« ZOOMER-X改善対策 | トップページ | FUSION整備! »

2014年10月30日 (木)

ZOOMERエンジン始動不能!

当店には始めてのお客様から「ズーマー」の修理を頼まれました。
一年以上も放置されていたらしく、エンジンが全く掛からないそうです。

エンジンだけ掛かるようすれば良いらしく、とにかく急いでやって欲しいと云う事でした。

事情を伺うと、お住まいの住宅を引越しするらしいのですが、なんと!それが本日中に退去しなくてはならないらしく、切羽詰まった事情でお困りのようでした。

当店も先に預かっている仕事があったのですが、お客様の事情が事情なので今回も一肌脱ぐ事にして、一先ずバイクを預かる事にいたしました。

20141030_220141030_1一年以上の長期放置なので、当然キャブレターは詰まっておりました。

なのでエンジンからキャブレターを取外し、オーバーホール(分解清掃)する事になりました。

キャブレターを分解する前に内部のガソリンを抜いたところ、さすがに1年以上の放置なので物凄い腐敗臭とともに、腐ったガソリンが出て来ました。

分解したキャブレター内も茶色い汚れで覆い尽くされていました。

20141030_3ジェット類などのインナーパーツを全て外してキャブクリーナーに付け置きした後、汚れで塞がった通路を全て通してから最後にパーツクリーナーで洗浄しました。

キャブレターを組み戻しエンジンに装着。
点火プラグも交換したいところでしたが今回は清掃だけに留め、バッテリーも交換したいところでしたが今回は充電だけに留めて、エンジン始動を試みたところセルモーターが回りません。

やっぱしバッテリーもダメなようですが、一先ずテスト用の元気の良いバッテリーに繋げて、もう一度始動を試みたところ無事にエンジンが掛かりました。

そのまま暫くエンジンを掛けっ放しにしておいて、後に少なくともキックではエンジンが掛かるところまでを確認して、今回の修理は完了とさせて頂きました。

本当に忙しい時はお断りする事もありますが、今回のような緊急な依頼にも極力当店は対応するようにしています。
基本は予約を入れて頂けると助かるのですが、何かの時は一先ずご相談ください。

|

« ZOOMER-X改善対策 | トップページ | FUSION整備! »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ZOOMER-X改善対策 | トップページ | FUSION整備! »