« R1200GS ADVENTURE 車検 | トップページ | アドレスV125メーター交換! »

2014年8月20日 (水)

LET’S4ベルト切れ!

夏休みも取らず働き詰めなので、そろそろ疲れてきちゃった感じですが、それでも相変わらず忙しい日が続いてます。

そんな3日前の事です。
イレギュラーで飛び込み修理の依頼がありました。

20140820_1当店には始めての方で、「LET’S4」の駆動ベルトの交換依頼でしたが、いきなり予約も無しに飛び込まれてもベルトの在庫は有りませんし、しかもメーカーは盆休み期間中なので、今から取り寄せても入荷までには数日掛かります。

それに店の中は既に預かってる他の修理車両で一杯で、これ以上は修理車両を預かるのは無理そうな感じでしたが、聞けばベルトは既に切れてしまっているようで、この猛暑の中を神奈川県側から橋を超えて、汗だくになってバイクを押して来られたようです。

20140820_2 
20140820_3やはりお困りの様なので、このまま追い返す事もできず、今回も一肌脱いで預からさせて頂く事にしました。

この「LET’S4」は2008年式で、メーター読みでは3千キロ程度しか走ってないようでしたが、過去にも数回ベルト切れなどの20140820_4駆動系のトラブルを起こしているようなので、実際の走行距離は2~3万キロ以上は走っている車両のようでした。

また数千キロ毎に何度もベルト切れを起こしているようなので、今回のベルト切れも単に経年劣化などによるものではなく、何か別の20140820_5主原因が存在しているような感じも見受けられました。

そんな事を念頭に早速エンジンカバーを外して、駆動系内部を細かく調べていった結果、もちろんベルトはバラバラに砕けて引きちぎられていましたが、やはりベルト以外にも数箇所不具合の出ている部品が発見されました。

20140820_6先ずは恐らくベルトの寿命を縮めていたであろう、主原因とも思われるドライブフェイスのボス(軸穴)の損耗が発見され、そこの移動プレートなども欠けたり削れたりして損傷しておりました。

ドリブン側はクラッチ・シューも含め問題はありませんでしたが、今回は結果的にベルトを含むドライブ側のプリーやプレート、ウエイトローラーにスライドピースなどを交換する事になりました。
20140820_7
ちなみに壊れたベルトやウエイトローラーは、メーカー不明の社外品が付いていて、しかもウエイトは重さと数が純正指定と大きく異なったものが装着されていました。

なので今回は全ての部品をメーカー純正品で交換して、なんとか無事に全ての作業を終えました。

|

« R1200GS ADVENTURE 車検 | トップページ | アドレスV125メーター交換! »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R1200GS ADVENTURE 車検 | トップページ | アドレスV125メーター交換! »