« ALLORO125タイヤ交換 | トップページ | Honda Rain WEAR 特価セール »

2014年10月 1日 (水)

CRM250AR長期放置

また他県ナンバーの新規のお客様からの依頼で、今回はエンジンの掛からなくなった「CRM250AR」の修理を頼まれました。

20141005_1近所なのでバイクを押して来ると云う事でしたのでお待ちしていたところ、1キロちょっとの道程を汗だくになってバイクを押して来られました。

早速バイクを受け取り店内へ移動しようとしたところ、どうもブレーキが効いたままのようで、かなり力一杯押さないとバイクが重くて動かない状態でした。

これはこれはお疲れ様です。
お客様の汗だくの理由が判りました。
お話しを伺うと、このバイクは1年半以上は放置されていた車両のようです。

少なくともキャブレターのOH(分解清掃)とブレーキもやらないとダメだと説明して、「CRM250AR」をお預かりしました。

先ずはエンジンからですが、極力簡単にお金の掛からない処置で直れば一番良いので、20141005_2いきなりキャブをばらさずに先ずはキャブの中に溜まっている古いガスを抜いてから、点火プラグを点検してみました。

キャブからは物凄い悪臭と共に腐って変色したガスが出て来ました。
点滴(ガソリンサブタンク)を直接キャブに繋げて新鮮なガスを流し込み簡易の洗浄を行いました。

プラグはダメで濡れているどころかベトベトだったので新品に交換して、ここで一回始動を試みる事にいたしました。

キックを数回しているうちにエンジンに火が入りましたが、全くアイドリング打ちません。

20141005_420141005_3やっぱしキャブのOHをする事にして、キャブをエンジンから外して分解してみました。

写真を見て頂ければ説明する必要も無いと思いますが、ま~久し振りに見る、超スゲー状態で汚れまくっておりました。

ジェット類などのインナーパーツを全て外してキャブクリーナーに付け置きした後、汚れで塞がった通路を全て通してから最後にパーツクリーナーで洗浄しました。
ゴム製のパッキンやホース類は全て交換して組み戻しました。

エンジンは始動一発でアイドリングも安定。
吹き上がりなども調子良く、エンジンに関してはプラグ交換とキャブのOHで修理完了いたしました。

そして問題のブレーキですが、これは前後共完全にブレーキが効いたままで、少なくともキャリパーのピストンが押し出されたまま固着して戻らなくなっていました。
20141005_520141005_6本来ならばマスター側も含めてOHをお勧めしたいところでしたが、今回はお客様の予算上の都合でキャリパー側のOHだけを行う事になりました。

早速フロント側からキャリパーを外して固着したピストンを引き抜こうとしましたが全く動きません。

20141005_820141005_7かなり苦労し時間も掛かりましたが、そこはプロなので色んな方法を駆使して何とか取外しキャリパーのOHまで終了。

最後にブレーキ液を交換しながらのエア抜きですが、これも全く無反応でエアが抜けて来ません。
やはりマスター側で詰まっているようで、エアーブリーダーで真空引きしても中々抜けてきませんでしたが、これも時間を掛けて地道にやったところ何とか抜けて作業終了。

20141005_920141005_10リヤ側も何とかピストンを引き抜きエア抜きを行いましたが、こちらは何をやってもダメなようで、仕方なくマスター側も分解したところ、やはりマスター側のピストンも入ったまま固着して動いておりませんでした。

結局リヤ側はキャリパーとマスター側の両方をOHして無事に全ての作業を終えました。

|

« ALLORO125タイヤ交換 | トップページ | Honda Rain WEAR 特価セール »

オフロード(モトクロス・モタード)」カテゴリの記事

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ALLORO125タイヤ交換 | トップページ | Honda Rain WEAR 特価セール »