外線の影響を受けて、徐々に劣化が進むと硬化して次第に亀裂などが生じます。

当店ではタイヤ交換時には必ず「エア・バルブ」の交換も勧めていますが、タイヤ交換毎もしくは3年毎くらいに交換して頂ければ、このような事もなく安心と思いますので、皆さんもヨロシクお願いします。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年5月10日 (火)

ハヤブサ車検

半年振りに<ア○さん>が来店されました。
20150510_01
<ア○さん>の顔を見て思い出しましたが、そうですね!今月はハヤブサの車検でしたネ。

<ア○さん>も忘れていたようで、満了日を4日後に控えて慌てて来店されたようです。

いきなりの来店でしたが、車検切れまで時間がないので、そのまま車両をお預かりしました。
20150510_02
前回の車検からは走った距離も僅かでしたが、一応2年毎にやってるブレーキ液の交換と、エンジンオイルも1年やってなかったので交換しました。

それからIF車の場合は点検や車検の時には必ず実施しているスロットルボディのクリーニングも行いました。

金曜日(5/6)にお預かりして昨日(5/9)車検を通し、<ア○さん>には本日の夕方バイクをお渡ししました。

「微糖の缶コーヒー」美味しかったですネ!
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年5月 9日 (月)

ちょっと走ってきました③

そろそろバイクに乗りたくて、1ヵ月ほど前には「TZR250R」を倉庫から引っ張り出していまし20150509_02たが、休みの日は毎週雨だったり仕事が入っちゃったりで、なかなかバイクに乗る機会を失っておりました。

今日の定休日こそバイクに乗ろうと決めてましたが、先週に続き<カズちゃん>は今日も車検場に行く事になりました。

休み返上で2週連続出勤の<カズちゃん>に気が引けて、一先ず20150509_01「TZR250R」で車検場まで付いて行くことにしました。

今日の車検は大きいバイク(ハヤブサ)なので軽トラの積み下ろしを手伝ったりして車検が終わるまで付き合ってから、私は単独バイクの旅に出かけました。

去年7月のモトクロス以来10ヵ月振りにバイクに乗りました。
公道は実に1年振りのバイクでした。

何処行く宛もありませんでしたが、昨晩観たMotoGPの興奮が、自然と足の向きを首都高へと向かわせました。

バイクって本当にいいですネ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

Sky wave250LTD整備!

このお客様も年3~4回ペースで頻繁に起こし頂く方で、かれこれ9年以上のお付き合いを頂いております。

20150508_01この「スカイウェイブ」は2011年に、それまで乗って頂いてた「マジェスティ」から乗り換え頂いたもので、今回は半年前に来店を頂いた際にお勧めしておいた、タイヤやブレーキ・パッドの交換でお越し頂きました。

リヤ・タイヤに関しては1万4千キロを超えた頃に1度交換しておりますが、今回のフロント・タイヤは2万2千キロを超えて新車から初めての交換でした。

タイヤの溝も無くなり掛けていましたが、新車から5年、ちょっと交換を引っ張り過ぎちゃったようで、酷くヒビ割れして危ない状態でした。
20150508_02   20150508_03
ブレーキ・パッドもフロント側は今回で2回目でしたが、リヤは今回が新車から初めての交換でした。
20150508_04   20150508_05
パッドの方は前後とも交換タイミングとしては絶妙な、丁度スリットの消えかかる手前の2.5mm残しくらいの交換となりました。
20150508_06   20150508_07
あとは油脂類の交換として冷却液やブレーキ液、エンジン・オイルの交換を行いました。

冷却液も新車から初めての交換でしたので、もう少し早めの交換が良かったようで、超真っ黒に汚れておりました。
20150508_09_2   20150508_10_2
当初はラジエター・キャップやドレンボルトの場所が直ぐに判らず少し慌てましたが、無事にエア抜きブリーダーの場所も探し当て冷却液の交換を終えました。

20150508_11   20150508_12
最後に今回で2回目の交換となる前後のブレーキ液と、新車から13回目のエンジンオイルの交換をして全ての作業を終えました。
20150508_1320150508_14
毎度有り難うございました。

| | コメント (0)

2016年5月 7日 (土)

AddressV125ハンドルスイッチ交換

「アドレスV125」にお乗りのお客様から、ウインカーが点かなくなったとの訴えがありました。

20150507_01この車両は2009年に当店で販売したものですが、新車から乗り出して5年目の1万5千キロを過ぎた頃から、キーシリンダーが壊れたりメーターが壊れたりの不具合が出始めました。

その後暫くは不具合も出ずに安定して乗って頂いてると思ったら、新車から7年目の2万5千キロを走ったところで、今度はウインカーのスイッチが壊れてしまったようです。

と云う訳でウインカー・スイッチの交換となりましたが、部品はウインカー・スイッチ単品ではとれず、左のハンドル・スイッチと右のスターター・スイッチのアッシー交換となりました。

ちょっと壊れ過ぎの感じもしますが、新車から7年も経ってるバイクなので仕方が無いのでしょうか?

| | コメント (0)

2016年5月 6日 (金)

マジェスティS 60th Anniversary

<主夫さん>から乗り換えの話があったのが、3月の終わり頃でした。

乗り換えと云っても<主夫さん>の「CRF250L」の方ではなく、奥様の方の「EPSILON」からの乗り換えを検討しているようで、150ccクラスのスクーターを希望されているようでした。

そう云えば1年ほど前から中古の「SEROW」を探して欲しいなどの話しがありましたが、当店でも中々良いものが探せず、結局は新車で購入を検討されたようです。

20150506_01当初は「PCX150」と「MAJESTY S」のカタログをお渡しして、足付性と取り回し易さで云えば「PCX150」の方が楽で、価格も安いのでお勧めしておりましたが、今後の使用目的として長距離の高速走行も視野に入れているようで、そう云った性能面では「MAJESTY S」の方に傾いているようでした。

去年の暮れに納車した<マルちゃん>の奥様の時もそうでしたが、この小さなバイク屋の当店には新車の店頭展示も在庫は無いので、今回も近所の大きなバイク屋さんへ行って頂き、そこで「PCX150」と「MAJESTY S」の実車をご覧頂き跨ったりして、十分に品定めして頂いたあと決まったのが「MAJESTY S」の方でした。

<主夫さん>の奥様は、過去に「SEROW225」→「SUPER SHERPA」→「EPSILON」と、長く250ccクラスを乗り継いで来られたベテランさんですので、私が心配していた足付性なんかは問題とせずに「MAJESTY S」の方を選んだようです。

最終的にご注文を頂いたのが2週間ほど前でした。
20150506_02   20150506_03
スタンダードモデルであれば即納でGW前にも間に合う筈でしたが、奥様の希望は「60th Anniversary」の限定モデルで、イエローボディのインターカラーでしたので、当初の納期は1ヵ月以上先となってしまいました。

20150506_04ところが急に納期が早まり先月末には車両が入荷して来てしまいました。

GW前には間に合いませんでしたが、無事に奥様へに「MAJESTY S」を納車させて頂きました。

<主夫さん>ファミリーとも20年以上のお付き合いと思いますが、この10年間でも今回で3台ものバイクをお買上げ頂きました。

こうして古くからのお客様にバイクを買って頂き、今回も本当に嬉しく思いました。

毎度!有難う御座いました。

詳しい商品情報は→こちら「MAJESTY S

20150319_03_3
スプリングセール開催中!

| | コメント (0)

2016年5月 5日 (木)

おみやげ-59

<親方様>から「熊本」土産が届きました。

半月ほど前に「MULTISTRADA」の点検でお越し頂いた際に云ってましたが、やはり今回もいち早く被災地へ行かれたようです。

<親方様>は5年前の「東日本大震災」の時もそうでしたが、今回も仕事(Logistics)の関係上、救援物資を積んで現地「熊本」入りしたようです。

ここから「九州」まで長旅大変ご苦労様でした。
20150505_01
そして「くまモン」土産ありがとうございました。

平成28年熊本地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

既にご案内の通り、本田技研工業(株)熊本製作所も、当該被災により生産活動を休止しております。

二輪車と一部補修部品につきまして納期が大幅に遅延しております。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


「ジョルノくまモン」バージョン好評発売中!
20150505_02
詳しくは→ Honda GIORNO
メーカー希望小売価格¥197,640(消費税抜本体価格 ¥183,000)

| | コメント (0)

2016年5月 4日 (水)

ZZR1100リヤサスOH

去年の暮れに車検をとった<ウミ坊主様>の「ZZR1100」です。

フロントフォークは車検毎にオイル交換を実施して来ておりましたが、気が付けばリヤサスに関しては9年間何もやっておりませんでした。
20150504_01
と云う事でその時にリヤサス「OHLINS」のOHも依頼されたのですが、この作業だけは少し時間が掛かりそうだったので、一旦ノーマルのリヤサスで乗っててもらって、その間に外した「OHLINS」のOH作業を進めて行く事になりました。

それから10日遅れくらいで作業は無事に終わり、あとはリフレッシュした「OHLINS」を車体に付け直して終わりの筈でした。

20150504_02ところが・・・・バイクの足がリフレッシュしたにも関わらず、今度は当のご本人<ウミ坊主様>のサスペンションが故障してしまいました。

遡る事4~5ヵ月前の話ですが、それから緊急オペが始まり入院してしまったので、何だかんだで2ヶ月くらいで退院したのですが、未だリンク部分の調子が悪いようなので、今回は<ヤス坊さん>に運転代行をしてもらい、バイクの足の方の交換に来てもらいました。

バイクの足は部品交換で治せますが、生身の体は簡単に部品交換とはいきませんので、皆さん(オジサン達)も気を付けてくださいね!

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年5月 3日 (火)

いわき登録

GWは10連休のところもあるそうですが、うちは今年も休まず営業です。

それどころか昨日の定休日も仕事でした。

さすがに店は閉めてましたが、私も<カズちゃん>も出勤して、先月末にご注文を頂いていたバイクの登録に走りました。
20150503_03_2
原チャリから250ccまで、排気量も違えば登録する役所も違うので、二人で夫々手分けして行いました。

<カズちゃん>には原チャリの廃車と登録で「大田区」の役所と、保険の車両入替で「川崎市」まで行ってもらいました。

私は250ccの廃車と登録で「川崎」の運輸局まで行ってから、そのあと同じ250ccの登録で「いわき」の運輸局まで走りました。

福島県の「いわき」には、「川崎」登録が終わったあと「羽田線」の「大師」入口から首都高に乗って、途中「小菅」あたりで渋滞にはまり「八潮」まで30分くらいかかりましたが、ひたすら「常磐道」を走り続けること3時間くらいかけて「いわき湯本」まで辿り付きました。

そこから更に30分ほどかけて「いわき」の運輸局に行ったつもりでしたが、なんと!そこでは250ccの登録が出来ないので、そこから30分ほどの所にある「軽自動車検査協会」の方へ行くように云われ、またUターンして走り時間ギリギリでしたが、なんとか無事に全ての登録業務を終えました。
20150503_0120150503_02
お待ち頂いてるお客様達には、これで予定通りバイクの納車ができそうです。

| | コメント (0)

2016年5月 1日 (日)

GROMレースベース車!

20160501_01ホンダ・レーシング(HRC)から、新型「GROMレースベース車」が5月下旬より発売。

予価35万円くらいとか?
だとしたら非常にリーズナブルで取っ付き易いカテゴリーなので、若者や初心者などのエントリーユーザーにも敷居が低く始められ易いのでは?

ワンメイクレース「HRC GROM Cup」も7月より全国のサーキットで開催予定のようです。

詳しくは → http://www.honda.co.jp/HRC/news/2016/images/20160422_GROMracebase.pdf

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »