« AddressV125シートキャッチ交換 | トップページ | D-TRACKERエンジン異音! »

2016年4月23日 (土)

TZR250エンジン焼付⑥

エンジンの焼付いた「TZR250」をお預かりしてから、紆余曲折あって2ヶ月近く経っちゃいましたが、やっと組立て作業に入りました。

腰上(シリンダー)側は排気バルブ周りを分解してカーボンを落とし、シリンダーヘッドはカーボン除去に加え、少しだけ燃焼室内をバフ掛けしておきました。
20160423_01   20160423_03
これはうちの<ユウくん>の手によるもので、ペーパーで磨いたあと数時間掛けて磨きました。

オイルシールやOリングを新品に換えて、排気バルブ(YPVS)の組込みも完了いたしました。
20160423_04   20160423_05
腰下(クランク)側も洗浄が終わり、無事にメイン(クランク)・ベアリングの打替(圧入)えも終わりました。
20160423_02_2
クランクシャフトやミッションに新品のオイルシールを装着し、ロア(下)・クランクケースにセットしました。
20160423_06
クランクケースの合せ面に液体パッキンを塗布して、ここでアッパー(上)・クランクケースを被せ、パッキンが固まらないうちに手早くボルトを突っ込みナットを付けて、規定トルクで締付け出来上がりです。
20160423_07   20160423_08
このあとエンジン左側のジェネレーター周りを組立て、右側のクラッチ周りは部品取りエンジンの最も良さそうな部品に交換し、吸気側キャブレターホルダーもガスケットを新品に換えながら、部品取りの一番良さそうなものへ交換しました。
20160423_09
次回いよいよ腰上(ピストン、シリンダー)の組立て作業に入ります。

続く・・・・・

|

« AddressV125シートキャッチ交換 | トップページ | D-TRACKERエンジン異音! »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AddressV125シートキャッチ交換 | トップページ | D-TRACKERエンジン異音! »