« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

仕事納め!

今年も一年 ありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年12月30日 (水)

ビックスクーターTIRE交換!

もう何処も休みに入っちゃっているようですが、うちは今年も気合を入れて最後(31日)まで仕事するゾ~!

それを知ってか年も押し迫った30日の今日も、朝から引っ切り無しに仕事の途切れる事の無い忙しい一日でした。
20151230_01
午後からはビックスクーターのタイヤ交換がダブルブッキングで、この狭い店に大きなスクーターを2台入れて、2台同時のタイヤ交換を行いました。

1台目は今月の半ばに予約を頂いていた「FORZA」で、2台目は急遽昨日頼まれた「FAZE」で、共にリヤ・タイヤの交換でした。

20151230_04「FORZA」の方は先日別件で来店頂いた際に、タイヤのスリップサイン(磨耗限度表示)も消え掛かるほど溝が減っていたので、早めに交換するようお勧めしていたものです。

「FAZE」の方はお客様が昨日たまたま気がついた時には、タイヤはツルツルでカーカスが露出し始めている状態だったようで、正月に予定しているツーリングに間に合わせたいと云う事で、急遽本日交換する事となりました。

「FORZA」の方のタイヤは在庫が有ったのですが、「FAZE」に関しては在庫が有りませんでした。
20151230_02  20151230_03
昨日が最終営業日だった問屋の受注時間も過ぎちゃっていたのですが、何とか担当営業に直談判してタイヤを発送して頂ける事となり、無事にビックスクーター2台のタイヤ交換を終える事が出来ました。

| | コメント (0)

2015年12月29日 (火)

FIGHTER150ZR 納車!

と云う訳で今日は今年最後の納車で、<キタさん>に「Fighter150ZR」を納めました。

20151229_01このバイクは先日納めた<マル2さん>のお下がりで、この度<キタさん>が引き継ぐ事となりました。

この「Fighter150ZR」が入庫したのが先週の金曜日でした。

納車までの猶予があまりなかったので、急いで準備に掛かりました。

バイクの整備から始まりオプションパーツの取付に大忙しで、しかも登録に関しては月曜が役所の最終日だったので、昨日は休みを返上して川崎まで登録に行ってきました。

ETCやUSB電源の取り付けなども終わり、なんとか本日無事に納車を終える事ができました。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2015年12月27日 (日)

ヘルメット入荷!

残念ながらクリスマスまでには間に合いませんでしたが、今年も年末たくさんの常連様からヘルメットの注文を頂きました。

毎度有難う御座いました。

OGK「AVAND-II STAID」
20151227_01

SHOEI「J-CRUISE STOLD」
20151227_03


SHOEI「NEOTEC」
20151227_02
そんな感じで、当店の常連様方は平均3~4年毎にヘルメットを買い換えていますが、それは何故かと言えば、ヘルメットにも当然寿命が有るからなのです。

内装パッド類に使われるウレタンフォームは劣化しても交換できるものが多く成ってきましたが、帽体のFRP(繊維強化樹脂)に使われている樹脂には吸湿性があり、水を含むと内部の強化繊維が剥離を起こし、最長5年くらいで強度的に寿命となり衝撃でバラバラになります。(古いヘルメットって重くなりますよね!・・・)

衝撃吸収材の発泡スチロールはもっと早く経年劣化し、表面から徐々に酸化して強度低下が進み約2~3年で寿命といわれています。

その他、顎ヒモなども時間とともに磨耗、劣化していくため、SGマークに付いている対人賠償責任保険の有効期間(製品の耐久性を考慮して設定)も購入後3年を設定しています。

ヘルメットは決して安いものではありませんが、定期的に買い替えが必要な消耗品です。

かぶっていれば交通違反には成りませんが、事故を起こした時にはヘルメットの役目をしません。(死にます。)

当店では、「OGK」、「SHOEI」以外にも「ARAI」、「LEAD」などのヘルメットも取り扱います。

古くなって買い替えを考えている方!ご注文お待ちしております。
店頭在庫は有りませんので、色やサイズを確かめてご注文ください。
宜しくお願いいたします。(カタログ注文後の取寄せとなります。)

| | コメント (0)

2015年12月26日 (土)

X'Pro風50 入荷!

相変わらず「X'Pro風50」がバカ売れです。
20151226_01
大変お待たせ致しました!
予想を上回る売れ行きで11月の入荷分が完売していましたが、なんとか年内ラストで数台入荷してまいりました。

まだ年内ギリギリ納車に間に合いますが、残り僅かで御座いますのでご注文はお早めに!

20151226_02この「X'pro風50」は当店でも何十台と販売していますが非常に丈夫なバイクです。
既に5~6万キロ以上走行している車両も珍しくないのですが、今まで整備不良以外で故障した車両は皆無でトラブル知らずのタフなバイクです。

「X'Pro風50」は、エンジンに高性能4サイクル・セラミックコート・エンジンを採用し、速度リミッターなしで、スピードメーターは90キロまで表示されてます。

20151226_03以前テストコースで試乗した事がありますが、一般的な国内モデルの原付スクーターが50キロそこそこしか出ないのに対して、この「X'Pro風50」は70キロ以上も出たのが凄く印象に残っていて、時間を掛ければもう少し最高速度は伸びるんじぁないかと思ったくらいです。(あくまで公道での法廷速度は30キロですので、交通ルールは守りましょう!)

20151226_04外観も、その走りを伺わせるリヤ・ウイング付きのスポーツタイプで、見た目にもカッコいい仕様となってます。

この他、国産メーカーにはないSYM独自のユニークな装備も満載で、ガソリン・スタンドでシートに座ったままでも手を汚すことなく給油が可能な、ワンタッチ・オープン式給油口をテールカウル上部へ設置し、メインキーを左に回すとガソリン・タンク・キャップが自動開蓋します。

20151226_05また、ハンドル左側のスイッチを押すだけでシートを自動で開けられる、ワンタッチ・シート・オープナーやシート内部にはスイッチをオンにすると点火がカットされ、盗難やイタズラを抑止する盗難抑止点火カットスイッチが採用されています。
もちろん盗難抑止シャッター・キーもついてます。

国産メーカーではオプション設定のサイド・スタンドも標準装備で、上級車モデルでは当たりまえのフロントインナーボックスにハンドル左下には小物入れまで装備。
シート下のメットインスペースは25Lもの大容量です。

これだけの豪華装備が満載で価格も安い!
売れてる最大の理由は、このコストパフォーマンス高さですかネ!?

SYM《 X'Pro50風 》
「走行距離無制限2年保証付き、迅速なパーツ供給で安心です。」

●標準色(ホワイト、ブラック、レッド、シルバー)
通常価格:¥139,000
→¥119,000
(別途、登録料・整備料・保険料・消費税などの諸費用が掛かります。)

期間・台数限定!急げ!早い者勝ち!

SYM製品のご用命は、取扱ディーラーの当店「ファンホールズ」で!
ご注文お待ち申し上げます。

詳しい商品情報は→こちら「X'Pro50風

| | コメント (0)

2015年12月25日 (金)

祝!FIGHTER150 納車!

大変お待たせ致しました。
ご注文頂いてから2ヶ月も掛かりましたが、やっと本日<マル2さん>の「Fighter150」を納車させて頂きました。

20151225_01_2今回の乗換で<マル2さん>には、この11年間で実に6台ものバイクをお買上げ頂きました。

当店では断トツにバイクを買って頂いる大の御得意様ですので、今後も超VIP待遇で対応させて頂きたいと思います。

この一年頑張って来たご自身への良いクリスマスプレゼントになったのではないでしょうか?
これからも宜しくお願いします。
毎度!本当に、ありがとうございました。

メインでは「GSX-R1000」にお乗りの<マル2さん>も、ご近所お出掛け用~通勤(仕事)用バイクとしては、以前から原付二種(~125)~軽二輪(~250)クラスのバイクをセカンドとして所有して頂いております。

古くは「TT250R」に始まり「KDX220SR」、「PCX125」と乗り継いで、2013年からは軽二輪の「Fighter150ZR」にお乗り頂いておりました。

20151225_02<マル2さん>の場合は通勤用セカンド・バイクの方に関しては、今までもコンスタントに3年毎のお乗換えを頂いており、順当に行けば来年の3月で丁度3年が経つので、予定として乗換はもう少し先の筈でしたが、今回は乗換予定のモデルチェンジした「Fighter150」に特価条件が出たので、予定より少し前倒しにして乗換頂く事になりました。

やはり仕事で長距離の移動も時々あるようで、250は必要ないけど高速道路には時々乗りたいと云う希望から、150と云うカテゴリーを2回続けて購入頂きました。

当初は同カテゴリーの「PCX150」や「MAJESYT S」なども少し検討して頂きましたが、やはり今まで乗っていた「Fighter150ZR」が非常に良かったようで、今回もその後継機種の「Fighter150」へお乗換え頂きました。

昨年モデルチェンジした3代目「Fighter150」は、フューエルインジェクション搭載のエンジンに新型S.T.C.S(可変バルブ)を投入し、フロント・ブレーキには新たにラジアルマウントキャリパーを採用するなどして新登場しました。

149.8cc4サイクル・エンジン搭載の「Fighter150」は、原付二種に近い小振りな車体サイズで軽二輪登録できるバイクとして当店でも人気の高いバイクです。

軽量コンパクトな車体は原付二種感覚で取り回しができて渋滞のすり抜けもし易く、省スペースに駐車でき、いざとなったら高速道路にも乗れる、ひじょうに実用的で欲張りなバイクです。

このメーカー(SYM)のバイクは、やはり国内モデルには無いユニークな車格と装備を求めるお客様から人気で、当店では特に普通二輪(小型限定)以上の免許をお持ちの方から注文が増えてきました。

エンジンにパワーが有り、タイヤ・サイズやブレーキ、サスペンションなどもワンクラス上の装備が魅力で、少し保険や税金が高くなる位で、車検が無いのが最大のメリットのようです。

セカンドバイクお探しの方!ご注文お待ち申し上げます。

「Fighter150」
メーカー希望小売価格:\361,800 (消費税抜本体価格:\335,000)
(別途、登録料・整備料・保険料などの諸費用が掛かります。)

http://global.yamaha-motor.com/jp/yamahastyle/revstretch/
20151225_03










***************************************************
年末年始営業のご案内

冬季休暇に伴い、下記の日程で休業とさせて頂きます。
1月1日(金)~4日(月)

年内最終営業日の12月31日(日)は大掃除の為、サービス(点検・整備・修理)業務はお休みさせて頂きます。
部品・用品・車両の見積及び販売業務は通常通り営業致しますが、営業時間は、18:30迄とさせていただきます。

年始は1月5日(火)より通常通り営業致します。
ご不便をお掛け致しますが、宜しくお願い申し上げます。

年末年始は定休日(月曜日)以外は上記日程で営業する予定ですが、 メーカー及び問屋によっては、12/26~1/5の期間で長期休暇に入りますので、車両及び部品などの出荷が停止または遅れる場合があります。
注文・修理などには対応できない場合が御座いますので、予めご了承頂き、お急ぎの場合は早めにご相談ください。

***************************************************

| | コメント (0)

2015年12月24日 (木)

SuperCUB50PRO納車!

もう30年近くお付き合いを頂く、金融関係の法人様から車両の注文が入りました。
20151224_02
この法人様も今まで何台もバイクを納めさせて頂いてる大の得意様で、当店ではこの法人様支店の車両を常時10台前後は管理させて頂いております。

この度は当店で2008年に販売した「プレスカブ」からの乗換でしたが、この「カブ・シリーズ」も2012年にフルモデルチェンジして旧「プレスカブ」は廃盤となりましたので、今回はその後継モデルのビジネス仕様「スーパーカブ50プロ」20151224_01を納めさせて頂きました。

約5年でフルモデルチェンジした「カブ・シリーズ」でしたが、今までのネガティブな要素は徹底的に潰されているようで、今まで以上にタフネス性と乗り易さが向上しているようでした。

それでいながら価格は1万2千円も安くなって、法人様には大変満足頂けたようでした。

ランニングコストも抑えながら少しでも長く使って頂けるように、今後もバイクのアフターメンテナンスに頑張りますので、これからも宜しくお願いいたします。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2015年12月23日 (水)

SPADA2号車CUSTOM③

20151223_11前回の今年最後に走りに行った走行会では、<マル2さん>にも「SPADA1号車」に試乗して頂きました。

大幅にバージョンアップした「SPADA1号車」でしたが、エンジンやサスペンションも然ることながら明らかに改善されたフロント・ブレーキやライディング・ポジションの良さに感銘を受けたようで、早速<マル2さん>の「SPADA2号車」にもフィードバックを頼まれま20151223_01した。

ポジションはステップが既に「SPADA1号車」に準じたバックステップに変更されていますので、今回はハンドルも同じアルミ削り出しタイプに変更して、シート周りは次回のお楽しみとしました。

フロント・ブレーキに関しては「SPADA1号車」がノーマル・ブレーキ・ホースに対して、「SPADA2号車」がステンレス・メッシュホースに換装してあるため、握った感じは明らかに「SPADA2号車」の方が固く効きそうなのですが、実際にサーキットでのブレーキングでは「SPADA1号車」の方が腰のある制動が得られます。
20151223_02   20151223_03
これは「SPADA2号車」の方はブレーキ・キャリパーのピストンに改良が加えられているためで、このブレーキに関しても今回「SPADA1号車」と同じ手法で改良を行う事になりました。

20151223_04サスペンションに関して「SPADA2号車」の方は、車高を上げる目的で「NSR250R」用を流用しておりますが、やはりこれが災いしているようでレバー比の関係でしょうか?減衰が効いて無いようなフワフワ落ち付きの無い挙動が出てしまっているようです。

これはもうどうしょうも無さそうなので、一先ずイニシャルを掛けてみて様子をみてもらう事としました。

20151223_05それから今回「SPADA2号車」の方にもアンダーカウルを装着する事になりましたが、「SPADA2号車」に付いてるマフラーのエキゾーストパイプが左回しのため、<マル2さん>調達の長めのカウルが装着できませんでした。

そこで元々「SPADA1号車」付いていた短めのカウルを「SPADA2号車」の方に移設して、長めのカウルを「SPADA1号車」に入替えて、何とか2台ともアンダーカウルを装着する事ができました。
20151223_06
そしていよいよ「SPADA2号車」の方にもラップタイマーを付ける事になりました。

こちらは「SPADA1号車」の「ACTIVE」製に対して「SPADA2号車」には、「ZIIX」製のものを装着する事になりました。

あとは秋頃に安いうち買い置きしていたタイヤ「DIABLO SUPERCORSA 」を前後交換しました。
20151223_07   20151223_08
約9ヶ月で7回しかサーキットに行ってませんでしたが、ワンシーズン走り切ったので来期に向けて新しいタイヤに交換しました。

最後に油脂類の交換としてエンジン・オイルやオイル・フィルターを交換し、今回はラジエーター液も今までの真水から「WAKOS」のレース専用ラジエーター液へ交換して、「SPADA2号車」今年最後のカスタマイズを終えました。
20151223_09   20151223_10
今年は後半なかなか走りに行けませんでしたが、来年はもっと走りに行く回数を増やしたいと思いますので、ヨロシクお願いします。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2015年12月22日 (火)

リード110 12ヵ月点検

「LEAD110」のお客様から点検を頼まれました。

このお客様は3年くらい前から当店にお越し頂くようになり、それ以来頻繁にお越し頂いている御得意様です。
20151219_01
点検も欠かさず半年毎に依頼される方で、今回は当店で行う1年点検としては2回目となる12ヶ月点検を実施いたしました。

3年前に当店に初めて来店頂いたのがエンジン不調の訴えで、その時に新車から初めて交換した点火プラグとエア・フィルターが、あれから1万1千キロ以上交換していなかったので、今回の点検では新車から2回目の交換を行いました。

それから今回は2年3ヶ月前にしたっきりやってなかった、フロントのブレーキ・フルードも交換いたしました。
20151219_0220151219_03
時間や距離の判断で行う定期交換部品や油脂類を交換し、点検の結果リヤ・タイヤにスリップサイン(磨耗限度表示)が出始めていたので、今回はリヤ・タイヤも追加で交換いたし20151219_04ました。

リヤ・タイヤは前回の交換から1万キロ以上使い切りましたが、3年2ヶ月振りの交換だったので硬化も激しくヒビ割れも出ていたので、もう少し早めの交換が良かった感じでした。

最後にエンジン・オイルを交換して、全ての作業を終えました。

トータル3万キロ近く走る2008年式の「LEAD110」ですが、この調子で定期的にメンテナンスして頂ければ、まだまだ長く乗れると思いますのでヨロシクお願いします。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2015年12月20日 (日)

祝!AddressV125SS納車!

<マルちゃん>から新車の注文を頂きました。

20151220_01平成13年に買って頂いた「LEAD100」以来、なんと!14年振りのお乗り換えでした。

嫁の通勤用バイクなので、シート高や車重などが今までのバイクと近い車種から選び、結果的に決まったのが「AddressV125SS」でした。

このバイクにも幾つかのタイプが有ったのですが、何故?このタイプ「SS」になったかと云うと、スタンダードのタイプだとリヤキャリアが安っぽかったのですが、この「SS」と云うタイプになると高級感のあるグラブバーが標準装備で、車体色もタイプ「SS」限定の「パールグラスホワイト」と云う色が気に入ったようで、最終的にこの「AddressV125SS」に決まりました。

20151220_02乗換の打診があったのが遡る事今年7月の終わり頃で、車種が決まり正式に注文をもらったのが9月の始め頃でしたが、その時点でこの車体色の「AddressV125SS」は既に完売していて、次回生産が11月頃と2ヶ月も先になってしまいましたが、まだまだ「LEAD100」も走れない事もなかったので、どうせ買うなら気に入ったものを買いたいとの事で、気長に待って頂く事になりました。

それから更に納期は延びに延びて11月の予定も過ぎてしまい、やっと先日入荷してまいりました。
20151220_03
注文を頂いてから3ヶ月以上掛かり、大変お待たせ致しましたが無事に昨日「AddressV125SS」の納車に漕ぎ着けました。

<マルちゃん>とも出会ってからそろそろ30年近く経つと思いますが、こうして古くからのお客様にバイクを買って頂き、今回も本当に嬉しく思いました。

毎度!有難う御座いました。

| | コメント (0)

2015年12月19日 (土)

X’pro100始動不能!

「X'pro100」にお乗りのお客様からTELがあり、バイクが止まってしまい身動き取れないと20151222_01の連絡です。

信号待ちで停車中に突然エンストしてしまい、その後一切エンジンが掛からないと云う事でしたので、五反田の方まで車両を引き上げて来ました。
20151222_02
引き上げて来た車両はエンジンが掛からないどころか、イグニッションスイッチを入れても電源が喪失しているようで、電気的なものが全て無反応の状態でした。

ここまでの状況から先ずはメインヒューズを調べたところ、やはり20151222_03ヒューズが切れておりました。

試しに新しいヒューズを入れて診ましたが、案の定イグニッションスイッチを入れた途端に切れてしまいます。

やはりヒューズの切れてしまう主原因が別にあるようなので、一つずつ診断をしていく事になりました。

目視で先ず判ったのがキャブヒーターのサーモセンサーが20151222_04焼損していました。

試しにこのサーモセンサーを外してイグニッションスイッチを入れて診たところ、やはりヒューズは切れないようなので原因はここら辺にありそうなんですが、そもそもサーモセンサーが焼けてしまう原因を調べて行ったところ、どうもそこと繋がっているコンデンサーが20151222_05壊れている事が判りました。

じゃあコンデンサーが壊れた原因は?と更に調べていった結果、最終的にレギュレターが壊れている事が判明!

結局サーモセンサーとコンデンサーにレギュレターの電装部品3個を交換して、無事にエンジンも掛かるようになり修理を終えました。

| | コメント (0)

2015年12月18日 (金)

工具

先日トランポ「CARAVAN」を手に入れた<マル2さん>から、さっそくサーキットへ行った際に必要になって来る備品の注文を頂きました。

20151218_01先ずはトランポにバイク「SPADA」を積む時には欠かせないラダーレールと、ピット作業に必要なスタンド類やガソリン携行缶に工具類を一式揃える事になりました。

ラダーレールに関しては最近流行っている湾曲形の二つ折りアルミラダーで、付属の伸縮スタンドを使用した場合には耐荷重340kgまでOKと云う優れものを選んで頂きました。

20151218_02スタンドはホイールにタイヤウォーマーを装着するので前後で用意しましたが、リヤ側のメンテナンススタンドに関しては当店に殆ど使用していない余り物が有ったので、そちらをお譲りする事として、フロント側に関しては新規でステムスタンドを購入頂きました。

ガソリン携行缶に関しても当店で使用していない物が有ったので、一先ずはこちらを使って頂く事にして、工具に関しては基20151218_03本ツール64Pcs入りの3段チェストを新規で購入頂き、これに「旭産業」のエアゲージを加えて一通りの備品は全て整いました。

暮れも押し迫って来ましたが、最後に1回くらいは走りに行きたいですネ!

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2015年12月17日 (木)

ZRX1100エンジン始動不能!

先日の日曜日の事ですが、<被害者の改さん>からTELが有り、ついにバイクのエンジン20151217_01が掛からなくなったとの連絡が入りました。

府中の運転免許試験場での走行会中に起きた出来事のようでしたので、当店で加入の任意保険に付帯しているロードサービスを利用して、こちらまで戻って来てもらう事になりました。

20151217_02実はこの「ZRX1100」は3年ほど前から時々エンジンが始動出来なくたると云う、慢性的な持病を患っておりました。

今までは症状が出たとしても一時的で直ぐに症状が現れなくなってしまい、決定打を発見する事が出来ないままでいましたが、今回に限ってはエンジン始動不能と云うハッキりとした症状が出ているの20151217_03と、ハンドルを左右に切るとニュートラルランプが点いたり消えたりする事から、大体の部位も特定出来ていたので診断に時間は掛かりませんでした。

結果的に主原因はイグニッションスイッチの不良でしたが、内部で短絡しているようなのでイグニッションスイッチごと交換する事になりました。
20151217_04
イグニッションスイッチはバイクのメインキーとして、盗難抑止も兼ねてトップブリッジの裏側から特殊なボルトで固定されています。

なのでヘッドライトを外したりハンドルを外して、車体から一旦トップブリッジごと抜き取らないとイグニッションスイッチが外せません。

20151217_05トップブリッジを外せたところで、そこからイグニッションスイッチを外すのですが、これを固定しているボルトが特殊なので一般的なスパナやレンチが使えません。

ここから先の作業工程は防犯上の観点から割愛させて頂きますが、なんとか特殊ボルトの抜取りを終え、新しいイグニッションスイッチに組み替え作業を終えました。

ニュートラルランプも正常に灯火し、もちろんエンジンもセル一発で始動出来るようになりました。!

5万キロほど走ってる2000年式「ZRX1100」ですが、これで持病からも開放され、まだまだ長く乗れると良いですネ!

毎度有難う御座いました。

| | コメント (1)

2015年12月16日 (水)

ZOOMERエンジン始動不能!

20151216_01このお客様は何か起きた時だけ時々来る方で、今回も1年振りの来店でエンジン始動不能の訴えでした。

3万キロ近く走る2004年式「ズーマー」で、エンジンの掛からない原因はバッテリーでした。
20151216_02
初めてお越し頂いた7年前にも同様の症状でバッテリー交換してますが、やはり今回もバッテリーがダメなようなので新品に交換いたしました。

それ以来1万キロ以上交換していなかったらしい点火プラグと、全20151216_03然入ってなかったエンジンオイルも交換して、無事にエンジンは掛かるようになりました。

普段メンテナンスらしい事は殆どやってないバイクなので、久し振りに来たついでにバイクの周りを軽く点検してあげたところ、ラジエ20151216_04ターのリザーブ・タンクが割れて入ってる冷却液が漏れていました。

これは大変!っと云う事でラジエター本体の方も調べたら、かなり冷却液も減っておりましたが、ラジエター・キャップが規定圧力を保持出来ていない事も判明しました。

と云う事で今回は追加で冷却液の交換をしながら、経年劣化20151216_05で欠けてしまったリザーブ・タンクと、へたってしまったラジエター・キャップも交換いたしました。

最後にバリバリに裂けてしまっていたシートも新しいものへ交換して全ての作業を終えました。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2015年12月15日 (火)

FAZE 12ヵ月点検!

20151215_01この方も古い方で、もう10年近くはお付き合いを頂いてるお客様です。

この「フェイズ」に関しては1年近く前に中古で購入頂いたものですが、このお客様も必ず半年毎(年2回)には来店頂きメンテナンスを依頼さ20151215_02れる方なので、中古と云えども未だグッド・コンデションを維持して頂いております。

前回(半年前)の6ヶ月点検でお越しの際には、そろそろリヤのタイヤとブレーキ・パッドが交換時期に近づいてたので、次回の点検時には交換するようにお勧めしておりました。

20151215_03今回は12ヵ月点検と自賠責保険の継続手続で来店頂きましたが、その事を覚えて頂いていたようで、今日は12ヵ月点検に加えタイヤとブレーキ・パッドも交換する事になりました。

極力お客様の走られる距離を念頭に交換タイミングを見計らっている筈でしたが、今回はちょっと目測を誤ってしまったようで、タイヤもブレーキ・パッドも減りすぎちゃって危うい感じで20151215_04したが、なんとかギリギリセーフで無事に交換を終えました。

最後に今回はミッション・オイルも交換して全ての作業を終えました。

20151215_05毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2015年12月13日 (日)

オーバルスーパーバトルin川口2015

ロードレース出身のオートレーサーと現役全日本ロードレーサーが川口オートレース場で戦う、異種二輪競技混合のエキシビションレース「オーバルスーパーバトル IN 川口 2015」が今日(12/13)開催されました。

オートレースからはロード出身の青木治親、青山周平ら全5名。
全日本ロードレースからは青木ノブアツ、山口辰也、酒井大作ら全9名。
特別参戦としてチュートリアルの福田充徳の参戦など、参加選手も豪華な顔ぶれが揃いました。

| | コメント (0)

2015年12月12日 (土)

RacingKing180FIタイヤ交換

この方も古い方で、もう9年近くはお付き合いを頂いてるお客様です。
20151212_01
この「レーシングキング」は2013年に購入頂いたものですが、当初は癒しで買って頂いたようなバイクでしたので、せいぜい近所のお買い物用に使うくらいで殆ど乗っていませんでしたが、今年に入ったくらいからは通勤などでも使うようになったようで、走行距離も一挙に伸びて6千キロほど走っておりました。
20151212_02そんな訳でこのバイクも新車から3年近く経ち、タイヤも硬化してきたようで良く見れば細かいヒビ割れが多発しておりました。

後輪タイヤはスリップサイン(磨耗限度表示)も出始めていますし、まだ前輪タイヤは溝もまだたっぷり残っている感じで、交換するにはちょっと勿体無い気もしましたが経年劣化は否めないので、お客20151212_03様的にも安心してバイクに乗りたいと云う事でしたので、本格的な寒波の到来前にタイヤを前後共新品に交換する事になりました。

フロント「110/70-12」、リヤ「130/70-12」と、ちょっと変わったサイズの組み合わせだったので、そんなに選べるタイヤが無かったのですが、ちょうどBSで前後パターンが揃うのが有りましたので、今回はそいつを取寄せ交換いたしました。
20151212_04
タイヤは材質であるゴムの性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き徐々に固く硬化して行きます。

そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したり、内部からも劣化が進みますので、タイヤ溝が残っていても通常は3年毎の交換が推奨さ20151212_05れています。

またゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

本格的な寒波の到来前に、危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願いします。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年12月11日 (金)

SPACY異音!

このお客様の「スペイシー100」は2006年に購入頂いたものですが、それからの9年間で走った距離は1万キロ程度と年間千キロ程度しか走らない方なので、当店にも2年に一度くらいのペースで時々来店される方です。

20151211_01前回(5ヶ月前)の来店も2~3年振りで、その時はエンジン始動不能の訴えでお越し頂きましたが、やはりバイクも古くなり遂にバッテリーが逝っちゃってたので、バッテリーを新品に交換するなどの整備を行いましたが、実はその時既にエンジンから異音(タペット音?)がしていたので、早目に点検するようお勧めしておりました。

その後5ヶ月経ちましたが、エンジン音は徐々に大きくなって来ているようで、冷えていても暖まっていても常に出るようになり出し、流石にお客様も心配になったようで、今回改めて修理の依頼で来店されました。

20151211_02さっそくエンジン周りの点検から初めて行きました。

異音は一般的な「タペット音」より少し大きく複雑な音がしている感じでしたので、今回はカムチェーンやロッカーアーム、デコンプなどのシリンダーヘッド廻りを総合的にチェックしながら作業を進めて行きました。

先ずはヘッドカバーを外してヘッド廻りを点検してみましたが、カムシャフトやロッカーアームの焼けなどもなくデコンプのガタなども有りませんでした。

20151211_03_2次にカムチェーン・テンショナーも外して作動をチェックしましたが、問題なさそうでしたので分解清掃した後に潤滑して組み直しました。

ここまで問題ないので肝心のバルブ・クリアランス(弁隙間)を測定したところ、やはり結果は給排気の両方のクリアランスが基準を遥かに超えて広がっていました。

異音の原因はバルブ・クリアランスの調整不良が決定的となり、これを基準値に調整し直してカムシャフトやロッカーアームなどにも耐熱グリズを塗布してからヘッドカバーを組み戻しました。

20151211_04_2バルブクリアランスは4サイクル・エンジン搭載のバイクなら定期的な調整を必ず行わなければなりません。怠るとエンジン性能の低下ばかりかエンジンそのものの寿命を縮めます。

大体ワンカムのロッカーアームを使っているヘッドの場合(原付50~125に多い)は、早いもので7千キロくらいから音が気になりだし、2万4~5千キロでは相当煩くなって来ます。

本来は1万キロ前後で行って頂きたいのですが、どんなに遅くとも2万キロまでには行って頂きたい調整です。

古いバイクですが日頃のメンテナンスを怠らず、もう少しマメに定期点検などを受けて頂ければまだまだ長く乗れると思いますのでヨロシクお願いします。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2015年12月10日 (木)

X’pro風50スロットルケーブル交換

20151210_02「X'pro風50」にお乗りと云うお客様から、修理の依頼がありました。

どうもエンジンは掛かるらしいのですが、アクセルが効かずに走り出せなくなったと云う事で、近所まで車両を引き取りに行って来ました。

20151210_012010年式「X'pro風50」で、走行距離は2万2千キロ以上走っておりました。

原因はアクセルからエンジンのキャブレターまで伸びているスロットルケーブルの断線でした。

腐食して切れていましたので、新品のスロットルケーブルに交20151210_03換して修理完了でした。

| | コメント (0)

2015年12月 9日 (水)

JOG APRIO マフラー詰まり!

数日前に加速不良を訴えて来店されたお客様です。

走行距離もメーターが何回転もしているそうで、正確には何万キロ走っているか判らないらしいのですが、恐らくは4~5万キロは走ってそうなバイクでした。

数年前に中古で買ったバイクのようでしたが、買ってから今までメンテナンスらしい事は一度もやってないと云う事だったので、一先ず点火プラグだけ交換してみました。

20151209_01_2点火プラグは案の定カーボンでベットりで真っ黒に汚れてました。

新品に交換して明らかに始動性やアイドリングは安定するようになりましたが、問題の加速不良の症状は治まってないようでしたので、もう少し点検と診断を進めて行った結果、原因はマフラーの詰まりと判りました。

ただお客様はこの古い20年以上も前のバイクにそんな金は掛けられないと云う事で、その時は一旦バイクを持ち帰りました。

20151209_02超古い1994年式の「ジョグアプリオ」です。

また何処かで故障するかも知れませんし、今後はどんどんランニングコストがもっと掛かって来る事でしょう。

そう云う意味でも、いろいろ乗換なんかも検討したようですが、やはりもう少しこのバイクに乗る事に決めたようで、この度また来店して頂き、マフラーを新品に交換する事になりました。

| | コメント (0)

2015年12月 8日 (火)

MAJESTY125ベルト交換

20151208_01この方も長い方で、もう11年以上はお付き合いを頂いてるお客様です。

この「マジェステー125」は2006年に購入頂いたものですが、この方も年平均3回以上は来店頂きメンテナンスしてますので、未だ故障知20151208_02らずで新車時のようなコンデションを維持して頂いております。

今回はエンジンオイルの交換と自賠責保険の継続手続で来店頂きましたが、そろそろ駆動系の整備もしておこうと云う事になり、新車から9年目で2回目となるドライブベルトの交換を行いました。

20151208_03距離は3万6千キロに到達するところですが、前回も5年前の1万8千キロの時に交換しておりますので、丁度良い交換タイミングとなりました。

点検の結果クラッチシューなどの損耗も見受けられなかったので、今回も前回同様にウエイトローラーとスライドピースをセットで交換し、クランクケースとエアフィルターのエレメントも一緒に交換して作20151208_04業を終えました。

古いバイクですが、これからもメンテナンスを怠らず、定期的に点検なども受けて頂ければ、まだまだ長く乗れると思いますのでヨロシクお願いします。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2015年12月 6日 (日)

トランスポーター

20151206_04うちのチーム員の<マル2さん>が兼ねてから物色していたトランポの「CARAVAN」が届いたようです。

早速レーサーの「SPADA」が積めるように、荷台の床に板を張ったり、タイダウンが引っ張れるようにフックを取り付けました。
20151206_01
<マル2さん>は仕事柄こう云う作業はプロなので、ホームセンターで買ってきたコンパネをぴたり荷台サイズに合うように、器用にノコギリで裁断して床を張りました。

フックは既に荷台の四隅に純正で最初から付いていましたが、折畳み後部座席の足(パイプ)を利用して追加で2箇所に増設いたし20151206_02_2ました。

これはうちのトランポ「HIACE」にも使ってる社外品の「パイプクランプフック」なるパーツを買って頂き装着いたしました。

最後にチーム員の皆さんに貼って頂いてる、うちのステッカーを荷20151206_03室の両サイドの窓に貼って頂きました。

<マル2さん>からは他にもトランポ用品の注文を頂きましたが、来週中には全て揃うと思いますので、もう暫くお待ち下さい。

年内最後にもう一回くらいは走りに行きたいと思いますので、ヨロシクお願いします。

| | コメント (0)

2015年12月 5日 (土)

TODAY駆動系整備

20151205_01この「トゥディ」は当店で2008年に購入頂いたものですが、このお客様も必ず半年毎(年2回)には来店頂きメンテナンスしてますので、未だ故障知らずで新車時のようなコンデションを維持して頂いております。

前回(6ヶ月前)メンテナンスでお越した際には、そろそろ走行距離も220151205_04万キロに到達するところなので、次回の来店時にはドライブ・ベルトの交換を含む駆動系の整備をお勧めしておりました。

その事を覚えて頂いていたようで、本日オイル交換でお越し頂いた際に、駆動系の整備もするよう依頼されました。

20151205_02新車から7年7ヶ月で走行距離は2万2千キロに到達となりましたが、今回が新車から初めての駆動系整備となりました。

エンジン左のクランクケースカバーを外して駆動系を一通り点検した結果、ウエイトローラーとスライドピースの摩耗にクラッチシューの損耗も著しかったため、今回はドライブ・ベルトの交換にウエイトローラーとスライドピースを追加し、クラッチ側もシューとダンパ、スプリングもセットで交換して整20151205_03備を終えました。

この調子でメンテナンスを怠らなければ、まだまだ長く乗れると思いますのでヨロシクお願いします。

毎度有難う御座いました。

20151205_05ドライブベルトは消耗部品なので定期的な交換が必要です。
交換しないと何時かは最後に必ず切れてしまいます。

タイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかはできませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、その場で立ち往生したり走行中に切れると危ない目に会いますので、それを未然に防ぐには定期的にベルトを交換する必要があります。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)なベルトの交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2015年12月 4日 (金)

FORZA カーカス露出!

3ヶ月ほど前にもフロント・タイヤが異常な変形を起こし、当店で急遽タイヤ交換をした事の20151204_01ある「フォルツァ」です。

今回はリヤ・タイヤの交換で来店されましたが、こちら側も凄い状態でカーカス(タイヤの一番奥の部分にあるコード層)が露出するまで磨耗してました。

今年の始め頃からエンジンオイルの交換などで来るようになった、近20151204_02所に住んでる少年の乗る「フォルツァ」ですが、既に前回のフロント・タイヤを交換した時点で、リヤ・タイヤもツルツルに減っていたので、早めに交換するように勧めておりましたが、あれから2千キロ近く乗ってしまったようで、見事にカーカスが出ちゃってました。

こんな凄い状態のタイヤは、お巡りさんに見られたら整備不良で違反切符です。
罰金も高いけど、こんな状態で走るとスリップ事故起こして、もっと高いもん付きます。

また、こんな状態でバイクに乗り続けると、何よりもバーストが一番怖いです。

バーストはタイヤの構造が一気に破壊される状態となるため、バイクが突然コントロール不能になったり、後続車を巻き込んだ多重衝突の原因となる事も多いので、危険ですので、こんなタイヤで乗り続けている方は、早めにタイヤ交換してください。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

ZOOMERリヤサス交換

先日「ズーマー」にお乗りのお客様が立ち寄った際に、最近クッションが効いて無い感じだと相談がありました。

20151203_03走行中にバイクが跳ねるようになったと仰ってますので、先ずはスタンドを払って後輪を地面に落してみたところ、弾む弾むダンパーが全く効いてないようです。

この「ズーマー」は当店で2012年に販売したもので、まだ新車から4年まで経ってない車両ですが、走行距離の方は4万キロに到達するところです。

20151203_01しかも毎日仕事で40kg以上の荷物を常に満載で走り回るので、リヤサスのヘタり(損耗劣化)も早かったようです。

スプリングの方もヘタっているのでしょうが、ダンパー側からはオイルが全部抜けちゃってるようで、油まみれで黒く汚れていました。

これじゃバネ(スプリング)もポヨンポヨン跳ねちゃう訳で、減衰が全く効いて無い状態でした。

20151203_02こう云う状態だと後輪(タイヤ)の路面追従性が低下し、不安定なばかりかタイヤのトラクション(駆動力)性能も下がるので、タイヤがスリップしたりして大変危険です。

修理は「リヤ・クッションASSY」を新品に交換して完了しました。

お客様も走行中に車体が不安定で乗ってても不安だったようですが、これで新車時に近い乗り心地を取り戻すと思いますので、安心してまた長く乗って頂ければと思います。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2015年12月 2日 (水)

ZZR1100フォークオイル交換!

先日の日曜日に<ウミ坊主様>から車検で「ZZR1100」をお預かりしました。
20151202_01
1994年型D2なので今回で10回目くらいの車検になります。

この2年で走った距離は、たったの2千6百キロ程度でしたが、この忙しい年代の中では、<ウミ坊主様>はバイクに乗っている方なのではないかと思います。

欠かさず半年毎に行っているエンジンオイルの交換と、ブレーキ液の交換など車検毎に行ってる通常の整備以外では、今回もフロントフォークのオイル交換20151202_02を頼まれました。

これは<ウミ坊主様>が所有するもう一台のバイク「TZR250SPR」でも同様に、欠かさず2年毎に行っているメンテナンスです。

前回の車検ではエンジンとブレーキに問題が発覚しましたが、2年前にはそこを重点的に整備しましたし、3ヶ月前にはタイヤとチェーン&スプロケットも交換しているので、今回は特に大きな不具合も発見されすに無事に車検も完了いたしました。

「FCR(レーシングキャブ)」搭載の<ウミ坊主様>の「ZZR1100」は、持病の寒くなると悪くなる始動性も2年前に「バルブ・クリアランス」を調整してからは、すっかり良くなり安定しているようです。

このあと久しくやってなかったリヤサス(OHLINS)もオーバーホールして、今回の整備は全て完了する予定です。

一先ず毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2015年12月 1日 (火)

DioCestaブレーキ鳴き!

このお客様とも25年以上のお付き合いで、今まで何台ものバイクを購入頂いてる大の御得意様です。

20151201_01この「DioCesta」に関しては2007年に乗り換えて頂いたもので、新車から8年で走行距離も4万キロ近く走っておりますが、必ず年に2~3回は来店頂きメンテナンスしてますので、未だ故障知らずで新車時のようなコンデションを維持して頂いております。

ところが最近になってブレーキ鳴き(キュルキュル音)が気になりだしたようで、特に雨上がりなどの作動時にはホイールから煩いくらの音が出るようです。

20151201_02今までもタイヤ交換などでホイールを外す際には、必ずブレーキ・ダストを吹き飛ばしたり、
シューの面取りや各摺動部にグリス・アップなども施して、ブレーキ鳴き対策は行ってきた筈ですが、やはり4万キロも走ると流石にブレーキ・シューがダメなようで、調整代も殆ど無くなって来てましたので、今回はシューも新品に交換しながらブレーキ内部を念入りにOH(オーバーホール)してあげる事にしました。

20151201_03前後ともホイールを外してドラム内面の荒れを磨いたり、今回はカムも外して摺動面を磨いて新しいグリスに入替えたりのOHを行い、見事完璧にブレーキ鳴きを抑える事が出来ました。

新車から4万キロで始めてのブレーキ・シュー交換となりましたが、これでブレーキの効きも向上して新車時の制動力を取り戻すと思います。

これからも長く乗って頂ければと思います。
毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »