« SPADAレーサー製作②マフラー交換 | トップページ | CRF250Lエンジン異音 »

2015年8月21日 (金)

CBR1000RRプラグ交換

「CBR1000RR」にお乗りのお客様から点火プラグの交換を頼まれました。

近所にお住まいの方のようですが、当店には始めてのお客様でした。

2006年式の走行2万キロ弱走られている「CBR1000RR」でしたが、つい先日どこかのショップで車検を通したばかりだそうです。

ところが・・何故か?車検を通しているのにも関わらず、そのショップでは点火プラグなどを含む点検や整備は全く行ってなかったようで、あとからお客様ご本人で点火プラグの交換を行おうとしたらしいのですが、ラジエターまで外す大掛かりな作業に七転八倒しなが20150821_01らも結局プラグ一本外す事ができず、このたび当店に依頼される事となったようです。

燃料タンクをクルマのボンネットみたいに持ち上げると、その下に収まっているエアークリーナーボックスや、その更に下のフューエルインジェクション、そして点火プラグが見えてくる・・・・ここまではSS系の殆どのバイクで大体こんな作りになっているのですが、確かにこのバイクに関してはここから先がちょっと違うんですネ!

20150821_02エアークリーナーボックスとその前に付いているエアーインテークを外さないとシリンダーヘッドが見えて来ません。
ところがこのエアーインテークを外すためには、やはりラジエターをずらさないと外れないため、カウルの一部まで外さないと交換できない構造になっております。

車検(24ヶ月ヶ月点検)の時にもこの辺の作業に一番時間が掛かるのですが、特にSS系はこう言う構造なので点火プラグ単品の交換とは言え2時間以上もの時間を要します。

なので当然ですが点火プラグ単品の交換となると料金はかなり割高です。
車検と一緒に行えば他の部分も含めたっぷり診てもらえて安心だと思いますヨ。

有難う御座いました。

|

« SPADAレーサー製作②マフラー交換 | トップページ | CRF250Lエンジン異音 »

修理(外車・逆輸入車)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SPADAレーサー製作②マフラー交換 | トップページ | CRF250Lエンジン異音 »