« PCX125整備 | トップページ | マジェスティ12ヶ月点検 »

2014年1月30日 (木)

SPADAサービスマニュアル

昨年に中古で入手した古い「SPADA」ですが、未だエンジン廻りには手を付けていなかったので、こういう時期で暇でもありますし近々ツーリングもあるので、いよいよ着手してゆく事にしました。

20140212_1 そこでサービスマニュアルが欲しいので、調べたところ当然当時物の新品は入手できなかったのですが、中古の市場価格より新品コピー版の方が安かったので、こちらを購入する事にしましたが、それでも価格は1万円以上しました。

廃車寸前の価値の無いバイクでしたが、一旦エンジンに火を入れて人が乗る以上は、いくら金が掛かろうが完璧な状態にしないと危ないばかりか乗っていて面白くないですからネ!

20140212_220140212_3 金が掛かるのが嫌なら新車を買えば良い訳で、私はバイクが好きだからこうしないと気が済みません。

エンジンの調子は非常に良いのですが、多少タベット音が気になっていたので、先ずはバルブクリアランスの測定から始めました。

20140212_4今日はリヤバンク側だけ行いました。
測定の結果は給排気の4箇所でほぼ基準値に入っていましたが、若干広い所あったので調整しておきました。

エンジンの圧縮圧力もほぼ基準値で、カムシャフトの焼けなどもなく、特に大きな問題は発見されましせんでした。

この後フロントバンク側とキャブレターをオーバーホールして、同調とって終わりの予定です。

後はやっぱしサスペンション関係を一新したいですネ!

寒くてバイクに乗る機会も減ってきますが、ある意味シーズンオフのこの時期に、冬眠中のバイクを腰を据えてメンテナンスするのは如何でしょうか?

バルブクリアランスの調整やサスペンションOHなど、承りますのでご用命ください。

|

« PCX125整備 | トップページ | マジェスティ12ヶ月点検 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

販売(部品・用品・洋品)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCX125整備 | トップページ | マジェスティ12ヶ月点検 »