« SuperCUBウインドシールド! | トップページ | HIJET タイヤ入替 »

2016年1月21日 (木)

PCX125ブレーキパッド交換

このお客様とも長いお付き合いで、この8年で3何台ものバイクを乗り換えて頂いてる大の20160121_01御得意様です。

この「PCX125」に関しては2014年に「LEAD110」から乗り換えて頂いたもので、この度は新車から5回目のオイル交換で来店頂きました。

20160121_02今回も頼まれたエンジン・オイル交換の合間に、何時も行っているサービス点検をして差し上げたところ、フロントのブレーキ・パッドが交換時期だったので追加でパッド交換も行いました。

新車から走行距離9千キロを越えたところで、初めてのブレーキ・20160121_03パッド交換となりました。

このお客様も定期的に来店される方なので、当店でも頻繁にチェックをして差し上げられた事もあり、交換タイミングとしては絶妙な丁度スリットの消えかかる手前の2.5mm残しくらいでの交換となりました。

ブレーキ・パッドの使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

|

« SuperCUBウインドシールド! | トップページ | HIJET タイヤ入替 »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SuperCUBウインドシールド! | トップページ | HIJET タイヤ入替 »