« FUSIONブレーキシュー交換 | トップページ | LEAD90エンジン始動不能 »

2013年11月 5日 (火)

WR250Rカスタム

<親方様>の「WR250R」も納車してから早1ヶ月が経ちました。

既に外装グラフィックの張替えに始まり、ラジエターガード、フェンダーレスキットにLEDウインカーなど納車までに一通りのカスタマイズは完成しておりましたが、早くもカスタム第二弾として次の計画が始まってました。

20131105_1当初は5百キロくらい走ったらエンジンオイルを交換する予定で、そのタイミングで行う筈のカスタム第二弾でしたが、1ヶ月を越しても180キロ程度しか距離が伸びなかったので、予定を少し前倒しで第二弾カスタムを行う事になりました。

今回のカスタムはハンドル廻りを中心にカスタマイズし、フロントブレーキのホースはステンレスメッシュタイプのホースへ交換する事になりました。

20131105_2パーツの殆どは「ZETA」から選びました。
ハンドルバーはエンド部からクランプ部に向けて径が太くなるテーパー形状のもので、高剛性・柔軟性・軽量化を高次元で実現させた大径(28.6mm)のアルミ合金バーを選びました。
これに合わせてハンドルバークランプも剛性の高いアルミ製ワンピースタイプのものを選びました。

20131105_3またハンドル交換に合わせてスロットルチューブもカスタマイズして、ハンドルバーとの接触面を減らし摩擦抵抗を低減したフローティングタイプのアルミ製に交換し、グリップも握り易い3Dデザインのもへ交換しました。

ハンドガードも高剛性のアルミ合金製でより強固な固定を可能としたトップブリッジマウントにしました。

20131105_420131105_5最後にブレーキホースは「SWAGE-LINE」のステンレスメッシュタイプを選び、ブレーキラインのクランプもワンポイントお洒落なアルミのアルマイト製に交換してみました。

<親方様>計画書では次くらいからは給排気系のカスタマイズになるのでしょうか?
またカスタム第三弾がありましたらご紹介したいと思います。

毎度有難う御座いました。

|

« FUSIONブレーキシュー交換 | トップページ | LEAD90エンジン始動不能 »

オフロード(モトクロス・モタード)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(ハンドル・シート・ステップ)」カテゴリの記事

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FUSIONブレーキシュー交換 | トップページ | LEAD90エンジン始動不能 »