« DUCATI入荷! | トップページ | D-TRACKERバルブクリアランス調整! »

2015年9月11日 (金)

ELIMINATORブレーキOH

3年ほど前に通勤用で原付スクーターを買って頂いたお客様ですが、そのバイクとは別に20150911_01もう一台「ELIMINATOR250SE」をご所有されていたようです。

こちらのバイクは趣味で乗っているようですが、その「ELIMINATOR250SE」のフロントブレーキがおかしいようで、診て欲しいと云う事でご来店頂きました。

当店では初めて診させて頂く車両は、1990年式の「ELIMINATOR250SE」でした。

なるほどブレーキ・レバーを握るとスカスカで、単にエア噛みしている感じでもありますが、パッドの残量も全く無くなりキャリパーのピストンは錆々でした。
20150911_03   20150911_04
何もしないで自然にエアが混入する事も珍しいのですが、伺ったところ今までブレーキ周りでメンテらしい事は全くやった事がないそうなので、いろいろ説明をした結果、ブレーキは20150911_02_2キャリパーとマスターの両方のOH(オーバーホール)を行う事になりました。

恐らく新車から25年振りに初めて分解したのであろうブレーキ内部は、汚れが堆積し殆どのパーツが酷く劣化していました。

堆積した汚れを洗浄したあと、腐食した金属パーツや経年劣化で変形したゴム製パーツなどを交換し、新しいブレーキ液を注入しながら十二分にエア抜き作業を行い組み上げました。
20150911_05   20150911_06
かなり古い「ELIMINATOR250SE」のようなので、一度12ヵ月点検などの総合的な点検を受ける事もお勧めします。

ありがとうございました。

|

« DUCATI入荷! | トップページ | D-TRACKERバルブクリアランス調整! »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DUCATI入荷! | トップページ | D-TRACKERバルブクリアランス調整! »