« スペイシー100エンジン始動不能! | トップページ | フェイズ24ヵ月点検 »

2016年1月 9日 (土)

溶接修理!

当店にはいろいろな修理が入りますが、その症状や訴え内容も多岐に渡り、修理の方法も様々です。

一般的には不具合部位の調整や部品交換で済む場合が多いのですが、時々どうしても部品交換ができない場合などには、その部品その物を修理して再使用する場合もあります。

20160109_0120160109_02今回は「FIGHTER150ZR」のキャリア修理と「PRESSCUB」のマフラー修理の依頼でしたが、共に部品交換をせずに溶接で修理を行い再使用できるようにしました。

キャリアの方はパイプが一箇所折れていましたが、既にこのキャリアが廃盤で新に入手する事ができず、新品交換が不可能だったので溶接して修理を行いました。
20160109_0320160109_04
マフラーの方はエキパイの一部が割れて排気漏れしていました。

こちらは部品交換が可能でしたが、新品で交換すると4万円近く掛かるし、僅か数センチの割れで新品交換は大袈裟過ぎるので、これも溶接して修理を行いました。
20160109_0520160109_06
金属部品の破損は殆どの場合が腐食かその部分に許容範囲を超える力が掛かったりが原因なので、破損部分を一時的に溶接修理しても再発する場合があります。

従って基本的には部品交換をお勧めしておりますが、今回の様な特殊なケースに限っては、時々ですが溶接などの修理も行っています。

何かお困りごと御座いましたら、
お気軽にご相談ください。

|

« スペイシー100エンジン始動不能! | トップページ | フェイズ24ヵ月点検 »

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペイシー100エンジン始動不能! | トップページ | フェイズ24ヵ月点検 »