« STOP WATCH | トップページ | GSX1300R前タイヤ交換 »

2014年6月19日 (木)

ZOOMERタイヤ交換2回目

当店で約2年半前に新車で販売した「ズーマー」のお客様です。

今回は走行距離が2万8千キロを超えて、新車から2回目のタイヤ交換でした。

20140616_1お客様は仕事で市街地を走り回る方ですので、前回は純正のブロック・パタンのタイヤから、リブ・パタンで耐久性を重視したBSの「ML32」で交換させて頂きました。

結果的に、このタイヤ「ML32」は純正タイヤより千キロ以上多く走れ、ブロック・パタンのように減ってくると段減りしてきて乗り心地が悪くなる事も無く、綺麗にスリップ・サインが出るまで乗れました。

なので今回も前回と同じ「ML32」で交換させて頂きました。

スリップ・サイン《磨耗限度表示》とは、法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、タイヤ・トレッド周上に6ヶ所くらいあり、そのどれか1つでも現れた場合は、そのタイヤは法的にも使用不可となります。

また、ゴムで出来ているタイヤは、外部からはオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行きます。
そして柔軟性が無くなり、亀裂が発生したり、内部からも劣化がすすみますので、タイヤ溝が残っていても3年毎の交換を推奨しています。

特に雨の多い梅雨の時期は、溝の無いタイヤや古いタイヤはツルツル滑って危険ですので、早めのタイヤ交換をお勧めします。

只今!タイヤ交換特価セール中です。
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

|

« STOP WATCH | トップページ | GSX1300R前タイヤ交換 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP WATCH | トップページ | GSX1300R前タイヤ交換 »