« STEED VLX 車検 | トップページ | VTRカスタム »

2013年12月 4日 (水)

RSV4カスタム②

<マコちゃん>の「RSV4」は、この前のツーリングで予定通り千5百キロを越したので、新車から2回目の調整を行うため入庫して頂きました。

20131203_15百30キロ時点でも点検とエンジン・オイルの交換を行っていますが、それから千キロ(千7百38キロ)走ったので、2回目の点検とオイル交換を行い、今回は初めてのオイル・フィルターも交換しました。

オイル・フィルターはロア・カウルを外さないと交換出来ず、ドレン・20131203_2 ボルトはオイル・パン前方に、カートリッシ式のフィルターもその上のクランク・ケースに配置されていました。

渋滞路では頻繁に電動ファンの回ってるエンジンなので、各部を点検しながら冷却液のチェックも行いましたが、多少の補水程度で吹きこぼれなどの形跡は有りませんでした。
20131203_420131203_3
走行が千7百キロ程度なのにブレーキ液が酷く汚れていたので、前後共ブレーキ液を新しく交換してエア抜きもしておきました。

千5百キロ目の点検と整備が終わり、今回のメインとなるチューニングを行ってゆきました。

先ずはそろそろ慣らしも終わりに近付いて来たので、当初からの予定通りECUのマップ書換えを行いました。

20131203_520131203_6_2シートカウル内に有るECUからアダプターを介し、PCに繋げてマップの書換えを行いました。

<マコちゃん>おめでとう御座います。
これで「RSV4」本来のフルパワーとなりました。
高性能フルスペックをご堪能ください。
(今後マフラーを交換した場合は改めての書換えになりすのでヨロシク)

次にリヤ・サスペンションのリンクを交換しました。

20131203_7これは予てからの懸案事項で、「RSV4」はサーキット・ユーズならベストなポジョンも、ストリートではかなり腰高で足付性に難があり、当初より問題解決の相談をさせて頂いておりました。

前回までにサスペンションのイニシャルを抜いたり、車高調整機能一杯まで短くセットしたりしまいたが、満足行く足付性が確保出来ませんでした。

20131203_8そこで行ったのが最終手段のリンクの交換です。
これは市販のローダウン・キットと云う物に交換するのですが、この場合リンクのレバー比が変わるので車高も下がりますが、サスペンションの入力ストロークも変わってしまうので、サスが柔らかくなってしまいます。

また前後の車体バランスも変わってしまいますので、初っ端からはお勧めしてませんでしたが、苦肉の策で交換してみる事に致しました。

結果的には足付きはベッタリになりました。
私(身長180)が跨った場合は、足の踵まで付き膝が曲がるくらいになりました。
普通のバイクと何ら変わらないくらいに低くなりました。

今後<マコちゃん>には色んな道を走って頂き、テストを重ねてサスペンション・セッティングを煮詰めて行きたいと思います。

最後に洗車しました。
20131203_9真っ白の「RSV4」の車体は、この前のツーリングの際に2スト軍団4台に囲まれ、車体が真っ黒く汚れてしまいました。

オイル吐くのは2スト車の宿命なので責任は有りませんが、新車の「RSV4」が可愛そうだったので、綺麗に洗車しておきました。

毎度有難う御座いました。

|

« STEED VLX 車検 | トップページ | VTRカスタム »

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(外車・逆輸入車)」カテゴリの記事

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STEED VLX 車検 | トップページ | VTRカスタム »