« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

TODAYエンジン始動不能!

2002年式「トゥディ」の修理依頼です。

暖かい時期には全く問題が無かったそうですが、あの寒波が訪れた1月の中頃からエンジンの始動性が悪くなり、本当に寒い早朝などには全く掛からない状況のようです。

この修理を当店に依頼される前に、既に近所の2件のバイク店に修理を出したらしいのですが、全く直らなかったそうです。

1件目のバイク店ではバッテリーを交換されたようなのですが、それもこのバイク用のではない、むしろ始動性の低いバッテリーに交換されておりました。

2件目では点火プラグを交換されておりましたが、これも厳密に云えばこのバイク用のではないプラグに交換されておりました。

当店で調べて行ったところ、気温も10度近くあれば問題なく始動出来るようですが、5度も20160131_01下回ると全く始動出来ない状態に陥っている事が確認出来ました。

バッテリーも点火プラグも今回出ている症状とは全く関係がないようで、無駄に部品を交換されていたようです。

点火プラグの焼け方や出ている症状からして燃料が薄いようなので、燃料系統を中心にキャブレターを調べたり調整を試みましたが変化が有りません。

20160131_02バイイスターターの作動や二次エアの吸込みなども疑いキャブレター周りのゴム部品なども点検して診ましたが、決定打となるようなものは見つかりませんでした。

いろいろ試してもダメでそろそろネタが尽きる頃に、もう燃料系では無いんじゃないかなと思い始めたその瞬間!もの凄い直感でふとプラグ・キャップ?って込み上げて来たので、プラグ・キャップを新品に交換したところ直っちゃいました。

こうして何時もは経験的に判っている事でも直感では動かず、必ず理詰めで一ずつ納得しながら作業を進めて行く私ですが、今回は経験値を頼りに何とか修理を完了する事が出来ました。

| | コメント (0)

2016年1月30日 (土)

MTB整備①

暖冬も今年の初め頃まででした。
あとは猛烈寒波の到来で毎日寒い日が続いております。

この寒さにも関わらず、何故か?車両販売だけは好調でしたが、やはり客足は非常に少なく毎日暇な日々を過ごしております。
20160130_01
なので久し振りに自分の「MTB」をさわってみました。

去年の6月から封印していたチャリンコです。

それまでは毎日通勤で使っていたチャリンコですが、あれ以来は徒歩で通勤しておりますので、今では全く使わなくなったチャリンコです。

今回のテーマは、多摩川土手サイクリング用です。

もう今までのようにアスファフトの上を実用オンリーでは使わないのと、ダートでも1時間くらいは楽に走れるように整備を行いながら、幾つかのパーツも交換してみました。

久し振りに駐輪場から引っ張り出してみると、長く放置していたお陰で何者かに踏まれてサイドスタンドが内側へ酷く曲げられておりました。
そして久し振りに乗った途端に前ブレーキのケーブルが切れました。
20160130_02   20160130_03
と云う事で今回は先ず曲げられたスタンドの修理とケーブルの交換から始めました。
ケーブルは前に買い置きしていた在庫で丁度良いサイズのものがあったのでそれに交換し、スタンドは軽く修正で直ぐに直りました。

次にサドルを今までのものより幅広で厚みがあり且つスプリング付きでクッション性の高そうなものへ換装しました。
20160130_04   20160130_05
20160130_06最後に約6年も前に交換したきりヒビ割れだらけのタイヤを今までのアスファフト専用スリックタイヤから、扁平率の高い超ブロックタイヤにしてみました。

あとは壊れてシフトチェンジが出来なくなっているフロントのディレーラーを直せば完璧かな?

最近は夜な夜な多摩川を走るか歩くかチャリンコ乗ってますので、見かけたら声を掛けてください。

| | コメント (0)

2016年1月29日 (金)

GT125タイヤ交換!

このお客様も今まで当店で何台もバイクをお乗り継ぎ頂き、もう7年近くお付き合いを頂い20160129_01てる大のお得意様です。

この「GT125」に関しては去年の5月に「SPACY100」から乗り換えて頂いたもので、既に新車から8ヶ月で7千キロほど走りリヤ・タイヤが交換時期となったようで来店頂きました。

20160129_02このバイクの場合リヤ・タイヤに関しては、皆さん概ね9千キロ前後で交換しておりますが、このお客様の場合はちょっと走り方が違うのでしょうか?(笑) パワーの有るバイクなので走り方一つで持ちも違うのでしょうけど、タイヤ中央の溝は完全に無くなっており、かなり早めのタイヤ交換となってしまいました。

ついでに今回はにオイルも交換して全ての作業を終えました。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年1月28日 (木)

GT125エンジン不調!

1万6千キロほど走っている「GT125」ですが、3~4ヶ月乗らないでいたらエンジン不調のようです。

エンジンは時々掛けていたらしいので、始動性も良く走れるには走れるようなのですが、加速時に息つきするようです。

ここまでの症状などからキャブレター(気化器)の詰まりを疑い、分解して調べて診ましたが、そこそこ綺麗な感じでジェット類の詰まりも認められませんでした。

この段階で点火プラグが燻り真っ黒だったので、キャブレターを少し薄めに調整してみたところ、幾分は回復傾向になりましたが依然完調とまではなりませんでした。

何れにしろかなり濃い状態のようでしたので、キャブレターの油面を測定して診たところ、僅か1mmほどですが高い事が判明いたしました。

そこで今一度キャブレターのフロートを外し、フロート・バルブをチェックして診たところ、良く診ればバルブの先端にシートの食い込んだ摩耗痕が認められました。
20160128_0120160128_02
このフロート・バルブを新品に交換して、再度油面を測定して診たところ正規の高さに落ち付きましたので、改めてキャブレターをエンジンに組み戻したところ、ばっちりエンジンの息つきは解消されました。

ついでに新車から一度も行ってないエンジンヘッドのバルブ・クリアランスも調整して、全ての修理&整備を終えました。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年1月27日 (水)

Z1-125納車!

「Z1-125」は発売から3年近く経ちますが未だ人気は衰えず、当店では「LEAD125」、「CYGNUS」を凌ぐ売れ行きで、大変好評を頂いております。
20160127_01_2
半年ほど前にはボディカラーの変更を受けてマイナーチェンジした「Z1-125」は更に製品魅力が向上し、当店では特に今回入荷したボディカラー「マッドグレイ」がバカ売れで入荷が間に合わない状況です。

大変お待たせ致しましたが、なんとか月内に数台入荷してまいりました。
残り僅かで御座いますのでご注文はお早めに!

「Z1-125」は車名に「Z」の名を付けるだけあって、リーサルウェポン(最終兵器)的位置づけらしく??125ccクラスでは最大級の馬力を備えたハイスペックマシンです。
非公式データー(噂)ながら、このクラスの中では断トツに速いらしいですヨ!?
20160127_02   20160127_03
実車は多機能高機能が満載で、高級感たっぷりのハイクオリティーが随所に投入されたモデルです。
20160127_04
「GT125」でも採用されていたデジタルマルチメーター(速度計・回転計・燃料計・走行距離・時計をスイッチ操作で切替可能)やメインキー操作でキャップが自動開蓋するワンプッツシュ・ガソリン給油口にワンタッチ・シート・オープナー、盗難やイタズラを抑止する盗難抑止点火カットスイッチもそのままに、「Z1-125」ではフロントにLED搭載のV型アイラインやテールランプにもLEDを搭載しました。

SYM《 Z1-125 》 
「走行距離無制限2年保証付き、迅速なパーツ供給で安心です。」
通常価格:\266,000(税込本体価格:\287,280)
↓↓↓↓↓↓↓
な、なんと
爆安3万円引き!

何年かに一度の買いチャンスです。
ぜひ!買い損じの無いよう、お求めはお早めに!!

↓↓↓↓↓↓↓
大特価!¥236,000
(税込本体価格\254,880)
(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)

SYM製品のご用命は、取扱ディーラーの当店「ファンホールズ」で!
ご注文お待ち申し上げます。

詳しい商品情報は→こちら「Z1-125

Winter_sale_2
★ウインターセール開催中!

| | コメント (0)

2016年1月26日 (火)

Dakar Rally 2016

ダカールラリーは、今年も「KTM」が優勝!

| | コメント (0)

2016年1月24日 (日)

SPACY100ブレーキ液交換

このお客様は7年ほど前から時々お越し頂いておりますが、年間でも5~6百キロ程度し20160124_01か走らない方のようで、2006年式の「SPACY100」にも関わらず、未だトータル走行距離は7千キロにも満たず、今回も1年半振りの来店でした。

今日はエンジンオイルの交換依頼で起こし頂きましたが、久し振りの来店なので調べさせて頂いたところ、前回の交換から6年近くブレーキ・フルード(液)を換えてなかったので、こちらも追加で交換させて頂く事になりました。

長い間交換していなかったブレーキ・フルードは真っ黒に汚れ、かなり吸湿し粘土も増しているようでした。
20160124_0220160124_03
ブレーキ液は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

2016年1月23日 (土)

ZOOMERスタンドブラケット交換2回目

当店で4年前に新車で販売した「ZOOMER」です。
20160123_01
またスタンドのブラケットが破損しました。

走行4万キロを超えたところで新車から2回目の破損でした。

最初の破損は新車から2年目の2万5千キロに到達する頃で、その時はブラケットだけでなくセンタースタンド本体やシャフトまで損耗してしまい、それら3点を新品に交換しましたが、辛うじて今回はブラケットの破損だけで済みました。

20160123_02このお客様はこの「ZOOMER」を仕事に使っておりますが、重い荷物を満載に積込み毎日走り回っており、仕事柄駐停車も多く、なんと一日100回くらいは、スタンドの上げ下げを行う方なので消耗も激しいようです。

20160123_03当店もお客様の使い方を心得た上で、ここの取付ボルトにスプリングワッシャーを追加したり、ねじロックを施すなどの対策を講じ、オイル交換などで来店される際には、必ずボルトの増締めを行うなどをしておりましたが、やはり持たせる事が出来ず壊れてしまいました。

ただ今回はスタンド本体やシャフトの方の損傷を防げたようなので、今後も定期的な点検とボルトの増締は行ってゆきたいと思います。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年1月22日 (金)

HIJET タイヤ入替

今日は開店前にクルマのタイヤ交換を行いました。
20160122_01
予約を頂いていた<監督様>の社用車「HIJET CARGO」です。

丁度1年前に交換したスタッドレスタイヤですが、これは一旦シースンオフにノーマルタイヤに戻しておりました。
20160122_02
東京は土日にでも最強寒波が襲来のようだったので、今年も雪が降る前にスタッドレスタイヤに交換する事になりました。

倉庫から一年間お預かりしていたスタッドレスタイヤを持って来て、この為に<監督様>より寄贈されたクルマ用の大型油圧ジャッキも準備してお待ちしておりました。

20160122_03時間通りに<監督様>が来店され、さっそくタイヤ交換を行いました。

今までのパンタグラフのきゃしゃなジャッキと違い、一揆に車体を安定して持ち上げられタイヤ交換も楽に早く終える事ができました。

<監督様>毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年1月21日 (木)

PCX125ブレーキパッド交換

このお客様とも長いお付き合いで、この8年で3何台ものバイクを乗り換えて頂いてる大の20160121_01御得意様です。

この「PCX125」に関しては2014年に「LEAD110」から乗り換えて頂いたもので、この度は新車から5回目のオイル交換で来店頂きました。

20160121_02今回も頼まれたエンジン・オイル交換の合間に、何時も行っているサービス点検をして差し上げたところ、フロントのブレーキ・パッドが交換時期だったので追加でパッド交換も行いました。

新車から走行距離9千キロを越えたところで、初めてのブレーキ・20160121_03パッド交換となりました。

このお客様も定期的に来店される方なので、当店でも頻繁にチェックをして差し上げられた事もあり、交換タイミングとしては絶妙な丁度スリットの消えかかる手前の2.5mm残しくらいでの交換となりました。

ブレーキ・パッドの使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

| | コメント (0)

2016年1月20日 (水)

SuperCUBウインドシールド!

年末に納めた「スーパーカブ50プロ」のお客様から、オプションの「ウインドシールド」と「ビ20160120_01ジネスボックス」に「バスケットカバー」の取付を頼まれました。

「ビジネスボックス」と「バスケットカバー」に関しては、今までお乗り頂いていた「プレスカブ」のものが使えそうだったので、それを移設して再使用する事になりました。

20160120_02「ウインドシールド」に関しては形状が全く異なっており、「プレスカブ」のものが移設が出来なかったので、「スーパーカブ50プロ」専用のものを新規で取寄せ装着いたしました。

毎日お仕事で走り回っているお客様ですので、これだけ寒くなって来ると流石に風防「ウインドシールド」は欲しくなりますよネ!

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年1月19日 (火)

TODAYタイヤ交換

「トゥディ」にお乗りのお客様から点検の依頼がありました。

20160119_02このお客様の「トゥディ」は当店で2012年に販売したもので、丁度この1月で新車から4年が経ちました。

本来ならば新車から4回目の点検の筈でしたが、去年は点検を受けていなかったようでしたので、実質は新車から3回目の点検と云う事で、今回は24ヵ月点検の実施となりました。

この4年でトータル距離は9千キロ弱走っておりましたが、最後に行った前回の点検からは4千キロ以上も走っておりました。

20160119_01なので案の定オイルも減ってかなり汚れていましたので、先ずはエンジン・オイルの交換から行いました。

次に足回りを診たところリヤ・タイヤがツルツルでした。

フロント・タイヤに関しては未だ溝は残ってはいるものの、流石に4年と云う月日は長かったようで、経年劣化によるヒビ割れが多発しておりました。

追加で前後共タイヤを交換し、2年振りにリフレッシュした「トゥディ」でした。

毎度有難う御座います。

タイヤは材質であるゴムの性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き徐々に固く硬化して行きます。

そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したり、内部からも劣化が進みますので、タイヤ溝が残っていても通常は3年毎の交換が推奨されています。

またゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

本格的な寒波の到来前に、危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願いします。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年1月18日 (月)

David Bowie

先日(1/10)お亡くなりになりました、<デビッドボウイ>さんのご冥福をお祈りいたします。

<デビッドボウイ>と云えばアルバム「Let's Dance」がヒットしましたが、「Let's Dance」と云えば、未だご健在の<ナイル・ロジャース>を思い出します。



そして既に20年前に東京でお亡くなりになった、誰よりも私の大好きだったBassist<バーナード・エドワーズ>を思い出します。

この歳になると若いころ憧れだった人達が、少しずついなくなっちゃうのが寂しいですネ!

| | コメント (0)

2016年1月17日 (日)

FUSIONブレーキ液交換

20160117_01「FUSION」にお乗りのお客様から点検を頼まれました。

この車両は当店が2010年に中古で販売したものですが、こうして欠かさず半年毎に点検を実施して頂いているので、25年以上も前のバイクにも関わらず未だ故障知らずで、快適に乗って頂いております。

20160117_02今回も12ヵ月点検のご用命でお越し頂きましたので、項目に則って各部を点検させて頂きました。

4万キロ近く走る車両ですが、点検以外にも年平均で3~4回は来店を頂き整備している車両なので、特に問題となる不具合は発見されませんでしたが、今回はブレーキ・フルード(液)とミッション・オイルが交換時期に達しておりましたので、それら油脂類の交換が追加となりました。

ミッション・オイルは前回の交換から1万2千キロ近く経ちますが、エンジン・オイルとは異なり、それほど汚れている感じではありませんでした。
20160117_0320160117_04
ブレーキ・フルードに関しては、前回の交換から丁度2年経ちますが、けっこう汚れておりました。

トータル4万キロ近く走る1990年式の「FUSION」ですが、この調子で定期的にメンテナンスして頂ければ、まだまだ長く乗れると思いますのでヨロシクお願いします。

毎度有難う御座いました。

ブレーキ液は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

2016年1月16日 (土)

SPACY100異音!

4万7千キロ近く走る2006年式の「スペイシー100」です。
20160116_01
このバイクも新車からそろそろ10年近くが経ち、当初はいろいろとトラブルを抱えていたようですが、このお客様がその問題解決を頼って初めて当店にお越し頂いたのが、ちょうど1年くらい前の去年2月頃の事でした。

20160116_09当店からは遠くにお住まいにも関わらず、その後も何度かお越し頂き、ブレーキやタイヤなどの足回り関係を中心に整備をやらせて頂いております。

今回の来店はエンジンからの振動と異音の訴えです。

そもそも当店に初めて来店された1年前から判っていた事がありました。

お客様はその頃に他店で駆動系の殆ど全てのパーツを新品に交換する整備を行ったらしいのですが、どうもそれ以降から加速が悪くなったとの相談が有ったので、当店で一度一通り駆動系を点検した事がありました。
20160116_0220160116_03
20160116_04その時点で既に判っていた事なのですが、その頃から既にドライブフェイスのボス穴が磨耗しガタが生じておりましたので、当初より早目の修理をお勧めしておりましたが、あれから修理をせずに1年経ち3千6百キロ近くも走っていたようです。

そんな事や出ている症状からして、ついにドライブフェイスが破損したんじゃ?と直感し、早速エンジンカバーを外して駆動系の点検を行ったところ、やはりドライブフェイスのボス穴は更に大きく広がってガタガタになっておりました。
20160116_05   20160116_06
20160116_07挙句はドライブフェイスの軸がガタガタに偏心して動いていたので、ウエイトローラーも破損しベルトも激しく損耗しておりました。

クラッチシューなどもそこそこ減っておりましたので、結局今回も駆動系の殆ど全てのパーツを新品に交換する修理となってしまいました。
20160116_08
ここまで来たら目指せ10万キロ!まで長持ち出来る様に、当店でもサポートさせて頂きたいと思います。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年1月15日 (金)

JOG APRIOブレーキ修理!

先月エンジン不調で修理したばかりの「ジョグアプリオ」です。

20160115_01その時はマフラー詰まりが原因でマフラーを新品に交換したのですが、今度はリヤ・ブレーキがおかしな事になっているようです。

当初からエンジン以外にもあちらこちら故障だらけで、しかも超古い1994年式の「ジョグアプリオ」でしたので、その時もお乗換が得策との提案もさせて頂きましたが、結局はお客様の意向で数万円もかけて修理したばかりでした。

20160115_02ブレーキはそもそも効きが悪く変な異音も出ているようなんですが、ブレーキ・レバーを握っても戻らず引き摺りも出ているようでした。

ブレーキ・ケーブルが固着して動いていないようでしたので、ブレーキの戻りや作動の悪い原因はここに有るとみて、先ずはブレーキ・ケーブルを交換してみる事にしました。

20160115_03次にブレーキ・シューに関しても調整代が全く無くなっておりましたので、ブレーキ内の点検ついでにシューも換える事にしました。

ブレーキ・ケーブルの交換が終わったので、次にリヤ・ホイールを外して見たところ・・・・びっくり!

ブレーキ内部は今まで見た事も無いくらい真っ赤々にサビていて、ここまで減って無くなっているシューを見るのも初20160115_04めてでしたが、ホイール内側のドラムも尋常じゃないくらい損耗しておりました。

それどころか過去に変な修理をした形跡が見つかりました。

一度ブレーキ・シューのリターン・スプリングが折れたようなのですが、そのスプリングを換えずに変な鎖状のワイヤーで結束してありました。
20160115_05
これでこの一連の不具合の発生している全ての原因が判りました。

ケーブルの固着も一つの要因ではありましたが、正規のリターン・スプリングが入っていなかったので、ブレーキが戻らなかったり作動不良を起こしていて当たり前の状態でした。

ブレーキのケーブルとシューにスプリングも交換して、本来はリヤ・ホイールも要交換なのですが、予算的なものもお有りのようでしたので、今回は極力ドラム内側のサビの除去と研磨を行い修理を終えました。

| | コメント (0)

2016年1月14日 (木)

発電機オイル交換!

20160114_01先日のサーキット走行会での出来事でした。

<キタさん>&<マル2さん>組がタイヤウォーマー用に、去年の3月から使っている発電機の調子が悪いようで、時々エンストするようになりました。
20160114_02
状況からしてオーバーヒートくらいしか考えられなかったので、一先ずエンジンオイルの量を測ってみたところ、やはり殆ど入っておりませんでした。

恐らくはこれが原因でエンストが多発していたんだろうと思います20160114_03が、マニュアルでは100時間運転毎にオイル交換すればOKのように書いてありました。

まだ使い始めて7回目で20時間程度しか使っておりませんでしたが、今後はもう少しマメにオイル量の点検と交換を実施しないとダ20160114_04メなようです。

オイル交換の手順としてはバイクとは少し異なり、排出専用のドレンとかが無いようで、直接フィラーキャップの所からオイルの排出と注入を行いました。

オイル量も少なく250ccくらいしか入りませんでした。

おわり!

| | コメント (0)

2016年1月13日 (水)

X’pro風50オイル漏れ!

オイル漏れの訴えで「カゼ50」にお乗りのお客様が来店されました。

20160113_01このバイクは当店で2012年に販売したものですが、オイル交換くらいのメンテナンスはご自身でやる方のようで、今までも当店には殆ど来店せず今回も3年振りくらいの来店でした。

さっそく診てみると、どうもエンジン左側のエアークリーナーボックスの下の方からオイル漏れしているようです。

このバイクに限りませんが、今時のバイクで普通にメンテナンスして普通に乗っていれば、オイル漏れするバイクなど極めて20160113_02少ないので、やはりこう云う場合は、お客様がオイル交換を行った時のオイルの入れ過ぎを疑ってしまいます。

と云う訳で真っ先にオイル量を調べて診ると、案の定オイルは口元まで溢れんばかりに並々入っておりました。

規定量を遥かに超えてオイルを入れてしまったため、エンジン内で内圧が掛かった時に行き場を失ったオイルが、エアークリーナーボックスの方へ噴出したようです。

20160113_03オイルを規定の量に入れ直し、油濁したエアークリーナーボックスを洗浄して作業を終えました。

こうなると単にオイル漏れするだけでなく、その漏れたオイルでタイヤが滑って転倒したり、エンジン自体を壊してしまう事もあります。

お客様ご自身でオイル交換する方に有りがちなパターンですが、年に数回はこう云う訴えで来店されるお客様がいます。

たかがオイル交換とお思いでしょうが、オイル量は少な過ぎても多過ぎてもダメで、丁度良い規定量を注入するのはそれなりに難しいと思います。

廃油処分などの手間も掛からないし、バイク屋さんに頼めば安心と思いますので宜しくお願いします。

| | コメント (0)

2016年1月12日 (火)

FAZE整備!

昨日今日と二日続けて「フェイズ」の整備が入りました。

20160112_00_2こちらの「フェイズ」は年末にリヤ・タイヤを交換した車両ですが、このお客様は遠く小田原の方にお住まいのお客様なので、なかなか来店頂く機会がなく先日は久し振りの来店でした。

なので久しくまともな整備をしていなかったので、距離や時間で定期交換を行う消耗部品や油脂類の交換が疎かになっておりました。

去年は年末もギリギリの来店だったので、年が明けて改めてお越し頂き、念入りにバイクの整備をさせて頂く事となりました。

エンジン・オイルの交換は年末にタイヤ交換と一緒にやっておりますので、油脂類として今回はミッション・オイルと前後のブレーキ・フルード(液)の交換を行いました。
20160112_0120160112_02
4万3千キロ近く走る「フェイズ」ですが、ミッション・オイルもブレーキ・フルードも新車から今回で2回目の交換でした。

どちらも交換時期をだいぶ過ぎておりましたので、かなり汚れて真っ黒になっておりました。

20160112_03基本2万キロ毎に交換の点火プラグも今回で新車から2回目の交換となりました。

こちらは順当な交換時期でしたので極端な損耗はありませんでしたが、1万キロ毎に交換のエアフィルターは今回で新車から3回目の交換で、ちょっと間が空き過ぎてしまったので酷く汚れている感じでした。
20160112_04   20160112_05
最後に新車から一度もやった事の無かった駆動系の整備を行いました。

距離的にドライブ・ベルトは問答無用に交換させて頂く事として、その他各部を点検した結果クラッチシューも酷く損耗していたので、ドライブ・ベルトなどと共に一式交換させて頂き全ての作業を終えました。
20160112_06   20160112_07
遠くにお住まいなので仕方ないのですが、もう少しマメにメンテナンスを受けて頂ければ、まだまだ長く乗れるバイクと思いますのでヨロシクお願いします。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年1月11日 (月)

2016SUPERCROSS開幕

AMAスーパークロスが開幕しました。

第1戦は今年もカリフォルニア州アナハイムからで、
やはり「KTM」と「Husqvama」の速さが際立った開幕戦でした。

いろんなカテゴリーで少しずつ圧巻してきている「KTM」
レースの世界だけでなく日本のバイクメーカーにとっては脅威ですネ!

| | コメント (0)

2016年1月10日 (日)

フェイズ24ヵ月点検

20160110_01このお客様も9年近くお付き合いを頂いてる方で、今まで何台ものバイクを購入頂いてる
大の御得意様です。

この「FAZE」に関しては2012年に乗り換えて頂いたもので、この度は新車から3年目の1年点検で24ヵ月点検のご用命で来店頂きました。

20160110_02今回の来店で走行距離は2万5千キロを突破しておりましたが、この方も日頃から頻繁にお越し頂きメンテナンスを依頼される方なので、今回の点検でも特に不具合などは発見されませんでした。

強いて云えばエアフィルターが交換時期に達していたのと、リヤのタイヤが減って溝が無くなりかけていたので交換したくらいで、新車から3年経っても未だ新車時のようなコ20160110_03ンデションを維持して頂いておりました。

フロントのタイヤは過去に1回しか交換しておりませんが、リヤ・タイヤは今回で2回目の交換となりました。

スリップ・サイン(摩耗限度表示)も消えて溝も無くなる寸前でしたのでもう少し早目の交換が良かった感じでした。

20160110_04エアフィルターは新車から2回目の交換でしたが、前回の交換から少し間が空いてしまったので、ちょっと何時もより汚れている感じでした。

いずれにしろ、この調子で定期的にメンテナンスして頂ければ、まだまだ長く乗れると思いますのでヨロシクお願いします。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年1月 9日 (土)

溶接修理!

当店にはいろいろな修理が入りますが、その症状や訴え内容も多岐に渡り、修理の方法も様々です。

一般的には不具合部位の調整や部品交換で済む場合が多いのですが、時々どうしても部品交換ができない場合などには、その部品その物を修理して再使用する場合もあります。

20160109_0120160109_02今回は「FIGHTER150ZR」のキャリア修理と「PRESSCUB」のマフラー修理の依頼でしたが、共に部品交換をせずに溶接で修理を行い再使用できるようにしました。

キャリアの方はパイプが一箇所折れていましたが、既にこのキャリアが廃盤で新に入手する事ができず、新品交換が不可能だったので溶接して修理を行いました。
20160109_0320160109_04
マフラーの方はエキパイの一部が割れて排気漏れしていました。

こちらは部品交換が可能でしたが、新品で交換すると4万円近く掛かるし、僅か数センチの割れで新品交換は大袈裟過ぎるので、これも溶接して修理を行いました。
20160109_0520160109_06
金属部品の破損は殆どの場合が腐食かその部分に許容範囲を超える力が掛かったりが原因なので、破損部分を一時的に溶接修理しても再発する場合があります。

従って基本的には部品交換をお勧めしておりますが、今回の様な特殊なケースに限っては、時々ですが溶接などの修理も行っています。

何かお困りごと御座いましたら、
お気軽にご相談ください。

| | コメント (0)

2016年1月 8日 (金)

スペイシー100エンジン始動不能!

このお客様の「SPACY100」は2008年に購入頂いたもので、当店には2年に一度くらいのペースで時々来店されるのですが、今回はエンジンの始動不能を訴えての来店でした。

辛うじてキック・スターターでの始動はできるらしいのですが、セルフ・スターターでの始動ができないとの事です。

バッテリーが弱い訳でも無さそうなので、もう少し詳しく伺ったところ、1年くらい前から左ブレーキを握ってもセルフ・スターターが効かなくなり、それ以降は右ブレーキだけを握って20160108_01始動していたらしいのですが、ついに最近になって右ブレーキを握っても掛からなくなってしまったそうです。

セルフ・スターターは左右どちらかのブレーキを握らないと作動しない構造なので、真っ先にブレーキ・スイッチの故障を疑い調べたところ、やはり左側ブレーキに関してはスイッチが故障しておりましたが、右側のスイッチに関しては壊れてないようなので、もう少し突っ込んで調べて行ったところ、フロントカウル内の左右のブレーキ・スイッチから伸びる配線が連結している部分で、配線が腐食して断線しておりました。

断線していた配線の修理と左側ブレーキ・スイッチを新品に交換し、無事にセルフ・スターターでの始動ができるようになりました。

今回の来店で新車から7年3ヶ月が経つ「SPACY100」は、気が付けば2万8千キロも走っておりました。

久し振りの来店なので調べさせて頂いたところ、久しくバイクの整備などはして無かったようなので、この機会に距離や時間で定期交換を必要とする消耗部品などを一式交換させて頂く事になりました。

先ずは過去に一度交換したきり1万6千キロ以上交換していなかった、点火プラグとエアフィルターにミッション・オイルを交換しました。
20160108_02_2   20160108_03
次に、これも過去に一度交換したきり5年以上交換していなかった、フロントのブレーキ・フルード(液)の交換とブレーキ・パッドも交換しました。
20160108_0420160108_05
長い間交換していなかったブレーキ・フルードは真っ黒に汚れ、ブレーキ・パッドは新車から初めての交換だったようで、スリットも消えかかり台座の地金も薄っすら見え始めておりました。
20160108_06   20160108_07
最後に新車から2万8千キロの間一度もやった事の無かった駆動系の整備を行いました。
20160108_08   20160108_09
20160108_10距離的にドライブ・ベルトは問答無用に交換させて頂く事として、その他各部を点検した結果、クラッチシューやウエイトローラーなども酷く損耗していたので、スライドピースなどと共に一式交換させて頂き、全ての作業を終えました。

古いバイクですが日頃のメンテナンスを怠らず、もう少しマメに定期点検などを受けて頂ければまだまだ長く乗れると思いますのでヨロシクお願いします。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年1月 7日 (木)

リード110EXドライブベルト交換

この方も古い方で、もう9年近くお付き合いを頂いてるお客様です。

この「LEAD110EX」は2013年に購入頂いたものですが、このお客様も年平均5回以上は20160107_01来店頂き、頻繁にメンテナンスを依頼される方なので、このバイクも未だ故障知らずで新車時のようなコンデションを維持して頂いております。

この度は新車から3年目の1年点検で24ヵ月点検のご用命で来店頂きました。

今回は走行距離が2万キロに到達していたので、駆動系の点検と共にドライブベルトも交換させて頂きました。

20160107_02タイヤはリヤ側に関しては一度交換しておりますが、フロント側に関しては新車からの3年一度も交換していなかったので、まだ溝は少し残っておりましたが、硬化してヒビ割れが出始めておりましたので、この機会に安全のため交換する事になりました。

最後に新車から11回目のオイル交換を行い、全ての作業を終えました。

本年も宜しくお願いします。
毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年1月 6日 (水)

スマートフォン!

20160106_01遅ればせながら携帯電話からスマートフォンになりました。

今まで使っていた「らくらくホン」が壊れたので、「iPhone」になりました。

これに替わっても興味が無いので、おそらく電話にしか使わないと思いますが、少しずつ活用して行こうと思います。

たぶんメールとかされても返せませんので、ヨロシク!

| | コメント (0)

2016年1月 5日 (火)

仕事始め!

今日から営業しました。

去年は2日間しか休まず3日から営業しましたが、今年は人並みに4日間も休ませて頂きました。

20160105_01_2今年初っ端の仕事としては、去年の大晦日も閉店ギリギリにお預かりした、「REBEL」の修理から始めました。

路上に1年以上も放置していたバイクらしく、恐らく年内に撤去しなければならない事情があったのでしょう?お住まいの千葉県から車両を回収に来たらしいのですが、当然エンジンは掛からず途方に暮れていたところ、大晦日まで営業していた当店に辿り着いたようです。

20160105_0220年以上も前の古い「REBEL」で、かなりボロボロでしたが、エンジンはバッテリーを新品に交換するだけで簡単に始動できました。

ただしエンジンは片肺でアイドリングが打ちません。

年式や外見から想像してもキャブレターの分解清掃は必至と思われましたが、キャブレターのドレンを抜いて古い燃料を排出したら治りました。

見るからにこんなバイクでしたので、そんなにお金は掛けたくないだろうと思いましたが、エンジンオイルが半分くらいしか入ってなく真っ黒に汚れてましたので、流石にオイルだけは交換させて頂き、最低限の処置をして完了とさせて頂きました。

千葉県まで無事に帰れると良いのですが・・・・

初日の仕事始めとしては、朝から引っ切り無しに仕事の途切れる事の無い忙しい一日になりました。

幸先良いスタートとなりました。
本年も宜しくお願いします。

| | コメント (0)

2016年1月 4日 (月)

2016第1回サーキット走行会!

あけましておめでとうございます。
20160104_01
今日は各地で3月中旬から4月中旬並の暖かさとなり、1月としては統計を取り始めてから最も高い気温を観測したそうです。

そんな訳でこのタイミングを見逃す筈はなく、今日は今年一発目の初サーキットでした。

トランポ3台にバイク4台を載せ、初サーキットは何時ものメ20160104_02ンバー5名で行って来ました。

お役所関係は今日から御用始めと思いますが、一般的には明日からくらいが多いのでしょうか?道は行きも帰りもガラ空きで、埼玉の「桶川スポーツランド」までは、今までで最も早い1時間30分ほどで到着しました。

なので考える事は皆同じようで、今日の「桶川スポーツランド」は平日なのに参加台数が多く、クラス20160104_03分けの走行となりました。

当クラブの「SPADA」2台の方は、暮れにかけて更にバージョン・アップしておりますし、タイヤもニュー・タイヤを履かして望んだ結果、<リョウくん>、<マル2さん>ともに自己ベストを更新しました。

<キタさん>は初仕事を終えて午後からの参加でしたが、今回は今までシェアして乗っていた20160104_04「SPADA」から専用マシンの「BALIUS」に乗り換え走りました。

サーキット初デビューの「BALIUS」で、タイヤもノーマルのままでしたが、さすが<キタさん>安定した走りを見せてくれました。

20160104_0510ヶ月振りに参加の<ユウくん>は、午前中は開発途中の「TZR125」のセッティングに悩まされましたが、キャブや減速比も徐々に合うようになり、後半はライディングを楽しんでおりました。

去年の走行会は後半から雨で潰れたりが多く、結局10月を最後として行かずじまいに終わってしまいましたが、今年はもっと走行回数を増やして行きたいと思いますので、皆さんヨロシクお願いします。

本日はお疲れ様でした。

ロードスポーツ車!特価販売中!
HONDA CBR250R          YAMAHA YZF-R25
20140513_6 20150322_09
ファンホイールズでモータースポーツ始めてみませんか!?
初心者、女性 大歓迎です。
装備の揃え方からライディングテクニックまで、伝授いたします。

ブーツ、グローブ、レザースーツも販売いたします。
ホンダ、ヤマハ、スズキなど新車、中古車もお探しします。
お気軽にお問合せください。

Winter_sale_2
★ウインターセール開催中!

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »