« レッツ2加速不良? | トップページ | 中古車「TODAY」 各タイプ入荷! »

2015年11月18日 (水)

SHADOWエンジン始動不能

1ヶ月ほど前にも修理相談の有ったバイクで、8万キロ以上走る2000年式の「Shadow Slasher」です。

その時は時々エンストするとの訴えでお預かりしましたが、当店で車両をお預かりしている間は、その兆候を一度も確認出来なかったので、試しに長らく交換していなかった点火プラグとエアフィルターの交換をしたり、念のため点火系各部の接点を清掃するなどの処置をして、暫く様子を診て頂く事となりました。

それからは暫くは症状も回復したように見え、エンストなのど不具合も発症せずに快適に乗れていたようですが、あれから1ヶ月少々経ってまた再発してしまったようで、この度の再入院となりました。

今回はエンストしたかと思ったら全く再始動が出来ずに、完全にエンジンが掛からなくなってしまったようです。

今回は前回と違い「エンジン始動不能」と云うはっきりとした症状が出ている事で、ある意味は故障の診断がし易かったのですが、それに加えエンストする寸前にマフラーからパン20151118_01パン(アフターファイヤ)音が鳴ったと云う情報なども有り、今回はここまでの状況を総合的に判断して点火系を中心に診断を行ったところ、やはり右側ハンドルスイッチのキルスイッチの部分で導通不良している事が判りました。

接点の腐食と摩耗による接触不良が原因でしたが、ここの接点は前回も磨いたりの処置を行っている部分でしたので、今回は同じ症状が二度と出ないようにとキルスイッチを交換してしまう事になりましたが、キルスイッチは単品での販売は無かったので、ハンドルスイッチごとの新品交換となりました。

|

« レッツ2加速不良? | トップページ | 中古車「TODAY」 各タイプ入荷! »

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レッツ2加速不良? | トップページ | 中古車「TODAY」 各タイプ入荷! »