« NC700Xカスタム② | トップページ | SPACY100リコール »

2014年3月 5日 (水)

ZRX1100ブレーキキャリパOH

先週の金曜日にタイヤを交換した「ZRX1100」の続きです。
20140305_1_2
リヤ・タイヤの交換も終わり、次に頼まれていたブレーキ・パッドを交換するため、リヤ・ブレーキのキャリパーを外したところ、キャリパー・ピストンにシールが喰って固着していました。

これではブレーキ・パッドの交換すらできないので、急遽ブレーキ・20140305_2_2キャリパーのOH(オーバーホール)をする事になりました。

「被害者の改さん」の「ZRX1100」は、新車から13年、走行距離は4万3千キロを超えています。

20140305_3今までトラブル無しに乗って来れた事自体に驚きですが、なんと新車から一度もブレーキ周りのメンテナンスは行っておりませんでした。

ブレーキに使われているシール類などのゴム製部品は、時間と共 に経年劣化して行きますので、基本的には距離よりも時間(4年毎)で管理して頂き、定期的な部品交換(OH)が必要です。
20140305_4
今回はパッド交換のためにリヤ・キャリパーを外した事で、たまたま不具合が発見されましたが、経年劣化はブレーキのマスター側やフロント側のブレーキも同様で、ゴム製部品と云う意味では、ブレーキ・ホースや燃料チューブ類も条件は同じです。

やはり当店のお客様でも10年以上経過したバイクに、同様の不具合が多く見受けられます。

古いバイクは2年毎の車検だけではチェックしきれない不具合も出て来ますので、安全快適にバイクを乗って頂くためにも、定期的な点検を受けるようお願いします。

|

« NC700Xカスタム② | トップページ | SPACY100リコール »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NC700Xカスタム② | トップページ | SPACY100リコール »