« WSBK2016開幕! | トップページ | TZR250エンジン焼付! »

2016年3月 2日 (水)

AddressV125エンジン始動不能!

「アドレスV125」にお乗りと云うお客様から連絡があり、エンジン始動不能の訴えで修理依頼が入りました。

20160302_01バイクは2005年式の車両で、なんと走行距離は10万キロを突破しておりました。

何が起きてても不思議では無い距離を走っておりますので、エンジン本体に深刻な問題が発生している可能性も視野に調査を初めて行きました。

先ず最初にどんな感じなのかスターティング・モーターを回して診たところ、この段階でバッ20160302_02_2テリーは元気そうなのですが、モーター自体の動きが変でクランキングしない事が判りました。

モーターでクランキング出来ないばかりか、別件でキックスターターも壊れていたので、この段階でエンジンの圧縮テストが出来ない状況でした。

仕方ないので左右のエンジンカバーを開けて、クランクシャフトを直に手動で回して診たところ、ガタなどもなくスムーズに回る事が判りました。
20160302_03
と云う事でスターティング・モーター単体を外し分解して調べて診たところ、原因は単純でモーターのブラシがグチャグチャに破損しておりました。

コイル側も抉れるように減っちゃってましたので、リペア不能と判断しスターティング・モーターASSYの交換となりました。

20160302_04修理がで出来上がったので、お客様にバイクを引き取りに来て頂いた際に、お礼にと菓子折りを頂いちゃいました。

また何か有りましたらお願いします。
有り難うございました。

|

« WSBK2016開幕! | トップページ | TZR250エンジン焼付! »

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WSBK2016開幕! | トップページ | TZR250エンジン焼付! »