« TRX850カスタム② | トップページ | SPADAヒールガード製作 »

2015年2月20日 (金)

SPADAサスペンションチューニング②

リヤのサスペンションが終わったので、いよいよフロントフォークに着手です。
20150220_01
フロントフォークに関しては、既に一度シールとオイル交換程度の通常整備はしておりますが、インナーチューブの点サビが原因で、相変わらず走る度にオイルの滲みが発生しておりました。

20150220_02インナーチューブは新品で入手が出来ないため、当初はコーティング加工でもしてしまおうかとも思いましたが、中古で良品が入手出来たので、こちらをリペアして組み上げる事にしました。

良品と云っても古い中古品なので、やはり上の方には多少点サビが発生していますが、今までのよりは全然マシで摺動部にはサビ20150220_07_2が出ていませんでした。

それでも念のため研磨フィルムを使って上の方のサビも除去しておきました。

チューニングに関しては、去年の最後の走行会でダメ出しされた、特にリバウンド(伸減衰)側を中心に行い、フォークシリンダーの加20150220_03_5工などから手を付けて行きました。

ここはオーソドックスなフロントフォークなので、昔取った杵柄的にオリフィス穴の加工やカラーの追加などを行い、いつもの「SPECTRO」のフォークオイルをブレンドで固さを出しました。

チューニング用のインナーパーツの製作や加工などは、去年末から年始に掛けて出来上がっておりましたので、あとは組み20150220_04_5上げて行くだけです。

旋盤でカラーを製作したり、フォークシリンダーの溶接などは、ここは「工場の町大田区」なので腕の良い職人が一杯いて困る事はありません。
20150220_05_4知り合いのプロにお願いして仕事の合間にちゃちゃっとやってもらいました。

組上げて行くに当たり今回はオイルシールやダストシールに加え、ブシング(スライドメタル)などの劣化や損耗しているであろう部品は全て交換して、最後にフォークオイルを注入後、念入りに時間を掛20150220_06けてエア抜きしてオイルレベルを調整し組み上げました。

前後のサスペンションが出来上がり、軽く試走してもらいましたが、良い意味で全く別物の「SPADA」になっているようです。

早くテストに行きたいですネ!

|

« TRX850カスタム② | トップページ | SPADAヒールガード製作 »

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TRX850カスタム② | トップページ | SPADAヒールガード製作 »