« HIACEタイヤ交換 | トップページ | MotoGP観戦ツーリング! »

2013年10月26日 (土)

VT250SPADA性能向上を目指して!

シェイクダウンから3週間。
なんとか走れるレベルまで仕上がりましたが、初ツーリングも間近に迫り、後回しにしていた残りの作業を行いました。

先ずはレザーがボロボロに切れていたシートから手を付けました。
20131026_1シートの前方に至っては、レザーが裂けて中のスポンジが露出し、そのスポンジも削れていました。

若干アンコ抜きされてた形跡もあり、その修復も兼ねて削れてたシートベースを補修しました。
そして新しいレザーに張替ましたが、どうせ張替えるならと少し凝ってみました。

前後でレザーの種類を換えてツートン柄にしてみました。
前側をノン・スリップ・タイプのメッシュ柄にして、実用と見た目に凝ってみました。

仕事の合間の手が空いた時間にやってますので、本当はリヤ・サスやエンジンにも手を入 れて行きたかったのですが、今回はシェイクダウン後に今一納得出来なかったフロント・ブレーキに重点を置いて手を入れて行く事にしました。

テスト走行をしていて気になったフロント・ブレーキなんですが、考えてみれば片押しのシングル・ディスクのバイクになんかに、ここ何年もまともに乗った事はありませんでした。

大体は対抗4ピストンのダブル・ディスクですからネ!
こう云うブレーキの特性に慣れてしまっているせいでしょうか?
「SPADA」のブレーキはタッチが悪く、レバー入力してからも制動距離が長い感じで不安でした。

先ずは当たりの出ていないブレーキ・パッドから交換する事にしました。
20131026_4前回の整備でディスク・ローターは交換しましたが、パッドは残量が残っていたので交換していませんでした。
ところが元々のローターが酷く磨耗していたため、それに添った形状でパッドも偏磨耗していたのでローターに面接触していませんでした。

残量的にはもったいない感じでしたが、当たりが出るまで待っていられないので思い切って新品に交換しました。
交換したパッドはRKの一番効く奴「シンダード」にしました。

それからブレーキ・マスターとキャリパーのピストンを交換しました。
20131026_3ここも前回の整備で一度は分解清掃を行い作動性は向上しましたが、インナー・パーツまでは交換していませんでした。

なので更なるブレーキ性能の向上を目指しピストン関係も交換する事にしました。
しかも今回はキャリパー側のピストンには拘り、純正のものとはちょっと違うピストンを使ってタッチの向上を目指す事にしました。

純正のピストンには熱対策なのか?ブレーキ特性を優しくするためなのか?
20131026_2_2ピストンのパッドが当たる面に柔らかい材質のプレートが付いてます。
なので「CBR400R」なんかで使っているのと同じダイレクトなタイプのピストンに交換してみました。

結果は、こんなに変わるのか!っと思うほど、制動力とコントロール性が向上しました。

まだまだ課題が残ってますが、少しずつ手を加えて行く予定です。

それでは明日の「MotoGP」は宜しくお願いします。

****************************************************
臨時休業のお知らせ
誠に勝手ながら、明日の10月27日(日)は、
当店イベント「MotoGP観戦ツーリング」」の為、
お休みさせて頂きます。
ご不便お掛けいたしますが、宜しくお願い申し上げます。
****************************************************

|

« HIACEタイヤ交換 | トップページ | MotoGP観戦ツーリング! »

イベント(ツーリング・走行会)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(ハンドル・シート・ステップ)」カテゴリの記事

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HIACEタイヤ交換 | トップページ | MotoGP観戦ツーリング! »