« VTRカスタム | トップページ | 胸部プロテクター »

2013年12月 6日 (金)

SPADAカスタム②!

家の「SPADA」にもアンダーカウルを付けてみました。

20131206_1もうお判りかと思いますが、先日アンダーカウルを交換した「VTR」の廃品を頂き、「SPADA」に流用させて頂きました。

同じ「VTシリーズ」なので簡単に付くと思っていましたが、ステー類が全く合わずに装着には大変苦労しました。

アンダーカウルの取付には、エンジン前方にある下側のマウントを利用しますが、「VTR」の方はエンジンをフレームの上で吊ってますので、空いてるエンジンマウントにシャフトを通して、そこにステーを立ち上げカウルを取付ています。

20131206_220131206_3ところが「SPADA」の方は、フレーム前方の上下2箇所のマウントでエンジンを吊り下げていますので、取付用のシャフトやステーが全く流用できませんでした。

何か良い方法はないかと考えた末に、エンジン下側のマウント・ボルトに雌ネジ加工を施し、そこへカウル取付スクリューと同じサイズの変換アダプターを装着して、先ずはアン20131206_520131206_4_3 ダーカウル前側の固定は完了いたしました。

次に後側の取付ステーですが、右側ステーは「VTR」用をそのまま流用する事ができましたが左側に関しては全然ダメでした。

20131206_6こちらはウオーターポンプの固定ボルトを利用しますが、ここに一旦カラーを追加して少し長いボルトを使い、更にステーの取付位置を数十ミリ後へ向けて穴を明直して、なんとか固定できる事になりました。

そして最後に元々の「VTR」のイエローからブラックに塗装し直し、なんとか無事にアンダーカウルの装着が完了いたしました。

簡単に書きましたが、作業に丸二日ほど費やしてしまいました。

20131206_920131206_820131206_7廃品流用と云えば・・・・元々ついていなかったバーエンドも、何かのハンドルに付いていた廃品パーツの流用です。

ホイールのエアーバルブのアルミキャップも廃品流用で、おしゃれに飾ってみました。

ミラーも廃品流用のスクエアータイプのメッキミラーにしてみました。

また少しバージョンアップした「SPADA」ですが、明後日のライディングスクールでは、お手柔らかに宜しくお願いいたします。

|

« VTRカスタム | トップページ | 胸部プロテクター »

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VTRカスタム | トップページ | 胸部プロテクター »