« SEPER CUB110 グリップヒーター | トップページ | X'Pro風50 限定マッドブラック 入荷! »

2015年1月 7日 (水)

PCX125 納車

20141219_1「PCX125」のご注文を頂きました。

購入頂いたお客様は当店とは7年越しのお付き合いで、2009年に「TODAY」の購入を頂いて以来、平均2年弱でお乗換を頂いている上得意様です。

「TODAY」の後は「LEAD110」→そして今回の「PCX125」と乗り継いで頂き、5年と半年の間に今回の「PCX125」で3台目のお乗換でした。

今回は納車に合わせてグリップヒーターの装着も頼まれました。
何時ものホンダ純正「グリップヒーター」ですが、3段階の温度調整機能が付いていて、バッテリー電圧監視システムも内蔵の優れもの20141219_220141219_3です。
取付けに関しては相変わらず「PCX125」の構造は難しく、高が「グリップヒーター」の取付けだけで、外装は身包み剥がして全バラにしないと取付けが出来ませんでした。
取付作業には結局2時間以上かかってしまいましたが、ハートのポ20141219_4イントが一杯溜まっているお得意様なので、取付工賃はサービスさせて頂きました。

昨年4月にフルモデルチェンジした「PCX125」は、2010年の初登場以来クラス最高性能と充実した装備、品質の高さで、当店の取り扱う原二スクーターの中でも最も人気の高いバイクです。

やはり「SPACY」や「LEAD」シリーズに乗っていた方からの乗換が多く、燃費や収納スペースなどの実用性も然る事ながら、通勤の足でしか使わない方でも所有満足感の得られる高付加価値のスクーターには購買意欲が刺激されるようです。

20141219_720141219_8_22012年には徹底的な低フリクション化を実施した新開発エンジン「eSP」を搭載するなどのマイナーチェンジを得て、燃費は53.0Km/Lから53.2Km/Lへ向上。

そして今回のフルモデルチェンジでは、更に細部を見直し低フリクション化を図るとともに、伝達効率に優れ高い耐久性のダブルコグベルトを新採用。
燃費は53.2Km/Lから53.7Km/Lへと更に向上し、燃料タンクも従来比2.1L増の8.0L容量となり更に航続距離が伸びました。

20141219_5_220141219_6装備面では全ての灯火類に省電力に貢献するLEDを採用。

アイドリングストップシステムにはバッテリーの電圧監視装置が搭載となり、バッテリー上がりを抑制してくれるようになりました。

500mlのペットボトルが収納可能なフロント左側グローブボックスには、スマフォなどが充電できるアクセサリーソケットを装備しました。

クラスを超えた存在感と上質感が、所有する喜びを満たしてくれます。

詳しい商品情報は→こちら「PCX125

Winter_sale
★ウインターセール開催!

|

« SEPER CUB110 グリップヒーター | トップページ | X'Pro風50 限定マッドブラック 入荷! »

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

販売(新車・中古車)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SEPER CUB110 グリップヒーター | トップページ | X'Pro風50 限定マッドブラック 入荷! »