« LEAD110 点検・整備 | トップページ | おみやげ-55 »

2015年1月25日 (日)

FUSIONブレーキディスク交換

「FUSION」のお客様から点検を頼まれました。
20150125_01
この車両は当店が2010年に中古で販売したものですが、こうして欠かさず半年毎に点検を実施して頂いているので、25年も前のバイクにも関わらず未だ故障知らずで、快適に乗って頂いております。

今回も12ヵ月点検とオイル交換のご用命でお越し頂きましたの20150125_02_2で、項目に則って各部を点検させて頂きました。

点検以外にも年平均で3~4回は来店を頂き整備している車両なので、特に問題となる不具合は発見されませんでしたが、フロントのブレーキ・パッドとディスクが交換時期に達していました。

20150125_03ブレーキ・ディスクは少し前から交換時期に近づいていたので、パッドの交換時期が来るのとタイミングを見計らって、以前より対で交換する予定にしていたものです。

ブレーキ・パッドはスリットが消えかかる2~3mm残しで、絶妙な交換タイミングでしたが、ブレーキ・ディスクの方は使用限度の厚さ(4mm)を遥かに超えて、3mmほどまで磨耗していました。
↓↓↓ 交換前3mm
20150125_04
↓↓↓ 交換後5mm
20150125_05
今回の「FUSION」は走行距離3万3千キロを越して、始めてのディスク交換になりましたが、そもそもディスクは平らに減る事がなく円周状に波打って削れて行きますので、減ってくるとパッドと面接触しなくなります。

その結果、制動力が落ちたり異音が出たりしてパッドの減りも早まりますので、ブレーキ・ディスクは厚さだけでなく、ディスク面の荒れも考慮して早めに交換して頂くのが望ましいです。

皆さんのバイクも一度ディスクを指で触って点検してみてください。
もしもガタガタしてたら交換をお勧めしますので、気になる方はご相談ください。

|

« LEAD110 点検・整備 | トップページ | おみやげ-55 »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(車検・点検)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LEAD110 点検・整備 | トップページ | おみやげ-55 »