« RV125i入荷! | トップページ | GROMレースベース車! »

2016年4月30日 (土)

TZR250エンジン焼付⑦

いよいよエンジンの組立ても佳境です。

腰上(ピストン、シリンダー)の組み立て作業に入りました。

先ずはオーバーサイズの新品ピストンに新品のピストン・リングを組み付け、ピストン・ピンもニードル・ベアリングも新品に換えコンロッドに組み付けました。
20160430_01
次にオーバーサイズ・ピストンに合わせボーリング済みのシリンダーを組み付けました。
20160430_02
最後にシリンダー・ヘッドを付けて腰上の組み立て完了です。
20160430_03
このあとクラッチ・カバーにウオーター・ポンプやオイル・ポンプを組み付け、右側クランク・ケースにクラッチ・カバーを取り付けました。
20160430_04
左側クランク・ケースにもジェネレーター・カバーを付けて、一先ずエンジン出来上がりです。
20160430_05
出来上がったエンジン下にサブ・フレームを付けて、ここでやっとメイン・フレームにエンジンが搭載になります。
20160430_06_2   20160430_07_2
車体にエンジンが載ったところで、エンジンにマフラーを付けたりキャブレターやエアークリーナーボックスを取り付けました。
20160430_10_2 20160430_08 20160430_09_2
念のため分解して洗浄しておいたキャブレターも同調をとったりして、オイルポンプや排気バルブ(YPVS)の調整も行いました。
20160430_11   20160430_12
最後にラジエターを付けて冷却液の注入とミッションオイルも注入して出来上がりです。
20160430_13
エンジン一発始動でアイドリングも安定、吹き上がりも良好のようです。

オイル・ポンプやラジエターのエア抜きを行い、ミッションオイルの量を点検して全ての作業を終えました。

エンジンの焼付いた「TZR250」をお預かりしてから、山あり谷ありで2ヵ月と云う長丁場となりましたが、なんとか無事に修理を終える事ができました。

おわり!

|

« RV125i入荷! | トップページ | GROMレースベース車! »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RV125i入荷! | トップページ | GROMレースベース車! »