« SPADAサスペンションチューニング① | トップページ | TRX850カスタム① »

2015年2月14日 (土)

SPACYブレーキディスク交換

当店には初めて来店頂いたお客様から、4万3千キロほど走られている「スペイシー100」のブレーキ・ディスクとブレーキ・パッドの交換を頼まれました。

当店でも「スペイシー100」は大量に販売した車両なので、未だ乗って頂いているお客様もいらっしゃいますが、最後に新車で販売してからは既に6~7年が経っておりますので、さすがに最近は修理などで来店する「スペイシー100」はめっきり減りました。

とは云え当店のお客様でも「スペイシー100」に乗っている方がゼロではないので、ブレーキ・パッドなどの消耗部品は常置在庫するようにしておりますが、さすがにブレーキ・ディスクの在庫はないので取り寄せさせて頂き、部品の入荷後に改めて来店頂く事になりました。

20150214_01_2部品が入荷したので1週間後に再来店頂き作業に掛かりました。
先ずはディスクからキャリパーを外しますが、この時点ですんなりキャリパーが外れて来ませんでした。

キャリパー・ピストンの当たるディスク中央付近が凹むように、しかも相当薄くなるまで減っているのでピストンが異常に飛び出てしまい、磨耗の少ないディスク外側にパッドが引っ掛かっり、なかなかキャリパーが外れて来ませんでした。

なんとかコジコジしてキャリパーを外し、汚れまくっていたピストンもクリーニング後キャリパー内に納める事が出来ましたが、やはりピストンの動きは若干悪い感じでした。

次にフロント・ホイールを外してブレーキ・ディスクの交換です。
ディスクは3.3~3.7mmが標準厚さですが、測定すると使用限度の厚さ3mmを遥かに超えて、1mmほどまで磨耗していました。
しかも筋状のキズが円周状に幾つも入ってギザギザになっており、もう少しでディスクが割れて大惨事直前って感じでした。
20150214_02←交換前1mm
↓↓
20150214_03←交換後3.7mm

こうなるとヤスリ状のこのギザギザによって、パッド摩擦材の磨耗は早まり異音や引き摺りの原因になるんですネ!

20150214_04ブレーキ・パッドはスリット(磨耗限界溝)も完全に消えて、1mm以下と云う状態で縁の方は摩擦材が欠け落ち始めていました。

ディスクの交換は新車から初めてのようでしたが、パッドは何度も交換していると思います。
今後は早め(3mm前後)にパッド交換して頂ければ、ディスクの損耗を抑える事が出来ると思いますので宜しくお願いします。

この度は有難う御座いました。

|

« SPADAサスペンションチューニング① | トップページ | TRX850カスタム① »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SPADAサスペンションチューニング① | トップページ | TRX850カスタム① »