« ZX-14 4回目の車検! | トップページ | KX 2台体制 »

2014年9月12日 (金)

KX125キャブレターOH

<ヤス坊さん>から2ヶ月も前に頼まれていた仕事でしたが、やっと少し暇になってきたので着手する事になりました。

仕事の依頼は「KX125」のKIPSのOHで、具体的な作業部位までご指定でしたが、今一何故?KIPSのOHをするのか判りませんでした。

20140913_3そこで訳を伺ったところ「エンジンのパワー不足」と云う事でした。
そう云えば前回5月の走行会でも家の息子達がこの「KX125」に乗った時に、パワーが無いって云ってた気がします。

そんな事を考えながら記憶を辿ると、確かこの「KX125」は<ヤス坊さん>が中古で入手した頃から私も「上が回らないエンジンだな」と云う印象が有った事を思い出しました。

20140912_120140912_2ただ「エンジンのパワー不足」の原因がいきなりKIPSに直結するとも思えず、この「KX125」はうちでは一度もキャブレター周りを見た事が有りませんし、普通にキャブセッティングが合ってないとかの単純な事のようにも思えたので、今回は一先ずキャブレターの方から調べて行く事になりました。

20140913_420140913_5<ヤス坊さん>が中古で入手して5年目にして始めてキャブを分解してみました。
キャブは外側も然る事ながら中身も酷く汚れ、フロートチャンバーの底には固形の異物が溜まり、ジェット類の真鍮パーツにはカビのように緑青(ろくしょう)が吹いてました。

こんな状態なのでジェット類の通路は勿論20140913_6詰まっておりましたが、M/Jに関しては20番も大きいものが付いていて、溶け出した緑青が付着して緑色に変色したニードルのクリップ位置は、STDより1段上に付いておりました。
P/Jは完全に通路が塞がり、A/Sも濃い方に閉じておりました。

ここで今回はKIPS以前にキャブレター周りを中心に分解清掃を行い、先ずはセッティング状態をSTDの状態に戻してから様子をみる方向となりました。

20140913_720140913_8この序にリードバルブも外して調べたところ、こちらは欠けやヘタリなども有りませんでしたが、キャブレターホルダー(マニホールド)が経年劣化でバリバリにヒビ割れだらけで、二次エアの吸い込みも疑わしかったので新品に交換する事になりました。

そう云う事でご依頼のKIPSに関しては分解しませんでしたが、チャンバーを外してバルブシャフトを外部から動かしたところ正常に動いているようですし、ガバナ側のシャフトもエンジン回転と連動して動いているようなので、8割方KIPSの方は正常のようでしたが、何れにしろ一度は腰上くらいのOHはした方が良いと思いました。

20140913_9念のため左側のエンジンカバーも外してクランクシールの抜けも診てみましたが、少なくとも左側に関しては問題なさそうでした。
ただミッションオイルは乳化しちゃっているので、「エンジンのパワー不足」はクラッチの滑りとも考えられますので、ウォーターポンプのメカニカルシールは早や目に交換した方が良いと思います。←これも昔っからずっと云ってる事ですけどネ・・・・

キャブがあんな感じだったからでしょうか?点火プラグは超かぶっておりました。
20140913_10一応焼いておきましたがオイルの混合比が合ってないとか?もう少しスロットル全開でお願いします。

そして最後に注文頂いていた「TwinAir」 のパワーフィルターに交換しておきました。
エアークリーナーボックス内も泥だらけでした。
こちらもエンジントラブルの原因になりますので、洗浄してフィルターをセットしておきました。

とりあえず、これで今度の走行会は走ってみてください。
それでは宜しくお願いします。
有難う御座いました。

|

« ZX-14 4回目の車検! | トップページ | KX 2台体制 »

イベント(ツーリング・走行会)」カテゴリの記事

オフロード(モトクロス・モタード)」カテゴリの記事

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ZX-14 4回目の車検! | トップページ | KX 2台体制 »