« 福島からの通販2回目! | トップページ | SPADAマフラー交換 »

2014年8月 8日 (金)

FUSIONエンジン始動不能

今年の春先頃から何度か来店頂いた事のある、「FUSION」にお乗りのお客様からTELがあり、バイクが故障したので引き取って修理して欲しいとの依頼が有りました。

依然として店の中は預かっている他の修理車両で一杯だったのですが、このお客様のお住まいが当店の直ぐ近所だった事を思い出し、最悪預かれない場合はご自宅へ届ける事にして、一先ず引き取るだけ引き取って来る事にしました。

20140808_1間は忙しかったので、先にバイクのキーだけ持参頂き、その晩店を閉店してからバイクを引上げて来ました。

故障内容は仕事先で帰りにエンジンを掛けようとしたら、スタータースイッチを押しても全く反応が無かったらしく、エンジンが始動できないと云うものですが、ウインカーとかは作動するようなので、一先ずバッテリー上がりでもなさそうでした。

当初は3万キロ近く走る10年も前の「FUSION」なので、故障診断には時間が掛かりそうな感じもありましたが、原因は割と直ぐに判明いたしました。

どうも右側のハンドルスイッチ(エンジンストップスイッチ)がダメなようで、分解して調べると中でショートしていました。

一先ず原因が判ったところで部品(ハンドルスイッチ)を発注し、やはり店の中は一杯でバイクを預かれなかったので、部品が入荷するまでの間一旦お客様宅へバイクを戻させて頂きました。

2日後の本日ハンドルスイッチが入荷してきましたので、交換をして無事にエンジンは掛かるようになりました。

|

« 福島からの通販2回目! | トップページ | SPADAマフラー交換 »

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福島からの通販2回目! | トップページ | SPADAマフラー交換 »