« PCX125 タイヤ交換 | トップページ | ZRX1200R 車検 »

2015年8月12日 (水)

TODAYベルト切れ!

橋の向から「トゥディ」を押した方が汗びっしょりになって来られました。

当店には初めての方で遠く武蔵野市の方から乗って来られようですが、走行中にバイクが止まってしまったようで、伺うとエンジン左後方より異音がし出したと思ったら、突然エンジンは動いているものの後輪が駆動しなくなったそうです。

20150812_02状況からしてドライブ・ベルト切れに間違い無さそうでしたので、早速エンジン・カバーを外してみたところ案の定ベルトが切れていました。

この頃(2006年式)の「トゥディ」はオドメーター(積算計)が6桁化される前のモデルなので、9千9百9十9キロで1回転してしまいます。

メーター読みで走行距離6千キロ程度の「トゥディ」でしたが、こ20150812_01の程度の距離でベルトが切れる事は有り得ないので聞いてみると、お客様も半年ほど前に中古で購入した車両なので正確な実走行距離は判らないらしいのですが、少なくともベルトが切れたと言う事は2~3万キロ以上は走っている車両のようでした。

ドライブ・ベルト以外にも駆動系の損耗が激しく、ウエイトローラーやクラッチシューなどの交換も同時にお勧めしましたが、安く買ったバイクにこれ以上はお金を掛けたくないとの事でしたので、今回は切れていたドライブ・ベルトだけ交換して修理を終えました。

ドライブ・ベルトはタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかはできませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、今回のように出先でベルトが切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

ロードサービス呼んでもそれなりに高い料金が掛かりますし、切れたベルトがプーリーに巻き付き、ロックして急ブレーキが掛かり転倒などの事故に繋がる事もあり大変危険です。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)なベルトの交換をお勧めいたします。
心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

|

« PCX125 タイヤ交換 | トップページ | ZRX1200R 車検 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCX125 タイヤ交換 | トップページ | ZRX1200R 車検 »