« NC700Xセンタースタンド | トップページ | STEED VLX 車検 »

2013年12月 1日 (日)

ZX-10Rカスタム

先週のツーリングはお疲れ様でした。

それにしても凄い渋滞でしたが、そんなお疲れツーリングの翌日(11/24)に<ヤス坊さん>から相談がありました。

ハンドルを<キタさん>の「ZX-12R」のようなアップ・ハンドルにして欲しいとの要望です。

<ヤス坊さん>は、この'05「ZX-10R」を乗り出してからの数年間、長い間ノーマルで乗っていましたが、ここのところ続いたツーリングでの渋滞すり抜けやライディング・スクールでのノーマル・ハンドルの低さに限界を感じたようで、遂にハンドルを高くする事を決めたようです。

定休日開けの火曜日(11/26)に早速ハンドルを調べてみました。
ところが色々調べていくと、この年式の「ZX-10R」には、「ZX-12R」のようなトップ・ブリッジごと交換してパイプ・ハンドルへ交換できるキットの設定が殆ど有りませんでした。

20131201_1有っても高額でしかもカウルの大幅な加工が必要だったりしたので、一旦このタイプに交換するのは諦めてもらい、ノーマルと同じセパレート・タイプのハンドルで、取付位置もトップ・ブリッジ下になりますが、ノーマルよりも75mmも高くなるものが有りましたので、こちらの交換を提案させて頂きました。

その晩メールで上記の詳細を送ったところ直ぐにOKの返信が有りました。
あまりにも早い返信なので一応念の為TELで確認したところ、やっぱり3杯目を飲み干したところらしいので、この機会を逃さず酔っ払って<ヤス坊さん>の判断が鈍っている間に、提案通りのハンドルで注文を頂きました。

20131201_220131201_3そして昨日頼んでいたハンドルが入荷して来ましたので、早速取付に掛かりました。

一応ブレーキ・ホースやケーブル類の交換も無しで、ボルト・オンで装着出来る筈でしたが、やはり想定していた以上に手間取りました。

特にブレーキのマスターは社外のブレンボに換装されていましたので、そいつが干渉しない位置に工夫して取付るのに時間が掛かりましたが、2~3時間の試行錯誤で何とか無事に交換出来ました。

結果的にハンドル・ポジションは一般的なネイキッド・バイクと然程変わらないくらいの位置まで上がりました。

来週のライディング・スクールでは、思う存分バイクを操って来てください。

有難う御座いました。

|

« NC700Xセンタースタンド | トップページ | STEED VLX 車検 »

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(ハンドル・シート・ステップ)」カテゴリの記事

修理(外車・逆輸入車)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NC700Xセンタースタンド | トップページ | STEED VLX 車検 »