« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

TZR250エンジン焼付⑦

いよいよエンジンの組立ても佳境です。

腰上(ピストン、シリンダー)の組み立て作業に入りました。

先ずはオーバーサイズの新品ピストンに新品のピストン・リングを組み付け、ピストン・ピンもニードル・ベアリングも新品に換えコンロッドに組み付けました。
20160430_01
次にオーバーサイズ・ピストンに合わせボーリング済みのシリンダーを組み付けました。
20160430_02
最後にシリンダー・ヘッドを付けて腰上の組み立て完了です。
20160430_03
このあとクラッチ・カバーにウオーター・ポンプやオイル・ポンプを組み付け、右側クランク・ケースにクラッチ・カバーを取り付けました。
20160430_04
左側クランク・ケースにもジェネレーター・カバーを付けて、一先ずエンジン出来上がりです。
20160430_05
出来上がったエンジン下にサブ・フレームを付けて、ここでやっとメイン・フレームにエンジンが搭載になります。
20160430_06_2   20160430_07_2
車体にエンジンが載ったところで、エンジンにマフラーを付けたりキャブレターやエアークリーナーボックスを取り付けました。
20160430_10_2 20160430_08 20160430_09_2
念のため分解して洗浄しておいたキャブレターも同調をとったりして、オイルポンプや排気バルブ(YPVS)の調整も行いました。
20160430_11   20160430_12
最後にラジエターを付けて冷却液の注入とミッションオイルも注入して出来上がりです。
20160430_13
エンジン一発始動でアイドリングも安定、吹き上がりも良好のようです。

オイル・ポンプやラジエターのエア抜きを行い、ミッションオイルの量を点検して全ての作業を終えました。

エンジンの焼付いた「TZR250」をお預かりしてから、山あり谷ありで2ヵ月と云う長丁場となりましたが、なんとか無事に修理を終える事ができました。

おわり!

| | コメント (0)

2016年4月29日 (金)

RV125i入荷!

GW前の今月最後の入荷が「RV125i」でした。

このモデルも在庫少ないようで、なんとかGW前におさえる事ができましたが、今後の入手は難しくなってきそうです。
20160429_01
ご注文はお早めに!

***************************************************

ゴールデンウイーク期間(定休日除く)も休まず営業致します。

メーカー及び問屋によっては、4/29~5/8の期間で長期休暇に入りますので、
車両及び部品などの出荷が停止または遅れる場合があります。

注文・修理などには対応できない場合が御座いますので、
予めご了承頂き、お急ぎの場合は早めにご相談ください。

***************************************************

| | コメント (0)

2016年4月28日 (木)

VTR250ブレーキ整備!

1年ちょっと前から起こし頂くようになった「VTR」のお客様です。今回は、2月にオイル交換で来店された際にお勧めしておいた、フロントのブレーキパッドの交換でお越し頂きました。

このお客様の「VTR」は2009年式で2万8千キロ以上走っておりますが、新車から今までの7年間一度もブレーキ液を交換した事が無いらしかったので、今回のついでにブレーキ液も前後一緒に交換する事になりました。
20160428_01   20160428_02
パッドは裏の地金が薄っすら見え始めていたので、もう少し早めの交換が良かった感じでしたが、ブレーキ液に関しても流石に7年ものとあって、かなり吸湿しているようで茶褐色に変色しておりました。
20160428_0320160428_04
ブレーキ液は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

2016年4月27日 (水)

X-11車検!

GWも直前に近づき、それなりに忙しい感じです。

皆さんGW前には納車の希望でしょうから、買って頂いたバイクの登録や車検などで、ちょっと納期に追われている感じです。

そんなGW前の繁忙期に最後の車検として預かったのが、明日にも車検が切れると云う20160427_01「X-11」でした。

このお客様の「X-11」は前回2年前の車検も当店でやっていて、整備も行き届いている感じでしたので、急遽お預かりする事になりました。

なので今回も<カズちゃん>には休みを返上してもらい、車検場へ行ってきてもらいました。

GWは少しゆっくりできると良いのですが・・・無理でしょうね!

| | コメント (0)

2016年4月26日 (火)

MAJESTYスロットル作動不良!

20160426_01「マジェスティ」にお乗りのお客様から、スロットルの動きが悪いので診て欲しいと相談が有りました。

特にスロットルの戻し側に関しては、その握った手で意識的に戻さなければ、自然には戻らない状態でした。

20160426_02調整で幾分は良くなりましたが、スロットルの引っ掛かりや重さは変わらず、上から気休めで給油したところで回復しそうも無かったので、スロットルのケーブルを交換する事をお勧めしました。

走行距離は1万8千キロ程度の車両でしたが、2003年式の13年も前の古い「マジェスティ」でしたので、換え時だったと思います。
20160426_03
外装の殆ど全てを取り外す作業になる旨をお伝えしたところ、この際に序に交換できる消耗部品も交換するよう依頼されたため、今回はスロットルの引き戻し両方のケーブルに加え、パーキングロックのケーブルも一緒に交換する事になりました。

たかがケーブルの交換でしたが、ご覧の通り外装は丸裸になりました。

作業は3時間ほどを要しましたが、スロットル操作は大変スムーズになりました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年4月25日 (月)

Prince

先日(4/21)にお亡くなりになりました、
プリンスさんのご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2016年4月24日 (日)

D-TRACKERエンジン異音!

先日ブレーキ周りの整備を行った「Dトラッカー」ですが、実はエンジンの異音は既にその20160424_01頃から出始めておりました。

このバイクでこの音なので、カムチェーンテンショナーの問題なんでしょうから、また日を改めて来月にでも診る事になっておりました。

ところが状況はこのあと急変し、エンジン音が更に大きくなってきた事から、 そんなに悠長にしていられる状態ではなそさう20160424_02だったので、前倒しで緊急オペを始める事になりました。

テンショナーが効かずにカムチェーンが暴れて、カムチェーントンネル内を叩く音なんでしょうが、それにしても音が大きいようです。

さっそく作業に入りカムチェーンテンショナーを取外したところ、いつ20160424_03もは発するカチカチと云うラチェットの伸びる音がしません。

しかもテンショナーが引っ込んだままで、全く効いてないようです。

当初はワンノッチくらいテンショナーを押してあげれば治まるくらいに思っておりましたが、今回はテンショナーが完全に壊れているようでダメでした。

急遽カムチェーンテンショナーを取寄せて、新品に交換して問題は解決しました。

20160424_04「Dトラッカー」と云えば・・・・
ついに本年をもって「KLX250」、「Dトラッカー」が生産終了だそうです。
あれから23年、私の長いバイク屋人生の中でも最も感慨深いバイクでした。
両モデルとも最終モデルは初期型カラーでファイナルらしいですが、思い出が蘇る懐かしい色ですネ!

| | コメント (0)

2016年4月23日 (土)

TZR250エンジン焼付⑥

エンジンの焼付いた「TZR250」をお預かりしてから、紆余曲折あって2ヶ月近く経っちゃいましたが、やっと組立て作業に入りました。

腰上(シリンダー)側は排気バルブ周りを分解してカーボンを落とし、シリンダーヘッドはカーボン除去に加え、少しだけ燃焼室内をバフ掛けしておきました。
20160423_01   20160423_03
これはうちの<ユウくん>の手によるもので、ペーパーで磨いたあと数時間掛けて磨きました。

オイルシールやOリングを新品に換えて、排気バルブ(YPVS)の組込みも完了いたしました。
20160423_04   20160423_05
腰下(クランク)側も洗浄が終わり、無事にメイン(クランク)・ベアリングの打替(圧入)えも終わりました。
20160423_02_2
クランクシャフトやミッションに新品のオイルシールを装着し、ロア(下)・クランクケースにセットしました。
20160423_06
クランクケースの合せ面に液体パッキンを塗布して、ここでアッパー(上)・クランクケースを被せ、パッキンが固まらないうちに手早くボルトを突っ込みナットを付けて、規定トルクで締付け出来上がりです。
20160423_07   20160423_08
このあとエンジン左側のジェネレーター周りを組立て、右側のクラッチ周りは部品取りエンジンの最も良さそうな部品に交換し、吸気側キャブレターホルダーもガスケットを新品に換えながら、部品取りの一番良さそうなものへ交換しました。
20160423_09
次回いよいよ腰上(ピストン、シリンダー)の組立て作業に入ります。

続く・・・・・

| | コメント (0)

2016年4月22日 (金)

AddressV125シートキャッチ交換

1ヵ月ほど前からお越し頂くようになった、「アドレスV125」にお乗りのお客様から、シート20160422_01の締りが悪いとの訴えで修理の依頼がありました。

このバイクは2005年式で、走行距離が10万キロを超えてる車両なので、真っ先に「シートキャッチ」の損耗を疑い診たところ、やはり思った通りに爪が減って引っ掛かりが悪くなっておりました。

荷物をぎゅうぎゅう積めに入れている方や、油が切れて締りが悪くなっても、そのまま無理に使っている方に多い不具20160422_02合のようですが、流石に今回の場合は10万キロなので普通に摩耗しちゃったのでしょう。

一般的に早い方では4万キロ前後で同様の不具合が出てしまう車両もある中で、逆に云えば10万キロも使えたのはラッキーだったのでは?

「シートキャッチ」を新品に交換して修理完了しました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

YZF-R1タイヤ交換!

当店には初めてのお客様で、「YZF-R1」のタイヤ交換を頼まれました。

20160421_01近所にお住まいの方のようでしたが、最近こちらへ引っ越されて来たのでしょうか、他県ナンバーの「YZF-R1」でした。

ブレーキ、サス、ホイールに至るまで一通りカスタムされてる車両で、けっこう走り屋さんなんでしょうか?タイヤも端まで使い切っておりました。

タイヤは今までのと同じ「DIABLO SUPERCORSA」指定で、その日に交換も終わりお渡しさせて頂きました。

また何か御座いましたらお願いします。
有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年4月20日 (水)

Z1-125マフラー交換!

当店で2014年に販売したお客様の車両(Z1-125)ですが、なんと!今回が新車から1年6ヶ月振りの初来店でした。
20160420_01
忙しく中々バイクに乗れなかったようですが、やっと最近になって乗れるようになり、走行距離も500キロを超えたので起こし頂いたようです。

500キロとは云え、今まで何の整備もしておらず、1年半も経っておりましたので、今回は初回点検とエンジン・オイルの交換をさせて頂きました。

20160420_02それから、やっと本格的にバイクに乗れるようになり、お客様も心機一転したかったようで、今回はお客様のリクエストで、マフラーとへッドライトのカスタムも依頼されました。

マフラーはステンレス製のレーシング・イメージのマフラーを選び、へッドライトに関しては、ポジジョン・ランプのLEDの発色に合わせ、白さと明るさがベストバランスの高効率バルブへ交換してみました。

見た目はもちろん音もいい感じで、お客様にも満足頂けたようです。

| | コメント (0)

2016年4月19日 (火)

SEROW250タイヤ交換!

20160419_01半年ほど前から起こし頂くようになった、「セロー250」にお乗りのお客様です。

今回もエンジンオイルの交換でお越し頂きました。

20160419_02何時も来店頂いたお客様にはサービス行っているのですが、今回もオイル交換を行いながら軽くバイクの周りを診て差し上げたところ、フロントのタイヤが交換時期でしたので、こちらも一緒に交換する事になりました。

それから右側のタンデムステップが折れてたので、それも追加20160419_03で交換して全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年4月17日 (日)

トゥディ駆動ベルト破断!

バイクが動かなくなったと云う事で修理を頼まれました。
20160417_01
伺うとエンジンは掛かるようですが、やはり後輪が駆動してないようです。

またしても「TODAY」のベルト切れです。

今回のお客様は当店には初めての方でしたので過去の整備歴は20160417_02判りませんが、2010年式の車両のようで、メーターは2万キロを超えておりました。

なので当たり前に切れるべくして切れた感じのようでしたが、開けてみてびっくり!ベルトは切れてると云うよりバラバラに粉砕しておりました。

修理は粉砕したベルトと同時に摩耗したウエイトローラーやスライドピースも一緒に交換して、その日のうちに完成いた20160417_03しましたが、普通にベルトだけ交換する作業とは違い、粉砕したベルトがプーリーに噛んじゃっていたり、破片やダストがエンジンケース内に飛び散っちゃっていましたので、それを取り除いたり掃除するのが大変でした。

こうなると料金も普通にベルトだけ交換するより当然高くなりますので、そう云う意味でもドライブベルトは切れる前の予防整備として、定期的(2万キロ前後又は4年毎)な交換が必要です。

スクーターにお乗りの方で心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2016年4月16日 (土)

LiveDIOタイヤ亀裂!

タイヤから空気が抜けてしまうとの訴えがあり調べて診たところ、タイヤのサイドウォール20160416_01(側面)から空気が漏れていました。

バイクは2000年式の「ライブディオ」で古い車両でしたが、製造からまだ3年しか経ってないタイヤが装着されていました。

確かに3年も経てばタイヤは硬化(劣化)しヒビ割れも発生してくる時期ではありますが、こんなにパックリ割れるか20160416_02なぁ?と思いながら聞いてみると、この3年間一度もタイヤに空気を補充した事が無かったようです。

恐らく3年も空気を補充しなければタイヤはぺちゃんこになっちゃうので、状況から推測するとそのままタイヤが潰れた状態で、長くバイクに乗り続けたてしまった結果、サイドウォールに負担が掛かりパックリ割れちゃったんでしょう。

当然修理は不可能でしたので、新品のタイヤに交換して対応いたしました。

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

TZR250エンジン焼付⑤

20160415_01_23度目の正直と云う事で見つけて来たエンジンは、外見上は今までの中で一番いい感じでした。
問題が無ければ、そのまま組み上げる予定でしたが、流石にクラッチカバーくらいは外させてもらって、今後どうするかは、そこから見える状態によって判断する事になりました。

20160415_02前回までにクラッチ周りの点検まで終了しました。

クラッチもダメでしたがレリーズレバーも錆々で固着しちゃってたので、この部品も2機目のものを転用する事として、もう少し細かく外せる部品は外して点検をしてみたところ、クランクシャフト右側のオイルシールが溶けておりました。

またもやオーナーの<マルちゃん>に来てもらい、やはり3機目のエンジンもクランクケースを分割して、中身もちゃんと点検して組み上げる方向になりました。
20160415_03   20160415_04
20160415_05早速クランクケースを分割してみたところ、やはり診ておいて良かったようで、クランクベアリングにも錆が発生していて、回すとシャラシャラいってガタも出ているようでした。
   
これ以外は問題無さそうでしたので、ケース内はクランクシャフトのメインベアリングの打ち替えを中心に、劣化したオイルシール類の交換を行い組み上げる方向に決まりました。

そしてベアリングなど頼んでおいた部品が入荷して来ましたので、いよいよ折り返しエンジンの組み立て作業に入ります。
20160415_06
つづく・・・・

| | コメント (0)

2016年4月14日 (木)

リード110走行不安定!

「LEAD110」にお乗りのお客様からの訴えで、最近バイクに乗っていて特に旋回中に車体が不安定との事です。

このお客様には2012年に、この「LEAD110」を販売しましたが、今までもこんな感じで不具合が発生した時には来店頂いておりましたが、納車してからの4年間は特にバイクの点検や整備は行っておりませんでした。

なので真っ先にタイヤの空気圧を点検したところ、案の定!前後とも空気が全く入っておりませんでした。

そりゃあ空気が入ってなければパンクも同然なので、走行不安定になる訳ですが、それにも増して前輪タイヤは溝が無くなりツルツルでした。
20160414_01_2   20160414_02
後輪タイヤには空気を入れて規定圧に調整し、前輪はタイヤを新品に交換しました。
20160414_03   20160414_04
走行距離が1万キロを超えておりましたので、この機会にミッション・オイル、点火プラグ、エアフィルタも交換させて頂き、最後にエンジン・オイルも交換して全ての作業を終えました。
20160414_0520160414_06
まだ走行距離も1万キロ程度なので、もう少し定期的にメンテナンス(整備)して乗って頂ければ、まだまだ長く乗れると思いますので宜しくお願いします。

有難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年4月13日 (水)

TODAY駆動ベルト切れ!

「トゥディ」にお乗りのお客様からTELが有り、走行中にバイクが止まって動かなくなったとの連絡が入りました。

その日も終日スケジュールが埋まっており、直ぐに現場まで駆け付けられる状況では有りませんでしたが、この方も当店で取扱っているバイク保険に加入していたので、その保険に付帯のロードサービスを利用して、今回も現場からバイクを運んでもらう事になりました。

2時間ほどしてバイクが届きました。

改めて状況を伺ったところ、走行中に突然バチン!と異音が発した途端に、エンジンは動いてはいるものの後輪が駆動しなくなったそうです。

状況からしてドライブ・ベルト切れに間違い無さそうでしたので、早速エンジン・カバーを外してみたところ、案の定ベルトが切れていました。
20160413_01  20160413_02
修理は切れたベルトと同時に摩耗したウエイトローラーやスライドピースも一緒に交換して、その日の夕方にはお客様へお渡しする事が出来ました。
20160413_03   20160413_04
走行距離としては1万5千キロ弱の「トゥディ」でしたが、新車で購入を頂いてからは6年以上経っている車両です。

やはりドライブ・ベルトはゴム部品の性質上、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進み、今回のように最後には必ず切れてしまうと云う事を、改めて痛感いたしました。

ドライブ・ベルトはタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、今回のように出先でベルトが切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

今回のように保険に加入していれば良いですが、そうでなければロードサービスを呼んだ場合には、それなりに高い料金が掛かりますし、切れたベルトがプーリーに巻き付き、ロックして急ブレーキが掛かり転倒などの事故に繋がる事もあり大変危険です。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)なベルトの交換をお勧めいたします。心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2016年4月12日 (火)

RV200Iブレーキパッド交換!

当店で2011年に販売した「RV200i」のお客様で、この度は、新車から丁度5年が経つ事20160412_03から、24ヶ月点検のご用命で来店頂きました。

このお客様も年4~5回ペースで頻繁に起こし頂く方で、必ず1年に1回は定期点検を受けて頂いてるお得意様です。

今回で走行距離は3万2千キロを超えておりましたが、マメに整備されているバイクですので、点検の結果も特に問題はありませんんでした。

強いて言えばブレーキ・パッドが交換時期に達しておりましたので、前後とも新品に交換させて頂きました。
20160412_01   20160412_06
後側のパッドは今回で3回目の交換でしたが、前側は今回が新車から初めての交換となりました。
20160412_02   20160412_07
パッドが減る事で押し出されたピストンには、汚れがこびり付き腐食している場合も多いので、そのままピストンを押し戻してしまうと固着したり動きが悪くなる事があります。

そのためパッドを交換する場合は、何よりもこのピストン周りの清掃が欠かせません。
20160412_04   20160412_05
同様にスライドピンも分解して清掃し、各摺動部をグリスUPして動きを確かめ下準備終了です。

パッドの方もそのまま組み付けると引き摺りや鳴きの原因になりますので、ディスクローターとの初期馴染みを良くするために、接触面の当たり付で面取りなどをして組み上げます。

そんな感じで点検とパッド交換を終え、最後にエンジンオイルも交換して全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

全日本ロードレース開幕 & MotoGP Round3

先日(4/9)、全日本ロードレースが開幕いたしました。

今年から市販250ccを使用した「JP250クラス」が新設されました。

そして、あの<青木治親選手>が参戦!

10年ぶりのロードレースだったそうですが凄かった!



モトGP第3戦はアメリカS!

今回もライブで2日連続観戦しました。

アメリカステージに入ってからは放映時間帯は更に遅くなり、観終わった頃には明るくなっていました。

転倒車続出でした。

「Circuit of the Americas」は道が悪いんじゃない!?

| | コメント (0)

2016年4月10日 (日)

X’pro風50 6ヶ月点検!

去年の秋に当店で販売した「カゼ50」です。

新車から今月で半年が経ちましたので、6ヶ月点検とオイル交換で来店頂きました。

新車から半年なので、距離もやっと千キロを超えたくらいでしたが、安全に安心して長くバイクに乗りたいとの気持ちから、今までもちゃんと半年毎に点検をされてる方のようです。

エンジン・オイルを抜いてる間に、項目に則って各部点検を始めてゆきました。

最初に最も重要なタイヤの点検を行ったところ、後輪タイヤの空気圧が少し低い事が判りました。
20160410_01
もしやと思いタイヤを回してヒビ割れや異物が刺さってないか調べてみたところ、案の定タイヤのトレッド面に釘が刺さっておりました。

恐る恐るその釘を抜いてみたところ、やはり空気が抜けてきちゃったので、急遽修理を行い事なきを得ました。

やっぱり点検って重要ですよネ!

エンジン・オイルの交換も終わり、最後に各部の調整や増し締めを行い、仕上げで可動部や摺動部に給油をして全ての整備を終えました。

この調子でバイクを大事に乗ってあげでください。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年4月 9日 (土)

LEAD125納車!

20160409_03「LEAD125」の青が売れてます。

発売からそろそろ3年ほど経ちますが、未だ売れ行き好調の「リード125」です。

去年の6月にマイナーチェンジを受けてからは、特に新色の青色(エグザルテッドブルーメタリック)が良く売れてます。

旧モデルの「リード110」に対して125ccエンジン搭載の「リード125」は、「PCX125」でも採用の低フリクションエンジン「eSP」を搭載し、アイドリングストップシステムの採用20160409_02などで、「リード110」よりも更に低燃費で力強い出力特性を実現しています。

前回のマイナーチェンジでは、アイドリングストップシステムに電圧感知機能が追加されたり、バッテリーサイズも大型化されるなどの変更を受け、質感の向上や利便性、タフネス性が向上されました。

今回ご注文を頂いたお客様の場合も、やはりクラス最大(37L容量)と云われるシート下ラゲージボックスの大きさに、この「リード125」の魅力を感じたのが決め手のようでしたが、ポジションランプとテールランプに採用されたLEDなどの、高級感も購入動機の20160409_04_2一つだったようです。

このお客様とは、まだ5年くらいのお付き合いですが、今回の「リード125」で3台目のお乗り換えでした。

今まで以上に愛車のアフターサービスとバイクライフのサポートに尽くしてまいりますので、どうか宜しくお願いいたします。

毎度!有り難う御座いました。

詳しい商品情報は→こちら「LEAD125

20150319_03_3
スプリングセール開催中!

 

| | コメント (0)

2016年4月 8日 (金)

HORNETエンジンガード取付!

20160408_01「HORNET」にエンジンガードの取付を頼まれました。

このお客様は当店の近所にお住まいのようでしたが、当店には初めての方でした。

20160408_02お話しを伺ったところ、このバイクの実際の所有者は、バイクを持ち込んだ方の娘さんのようで、まだバイクを購入してから2~3カ月しか経っていないようでした。

ところが免許を取りたての娘さんは、まだ公道を走るのが不安なようで、バイクを買ってから一度もこの「HORNET」には乗ってないようです。

それを心配されたお父さんが、今回は親心でエンジンガードの取付を依頼されたようでした。

親子でガンバってください。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年4月 7日 (木)

D-TRACKERブレーキ交換!

20160407_01リヤ・ブレーキのディスク・ローターの交換を頼まれました。

2003年式の古い「Dトラッカー」でしたが、走行距離は2万キロを超えたくらいのようなので、ディスク自体が摩耗している訳でも無さそうでしたが、ディスクの一部分が焼けて変色しているのが気になっているようでした。

1年くらい前に中古で購入したバイクのようなのですが、もしや微妙に曲がっている事なども疑って、不安になってディスク・ローターの交換を依頼されたようです。
20160407_02   20160407_03
20160407_04ディスク・ローターが新品になるので、ブレーキ・パッドも新品に交換するよう頼まれました。

パッドの残量は残っておりましたが、せっかく真っ平らな新品ディスクに交換するのに、荒れたパッドでは忍びないので交換でした。

20160407_05ディスク・ローターの交換にはホイールの脱着が必要なので、この際にリヤ・タイヤも交換するよう頼まれました。

これも即交換が必要なほど減っていた訳ではありませんでしたが、交換時期は近かったので一緒に交換いたしました。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年4月 6日 (水)

MAJESTYドライブベルト交換!

「MAJESTY」のドライブベルト交換を頼まれました。
20160406_01
数カ月前に中古で買ったらしい2000年式の「MAJESTY」で、走行距離はメーター読みで2万キロを超えたところでした。

ブレーキローターの摩耗具合などからすると2万キロて事は無さそうでしたが、何れにしろ16年も前の古い車両なので、依頼通りにドライブベルトを交換させて頂きました。

20160406_02交換したベルトは思っていたほど劣化してなかったので、もしかしたら過去に1度くらいは交換してたのかの知れません。

ただウエイトローラーとスライドピースに関しては、何故か?けっこう摩耗していたので、ベルト一緒に交換させて頂きました。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

TZR250エンジン焼付④

前回までのあらすじ・・・

予備で持ってきて頂いたエンジンも、折れてるスタッドボルトが全く抜けそうもなかったので、生きてそうな中身(クランク)だけを利用して、外側(ケース)は元の焼き付いた方を使うと云う2個1方式で挑みましたが、結局こちら側もマグネットローターが全く抜けないと云う問題に阻まれ頓挫しておりました。

20160405_01また別の中古エンジンを探すか・・・でも状態の良いエンジンなんか出てこないでしょうし・・・・いっその事バイクそのものを乗り換えたら?

オーナーの<マルちゃん>も今回ばかりは諦めた感じでしたが、このまま断念するのか?どうするかは暫く検討して頂く事になりました。

あれから2週間ほど経った先日の日曜日の事。
<マルちゃん>から3機目のエンジンが届きました。

20160405_03_2・・・諦めてなかったようです。

今度のは外見上はいい感じです。

強いて言えばキャブレターホルダーのゴムが劣化してヒビ割れが酷かったのですが、これは3機中唯一焼き付いた方のエンジンのが生きてそうでしたので、それを転用する事としました。

20160405_02一応クラッチ側だけ外して点検してみたところ、スチールプレートが錆々でした。

もう少し程度の良いクラッチはないか、他のエンジンも分解して調べてみましたが、このクラッチより程度の良いものは有りませんでした。

唯一リフターだけは2機目のものが一番程度がよかったので、これだけ転用して他はどのクラッチも酷い状態で使えそ20160405_04うもなかったので、このクラッチを磨いて再使用してみる事にしました。

このあとエンジンの洗浄を行いながら、もう少し細かい点検を行ってみて問題がなければ、組み立てに必要なガスケット類の注文をしてゆく予定です。

| | コメント (0)

2016年4月 4日 (月)

全日本MX開幕 & MotoGP Round2

昨日、全日本モトクロスが開幕いたしました。

第1戦九州大会は、<成田選手>が「982」に戻ってピンピンでした。

フープスがズバ抜けて速かった!

IA1、IA2ともにホンダがヒート優勝でした。



モトGP第2戦はアルゼンチン!

今回も予選、決勝と2夜連続しっかり観ちゃいました。

決勝は昨晩と云うか今朝4時半頃まで観てました。

Moto3ではルーキーの<パウィ選手>がマレーシア人初優勝でした。

スリックタイヤにも関わらず、ウエットパッチに何度も振られながらもファステストを何度も叩き出しておりました。

スゲー奴が出てきたもんだ!

このクラスでもホンダが強くなってきました。

「Honda Team Asia」が勝って<TADY>も大変喜んでいました。

| | コメント (0)

2016年4月 3日 (日)

GYRO UP整備!

当店には初めてのお客様から、「GYRO UP」が持ち込まれました。

随分と使い古した感じの2ストの頃のモデルのようですが、あちらこちら 不具合も出ているようなので、修理も兼ねて一通りの整備をするよう頼まれました。

先ずはパーキングロックの作動不良からですが、こちらはロックの解除がうまく出来てないようでしたので、ケーブルを交換するとともにロックアームとの摺動部をグリスUPし、最後にパーキングレバー側とジョイントケース側の2箇所で調整を行い、問題は解決いたしました。
20160403_01   20160403_02
次に出ていた症状がエンジンの加速不良ですが、これはスロットルを開けても極度に加速が悪いようなので、マフラーを交換して二つ目の問題も解決いたしました。
20160403_03   20160403_06
同時に点火プラグとエアフィルターも点検させて頂きましたが、プラグの方は電極もかなり減ってしまい、その周りには石のようなデポジット(堆積物)がこびり付いておりました。
20160403_0420160403_05
フィルターに関しても材質のスポンジが劣化してボソボソに崩れかけておりましたので、両方とも新品に交換してエンジン周りの整備を完了いたしました。
20160403_07   20160403_08
足回りの整備としては前後のタイヤとブレーキ・シューの交換も頼まれておりました。

タイヤはかなり古いもののようで溝は幾分は残っていたもののヒビ割れが酷く、これを心配され交換を希望されたようです。
20160403_09   20160403_10
ブレーキ・シューに関しては、調整代はまだ幾分は残っているようでしたが、ホイールを脱着するこの機会なので同時に交換を頼まれました。
20160403_11   20160403_12
「GYRO UP」は3輪のスクーターなので後輪タイヤが2本交換になります。

後輪はノーマルの6インチタイヤが付いておりましたので、チューブも一緒に交換して完了しましたが、前輪に関しては2008年以降くらいの「GYRO X」用ホイールに換装してあったので、こちらは10インチのチューブレス・タイヤに交換して、2005年式「GYRO UP」の全ての整備を終えました。

有り難うございました。

また何か御座いましたら宜しくお願いします。

| | コメント (0)

2016年4月 2日 (土)

AddressV125ハンドルロック不能!

1ヶ月ほど前からハンドルロックの調子の悪い、<中長老様>の「アドレスV125」です。
20160402_01
キーシリンダーの調子が悪いらしく、一旦は給油などの処置をして様子をみてもらっておりましたが、一時的には良くなってもまた動かなくなるらしく、スペアの新品キーを使っても改善されませんでした。

20160402_02ホイールロックもお持ちのようですが、いちいち駐車する度に施錠するのは煩わしいとの事で、今回はキーシリンダーごと交換する事になりました。

9年前の2007年式「アドレスV125」で、走行距離は4万6千キロを超えておりますので、自然消耗と考えて良いのでしょうか?

もう少し長持ちして欲しい気もしますが・・・

<中長老様>!毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年4月 1日 (金)

NC750X 後タイヤ交換

20160401_01去年の3月に乗り換えて頂いた<テっちゃん>の「NC750X」も、あれから早いもので1年が経ちました。

走行距離も1万2千キロを超えたところで、後輪タイヤにスリップサイン(磨耗限度表示)が現れ始めたので、この度タイヤ交換となりました。

スリップ・サイン《磨耗限度表示》とは
法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、タイヤ・トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場20160401_02合、そのタイヤは法的に使用不可となります。
(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)

選んだタイヤは今回もミシュランの「PILOT ROAD3」でした。

このタイヤは過去に乗っていた「CB1300SF」、「NC700X」にも履いていて、ライフ性能も然る事ながら、あらゆる気象条20160401_03件下で十分以上の性能を発揮してくれたので、既に後継の「PILOT ROAD4」が発売されてはおりますが、今回も同じ「PILOT ROAD3」を選びました。

それに「PILOT ROAD3」の方がリーズナブルですしネ!

<テっちゃん>!毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »