« ウミ100 CDI交換  | トップページ | MotoGPチケット入荷! »

2014年9月 4日 (木)

WR250R ETC取付

久し振りにETCの助成が始まりました。
このニュースの第一報は、既に今年の3月頃には皆様にご案内しておりましたが、これに逸早く食い付いたのが<親方様>でした。
20140904_1
この時点では夏頃からの実施と云う事だけで、まだ正式に始まる時期が判りませんでしたが、気が早い<親方様>は5月のGWに来店された際には、早くもETCの予約をして行かれました。

<親方様>はもう一台ご所有の「DAYTONA675SE」の方には、既にETCの装着は済んでいるので、今回装着するのは去年新車で買ってもらった「WR250R」の方でした。
20140904_2_2
それから3ヶ月後の8月。
正式に助成が始まるタイミングに合わせ、ETCの申し込みを行う事になりました。

ところが!です。
また<親方様>の我が侭が!・・・・「WR250R」と云うバイクには、シート下やサイドカバー内側などの何処にも空きスペースが無いため、基本はアンテナ一体型の車載器をハ20140904_3ンドル回りに付けるしかないのですが、どうしてもアンテナ分離型の車載器を何処かに付けて欲しいとの強いご要望がありました。

強いて云えば唯一右側シュラウドのインナーパネル内側が、書類入れの収納スペースになっており、その奥にある冷却液のリザーバータンクとの隙間に、若しかして?ETC車載器の入りそうな空間がありました。

20140904_4入れるとすればここくらいしか無いので、あとはぶっけ本番で現場合わせで何とかしてみる事にしました。

頼んでいた車載器も入荷し、仕事の合間を縫って先週の日曜日に<親方様>が来店しました。

作業開始です。
先ずはこの空間の何処にどう設置するかですが、スペース
20140904_5があっても車載器を固定できる設置面がないとダメなので、一番簡単な方法としてインナーパネルの裏側の面に取り付ける事として、そのパネル裏側に車載器を設置できる面を確保するため、ノコやリューターを駆使して切削加工を行いました。

加工が終わり設置面が確保できたので、この部分に車載器の固定と脱着を容易にするため、マジックテープを張って取付ました。

20140904_6このままでは振動などで脱落する事もあるので、インナーパネルの一箇所に切り欠きを切れて、リピート・タイプのタイラップを通して固定しました。

リピート・タイプのタイラップならETCカードの脱着の際にも使い勝手が良いので、これで止めて設置は出来上がりです。

後は電源をアクセサリーの電源から導いて、アンテナをヘッドライトカバーの内側付近に貼り付け、なんとか<親方様>の要望通りに、アンテナ分離型の車載器の取付が完了いたしました。

|

« ウミ100 CDI交換  | トップページ | MotoGPチケット入荷! »

オフロード(モトクロス・モタード)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウミ100 CDI交換  | トップページ | MotoGPチケット入荷! »