« Z1-125納車! | トップページ | GT125タイヤ交換! »

2016年1月28日 (木)

GT125エンジン不調!

1万6千キロほど走っている「GT125」ですが、3~4ヶ月乗らないでいたらエンジン不調のようです。

エンジンは時々掛けていたらしいので、始動性も良く走れるには走れるようなのですが、加速時に息つきするようです。

ここまでの症状などからキャブレター(気化器)の詰まりを疑い、分解して調べて診ましたが、そこそこ綺麗な感じでジェット類の詰まりも認められませんでした。

この段階で点火プラグが燻り真っ黒だったので、キャブレターを少し薄めに調整してみたところ、幾分は回復傾向になりましたが依然完調とまではなりませんでした。

何れにしろかなり濃い状態のようでしたので、キャブレターの油面を測定して診たところ、僅か1mmほどですが高い事が判明いたしました。

そこで今一度キャブレターのフロートを外し、フロート・バルブをチェックして診たところ、良く診ればバルブの先端にシートの食い込んだ摩耗痕が認められました。
20160128_0120160128_02
このフロート・バルブを新品に交換して、再度油面を測定して診たところ正規の高さに落ち付きましたので、改めてキャブレターをエンジンに組み戻したところ、ばっちりエンジンの息つきは解消されました。

ついでに新車から一度も行ってないエンジンヘッドのバルブ・クリアランスも調整して、全ての修理&整備を終えました。

毎度有難う御座いました。

|

« Z1-125納車! | トップページ | GT125タイヤ交換! »

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Z1-125納車! | トップページ | GT125タイヤ交換! »