« AddressV125ベルト粉砕! | トップページ | '15第四回サーキット走行会 »

2015年4月17日 (金)

SPADA修理

先月末の走行会で転倒した「SPADA1号車」の修理を兼ねて、今回の転倒で破損した各パーツを見直しバージョンアップをする事にしました。

今回は右側に転倒しましたが、傷を負った箇所としては、ブレーキ・レバーとハンドル・バーエンドに、クラッチカバー下に付けていた小さなスライダー、そしてステップ・バーに一番痛かったステップ・プレートです。

20150417_08全てのパーツは修正して再利用できるまでになりました。

バーエンドは曲がった取付スクリューは交換しましたが、削れた角だけ滑らかに削り直し再塗装して再利用しました。

スライダーも削れた角がだけ滑らかに削り直し、曲がったステーの曲げ延ばしを行い再利用しました。

ブレーキ・レバーも鍛冶屋のように火で炙りながら叩いて、なんとか延ばして曲がりの修正を行いましたが、また同じ事があった場合に備えてタフな社外製のものへ換装しました。
20150417_0220150417_01_2
これは転倒時にレバーが可倒し衝撃を吸収する構造で、高強度のアルミ全面削り出しのレバーです。
クラッチ側のレバーでは既に1年以上前から同じものを使用していますが、滅多な事では折れたり曲がったりしないので今回も採用いたしました。
20150417_03
ステップはバーが根本で折れてしまいましたが、反対側からボルトで固定し直せる事が判ったので、折れた面を平らにさらってから結合させ修理できちゃいました。

修理はできたのですが、これも今後の事を考えて、今までの固定式バーから可倒式バーへ換える事にしました。

固定式の方が踏ん張りが効くのですが、練習中は可倒式を使20150417_04う事にしました。

最後にステップのプレートですが、これは大変苦労して半日掛りで鍛冶屋を行った結果、九割方もとに戻り多少曲がってる感は残っていますが、一先ず使用には耐えるまで修正する事ができました。

ただステップ・プレートも今後の事を考えて、予備で新品を1枚調達しておきました。

20150417_05_2これで修理は完了しましたが、次に転倒したとしても損害を最小限に防ぎたかったので、対策としてスライダーを3箇所ほど増やしました。

先ずは左右ステップの前方に夫々装着してみました。

右側はエンジンのマウント・ボルトを介して装着しましたが、そのままのボルトの長さでは短くなっちゃうので、少し長めのボルトを他のバイクの部品から探して取付ました。
20150417_0620150417_07
右側はサイドスタンドの固定ボルトを利用し、ステーを介して装着しました。

あとはマフラーの固定ボルトを介して、もう一つスライダーを付けてみましたが、これはそれほど効果は期待できませんが、スライダーが余ったので付けてみました。

「SPADA1号車」は復活しました。
と云う事で明日は半月振りの走行会ですが、皆さん宜しくお願いいたします。

4月18日(土)の営業対応について
明日4/18は、当店イベント(サーキット走行会)の為、一部営業内容をお休みさせて頂きます。
通常通り営業致しますが、サービス(点検・整備・修理)業務のみの対応となり、保険(自賠責・任意保険)の加入・継続手続き、部品・用品・車両の見積及び販売業務はお休みさせて頂きます。
なお営業時間は、11:00~19:00
サービス受付は、18:00迄とさせていただきます。
ご不便をお掛け致しますが、ご協力お願い申し上げます。

|

« AddressV125ベルト粉砕! | トップページ | '15第四回サーキット走行会 »

イベント(ツーリング・走行会)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(ハンドル・シート・ステップ)」カテゴリの記事

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AddressV125ベルト粉砕! | トップページ | '15第四回サーキット走行会 »